高卒で公務員試験を目指す人はこちら
国家公務員

税務職員って合格しやすい?試験内容や日程を教えます

税務職員 試験日程、内容、倍率
税務職員を目指したいけど、試験っていつあるの?試験の全体像を教えてほしい。

という疑問に答えます。

はじめまして、江本です。

 税務職員って、どんな試験なのか知りたい人

 税務職員になりたい人

 税務職員の倍率を知りたい人 など。

この記事を見ているということは高校を卒業(既卒)したら税務職員になりたい、興味があるということですよね。

税務職員は主に税金を取り締まる仕事を担っています。あまり知らない人もいると思いますが、意外と人気な職業なんですね。

本記事を読むことで税務職員の仕事や試験の全体像(内容や倍率など)を知ることができますよ。

この記事を書いている僕は、これまで資格学校の公務員課で5年間、国立大学のキャリア支援課で8年間ほど公務員試験の指導をしてきました。その経験から記事を書いています。

これから税務職員を目指す人に読んでほしい内容となっています。それでは、ご覧ください。

税務職員 試験日程と試験内容

税務職員は毎年9月~10月にかけて試験が実施されています。同じスケジュールで国家公務員一般職の選考もおこなわれています。

国家公務員一般職を目指している人、興味ある人は「【高卒】国家公務員一般職 試験の全体像まとめ」を読んでください。

採用試験は出願→1次試験→2次試験→最終合格という流れで選考が行われます。まずは、大まかな試験日程を把握しましょう。

出願日程

採用試験を受験するには出願(エントリー)をしなくてはいけません。

毎年6月下旬に受付が始まります。受付期間は短いので注意しましょう。実施要綱は春ころに発表されます。

参考として平成30年(2018年)実施試験の願書受付期間は平成30年6月18日(月)~6月27日(水)でした。出願方法はインターネット出願。

1次試験

1次試験は9月第1週(2018年は9月2日)に実施されます。

試験内容は、

  • 基礎能力試験(教養試験)
  • 適性試験
  • 作文試験

です。

試験の傾向を「税務職員 基礎能力試験より適性試験の攻略が合格への秘訣」に書いています。読んでおきましょう。

合格発表は平成30年10月4日(木)でした。

2次試験

2次試験は10月中旬に実施されます。

2018年の試験は10月10日~19日の間で指定された1日に実施されました。

試験内容は、

  • 個人面接
  • 身体検査

です。

個人面接の傾向は「税務職員 個人面接 人は見た目が90%?その理由とは」を読んでください。

最終合格発表は平成30年11月13日(火)。

税務職員 採用の仕組み

税務職員は全国を9つのブロックに分けて、試験が実施されます。

採用後は受験したブロックの研修所に入校し約1年間の研修を受けた後、受験したブロック内の各税務署で勤務します。

つまり勤務したい県が含まれるブロックを受験する必要があります。

例えば東京都で働きたい場合は関東甲信越ブロック、愛知県で働きたい場合は東海北陸ブロックで受験する必要があります。

希望は出せますが、必ずしも希望の県で勤務できるわけではありません。また、ブロック採用になるためブロック内での転勤があります。

北海道ブロック
北海道

東北ブロック
青森県、岩手県、宮城県、秋田県、山形県、福島県

関東甲信越ブロック
茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、山梨県、新潟県、長野県

東海北陸ブロック
岐阜県、静岡県、愛知県、三重県、富山県、石川県、福井県

近畿ブロック
滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県、和歌山県

中国ブロック
鳥取県、島根県、岡山県、広島県、山口県

四国ブロック
徳島県、香川県、高知県、愛媛県

九州ブロック
福岡県、大分県、佐賀県、長崎県、熊本県、宮崎県、鹿児島県

沖縄ブロック
沖縄県

平成30年(2018年)実施試験 ブロックごとの採用人数は、

採用ブロック 事務職
北海道ブロック 30人
東北ブロック 65人
関東甲信越ブロック 350人
東海北陸ブロック 105人
近畿ブロック 80人
中国ブロック 30人
四国ブロック 20人
九州ブロック 90人
沖縄 10人

と、なっています。

税務職員 初任給

高卒の初任給は147,100円です。(行政職1級5号)

くわえて、地域手当(最高20%)、住居手当(最高27,000円)、交通費、扶養手当などが支給されます。

賞与(ボーナス)は年間4.4ヶ月分支給されます。高卒1年目の年収は約250万円くらいです。

税務職員 倍率

過去3年間の倍率一覧です。

国家公務員一般職に比べれば全国的に合格するチャンスが高いです。

税務職員の倍率

終わりに

税務職員と国家公務員一般職で悩む人が多いと思います。

選考方法に大きな違いはありませんが、採用後の仕事はまったく違います。

仕事として何がしたいのか。それを考えてから対策をはじめましょう。

他にも税務職員に合格するために必要な情報をまとめています。

時間を見つけて読んでおきましょう。


ABOUT ME
江本 浩大
江本 浩大
新卒で大手資格学校に就職→公務員課、企画課で5年間勤務、退職→某国立大学に転職→キャリア支援課、広報部を経験→8年間で退職→フリーランスとして関東地方を中心に大学や企業向けにコンサル業を展開。高卒・短大卒向けブログ(https://gms365.biz)も運営。