国家公務員

税務職員 個人面接 人は見た目が90%?その理由とは

税務職員 個人面接の傾向
2次試験に個人面接があります。傾向や聞かれた内容が知りたいです。

という疑問に答えます。

はじめまして、江本です。

これまで資格学校の公務員課で5年間、国立大学のキャリア支援課で8年間ほど公務員試験の指導をしてきました。その経験から記事を書いています。

税務職員の面接試験について知りたい人

個人面接の質問内容が知りたい人

評価項目について知りたい人 など。

税務職員で合格するためには個人面接で評価をもらうしかありません。

よく筆記試験でぶっちぎれば合格できるだろうっと思っている受験者が一定数いますが無理です。

理由は面接試験の評価はA~Eの5段階評価でして、そのうちD評価以下は不合格になるからです。

なので筆記試験の勉強をすることは配点が高いので正しいです。でも、それだけに時間をかけていてもダメということを知っておきましょう。

まずは本記事を読んで個人面接の傾向や質問された内容を確認していきましょう。そうすることで効果的に面接練習をすることができるようになります。

税務職員 個人面接の傾向

個人面接は印象をよくすることが合格への近道です。

理由は人が人を評価するときに必要な情報は視覚と聴覚からの情報が90%以上だからです。

あなたは「メラビアンの法則」を知っていますか?

有名な説ですが、人が人を判断するときの情報として

  • 言語情報(自己PR,志望動機など)
  • 聴覚情報(声の大きさ、スピードなど)
  • 視覚情報(見た目、表情、態度など)

で判断するのですが、先ほど書いたように必要な情報は見た目や声といった情報なんですね。寝る間を惜しんで考えまくっている自己PRや志望動機はたいして重要じゃないってことなんですよ。

なので個人面接でいい評価をもらうためには印象をよくする練習をしなくてはいけないということなんです。ここを意識して練習するようにしましょう。

試験時間20分程度、面接官3人で実施します。

税務職員 面接カードの内容

面接カードも印象を判断する材料です。

理由は面接カードは自筆でして、文字だけで人物像を作ることは可能といわれています。

線をはみ出して書いていたり、字の大きさがバラバラだったりするとどうですか?きっちりした人間とは思えないですよね。

逆に字の大きさがそろっていて、行間もそろっていたらまじめな人間って印象をもてるのではないでしょか?

乱雑に書いて面接が始まる前から自分を不利にするのってもったいないですよね。

面接カードも評価の対象と思って仕上げるようにしましょう。

面接カードの内容は、

  • 最終学歴
  • 職歴
  • 志望動機
  • 志望官庁等
  • 印象に残っている体験
  • 趣味、特技など
  • 好きな教科・科目
  • 自己PR

と、なっています。

税務職員 個人面接 質問内容

・緊張していますか。

・面接練習はどのくらいしましたか。

・面接練習はだれとやりましたか。

・志望動機を教えてください。

・税務職員の仕事内容を教えてください。

・税務職員の仕事で知っていることは何ですか。

・税務職員として挑戦してみたいことは何かありますか。

・公務員に求められているものは何ですか。

・外回りも多いですが、大丈夫ですか。

・長所を教えてください。

・長所が活かされた話をしてください。

・短所を教えてください。

・短所について、改善するために努力していることを教えてください。

・趣味について詳しく教えてください。

・特技について詳しく教えてください。

・仕事に趣味や特技を活かすことができますか。

・今の若者はすぐに逃げ出す人が多いですが、あなたは大丈夫ですか。

・逃げずに立ち向かった出来事を教えてください。

・休日はどうしています。

・アウトドア派ですか、インドア派ですか。

・最近の関心事を教えてください。

・なぜ興味のある出来事なのか、理由を教えてください。

・今までの人生で、最も印象に残っている出来事を教えてください。

・人に注意することは得意ですか。

・仕事で強制的に指導することがありますが、大丈夫ですか。

・相手と意見が違う場合どうしますかか。

・いうことを聞かない事業者へどう対処しますか。

・転勤がありますが大丈夫ですか。

・併願状況について教えてください。。

・併願先に全て合格したらどうしますか。

・試験にすべて落ちたらどうしますか。

・大学へ進学する人が多いですが、なぜ進学はしないのですか。

・今日の面接を自己採点した場合、何点ですか。

税務職員 面接試験の評価項目

面接試験は主に4つの項目にそって評価されます。

評価はA~Eの5段階評価で、D以下の評価がつくと不合格となります。

協調性
・他者の意見や考えを理解しようとするか,独りよがりなところはないか など

積極性
・必要な自己主張ができるか,優柔不断なところはないか など

表現力
・質問に対する応答は的確か,的外れなところはないか など

態度
・動作はきちんとしているか,だらしのないところはないか など

終わりに

印象を良くしようと思うとすぐには改善することはできません。

日ごろから意識して練習するようにしないとダメですね。

なので筆記試験の勉強と並行して印象をよくする取り組みをおこなっていきましょう。

他にも税務職員に合格するために必要な情報をまとめています。

時間を見つけて読んでおきましょう。


ABOUT ME
江本 浩大
江本 浩大
新卒で大手資格学校に就職→公務員課、企画課で5年間勤務、退職→某国立大学に転職→キャリア支援課、広報部を経験→8年間で退職→フリーランスとして関東地方を中心に大学や企業向けにコンサル業を展開。