高卒で公務員試験を目指す人はこちら
地方公務員

横浜市役所 採用試験のすべてがここにあります!情報まとめ

横浜市職員採用試験
横浜市役所で働きたい!どんな試験があって、いつやっているの?

という疑問に答えます。

本記事は横浜市職員採用試験の全体像を簡潔に、わかりやすくまとめています。

初めて横浜市役所の採用試験を受験する人、試験について知りたい人は参考になるはずです。ご覧ください。

横浜市職員採用試験とは

横浜市役所の職員になるために行われている試験です。

試験は大卒レベル高卒レベルに分けて実施されているため、年齢制限などを確認しておくことが大切。

よく公務員試験は資格試験と勘違いする人がいます。しかし、資格試験とは全く違う試験なので注意しましょう。

具体的には資格試験は一定の基準点を超えれば合格者は何人でもでますが、横浜市職員採用試験は就職試験なので合格数に限りがあります

また、筆記試験のほかに面接試験も実施されていて、単純に点数だけ取れれば合格できる試験ではないです。

横浜市の職員になりたければ筆記試験と面接試験の両方をクリアしなければいけないことを覚えておいてください。

横浜市職員採用試験の年齢制限は?

2019年(平成31年度)の年齢制限は「平成2年4月2日~平成10年4月1日に生まれた人」です。

もし保健師区分で受験する人は「昭和58年4月2日以降に生まれた人」となります。

学歴はとくに関係がありませんので、大学を卒業していなくても受験することができます。試験は大学卒業程度の試験になります。

横浜市職員採用試験 日程はいつ?

例年、6月~8月にかけて採用試験が実施されています。

民間企業に比べて採用時期は遅めですが、説明会などは早い時期からあるので積極的に参加しましょう。

2019年(令和元年)の日程は次のとおり。

受付期間 【ネット】
4月19日(金)~5月9日(木)
1次試験 6月23日(日)
1次試験
合格発表
7月9日(火)
2次試験 7月14日、16日~22日の間で指定された日
2次試験
合格発表
7月30日(火)
3次試験 8月上旬~中旬
最終合格発表 8月23日(金)

※3次試験は事務職のみです。

横浜市職員採用試験 実施内容

横浜市役所は筆記試験と面接試験が実施されます。

公務員試験は筆記試験だけ点数が高ければ合格できる!」と、思っている人が一定数います。

国家公務員なら筆記試験の配点が高いので間違いではありません。

でも、地方公務員は人物試験重視にシフトしつつあるので筆記試験の点数が高くても合格することはありません。

筆記試験と面接試験でバランスよく点数が取れる人物を求めています。

横浜市役所 1次試験の内容

1次試験は筆記試験が実施されます。

内容は教養試験。

教養試験は「一般知能」と「一般知識」と呼ばれる科目から出題があります。

多くは中学校、高校で勉強したことがある内容です。

問題のレベルはあまり高くはありませんが、試験科目は多いため対策に時間がかかります。

勉強を始める前に傾向をつかむことが重要!

傾向を「横浜市役所 教養試験は専門対策もしたほうがいい理由」でまとめているので、参考にしましょう。

横浜市役所 2次試験の内容

2次試験は主に面接試験が実施されます。

試験内容は次の通り。

  • 個人面接
  • 集団面接
  • 専門論文
  • 論文
  • 体力検査

面接はすべての受験区分で必須ですが、専門論文や体力検査は区分によります。

見ての通り、最終合格を決めるためには面接で評価を受けるしかありません。

苦手な人ほど面接対策を後回しにする傾向があります。でも、それだと合格はできませんよ。

横浜市職員採用試験 採用人数

2019年(令和元年)の採用人数は技術区分を中心に増加しており、全体で約50名増の採用を予定しています。

区分ごとの採用人数は次のとおり。

横浜市職員採用試験 2019年の採用人数

事務 270人
社会福祉 80人
心理 10人
情報処理 数名
土木 70人
建築 15人
機械 10人
電気 10人
農業 数名
造園 数名
環境 数名
衛生監視員 15人
保健師 25人
消防(一般) 50人
消防(専門) 数名
消防(救急) 20人
学校事務 20人

横浜市職員採用試験 2018年の採用人数

募集区分 採用人数 募集区分 採用人数
事務職 280人 社会福祉 60人
情報処理 数人 土木 50人
建築 15人 機械 15人
電気 10人 農業 数人
造園 数人 環境 数人
薬剤師 数人 衛生監視員 数人
消防(一般) 55人 消防(救急) 20人
学校事務 20人 保健師 30人

横浜市職員採用試験 倍率

横浜市役所の倍率は約5倍程度です。

全国的な倍率からすると平均程度となっています。

過去3年間の倍率は次の通り。

横浜市職員採用試験 2018年(平成30年度)の倍率

区分 受験者 合格者 倍率
事務 2,123 397 5.3
社会福祉 205 77 2.7
情報処理 27 2 13.5
土木 132 54 2.4
建築 55 21 2.6
機械 30 8 3.8
電気 31 10 3.1
農業 14 2 7.0
造園 33 10 3.3
環境 57 3 19.0
薬剤師 13 4 3.3
衛生監視員 110 17 6.5
保健師 93 46 2.0
学校事務 107 23 4.7

横浜市職員採用試験 2017年(平成29年度)の倍率

区分 受験者 合格者 倍率
事務 2537 383 6.6
社会福祉 183 80 2.3
情報処理 26 6 4.3
土木 190 78 2.4
建築 107 19 5.6
機械 42 9 4.7
電気 65 16 4.1
農業 22 5 4.4
造園 62 5 12.4
環境 82 14 5.9
薬剤師 13 4 3.3
衛生監視員 111 23 4.8
保健師 104 42 2.5
学校事務 99 18 5.5

横浜市職員採用試験 2016年(平成28年度)の倍率

区分 受験者 合格者 倍率
事務 2564 455 5.6
社会福祉 211 71 3.0
情報処理 32 3 10.7
土木 197 116 1.7
建築 75 41 1.8
機械 40 20 2.0
電気 56 32 1.8
農業 28 3 9.3
造園 45 17 2.6
環境 91 13 7.0
薬剤師
保健師 107 24 4.5
衛生監視員 80 36 2.2
学校事務 55 17 3.2

横浜市役所 採用試験のまとめ

  • 試験は6月~8月
  • 筆記試験と面接試験が実施
  • 倍率は5倍程度

横浜市の職員になるためには多くの試験を攻略しなくてはいけません。

教養試験の傾向を「横浜市役所 教養試験は専門対策もしたほうがいい理由」書いています。

勉強をはじめる前に確認してくださいね。


ABOUT ME
江本 浩大
江本 浩大
新卒で大手資格学校に就職→公務員課、企画課で5年間勤務、退職→某国立大学に転職→キャリア支援課、広報部を経験→8年間で退職→フリーランスとして関東地方を中心に大学や企業向けにコンサル業を展開。高卒・短大卒向けブログ(https://gms365.biz)も運営。