東京消防庁Ⅲ類(高校卒)

東京消防庁の個人面接を攻略!面接カードの内容が重要?

東京消防庁3類(高校卒)個人面接の質問内容

 前回「体力試験と作文を制する者が東京消防庁を制する|傾向と内容」に引き続き、東京消防庁で働く方法について書いています。今回は『面接試験の攻略法』。

 東京消防庁の2次試験を受ける人

 個人面接の内容が知りたい人

 質問内容が知りたい人 など。

今の採用試験は「面接試験重視」といっても過言ではありません。

筆記試験が満点でも面接試験で評価をとれないと不合格、逆に筆記試験の点数が低くても面接試験で評価が高ければ合格しています。

勉強ばかりに気をとられがちですが、面接試験の対策をおろそかにすると合格は厳しいです。

まずは面接試験の傾向を知ってください。そして早めに自己分析をして、面接に向けての準備をしましょう。

東京消防庁Ⅲ類 個人面接の特徴

東京消防庁Ⅲ類の面接試験は2次試験に実施されます。

試験は受験者1名、面接官3名による個人面接です。

個人面接では当日記入する「面接カード」の内容にそって質問されます。1日に2回、個人面接が実施されるため集中力を切らさないようにしましょう。

試験時間は1回15分程度です。

SPONSERD LINK

東京消防庁Ⅲ類 面接カードの内容

面接カードを記入するときの注意としては、「丁寧に書く」「意味がわかるように書く」ことを意識してください。

面接官は記入してあることから気になったことを質問してきます。もし自分が面接官だとして、汚い面接カードや意味がわからいことが書いてあったらどうでしょうか?

面接をする気分にならないですよね。

その時点で印象は最悪です。気をつけましょう。

面接カードの内容は、

1 面接でPRしたいこと

2 職歴

3 東京消防庁の受験歴

4 併願状況

5 病歴、服用薬の有無

6 集団生活をしていく上で心配なこと

7 違反歴

8 希望する業務

と、なっています。

今までの自分を分析して具体的に書けるように準備しましょう。

自己PR?志望動機?ないそれ・・・という人はそれぞれのポイントをまとめています。あわせて確認しましょう。

関連記事 面接試験を攻略!自己PRの書き方とポイントを徹底解説

関連記事 面接試験を攻略!志望動機の書き方とポイントを徹底解説

東京消防庁Ⅲ類 個人面接 質問内容

・緊張していますか。

・今日は会場までどうやって来ましたか。

・自己PRをしてください。

・東京消防庁の志望動機を教えてください。

・なぜ消防官を志望するのですか。

・消防官を目指したきっかけを教えてください。

・なぜ東京消防庁がいいのですか。

・消防官の仕事について知っていることを教えてください。

・東京消防庁の職員に対してどのようなイメージを持っていますか。

・東京消防庁の特徴を教えてください。

・東京消防庁で今後、どんな消防官になりたいか教えてください。

・社会人と学生の違いを2つ教えてください。

・理想の社会人像はありますか。

・消防官になることを両親はどう思っていますか。

・面接練習はしましたか。

・得意教科は何ですか。また、その教科のどこが好きですか。

・学校生活で打ち込んでいたことを教えてください。

・部活動で大変だったことについて、自己PRを含めて教えてください。

・部活動では役職に就いていましたか。ついていた場合、その役職で大変だったことを教えてください。

・現在アルバイトはやっていますか。

・これまでに頑張ったことを3つ教えてください。

・あなたの長所と短所を教えてください。

・あなたの性格はどんな性格ですか。

・集団生活のなかでのあなたの強みはありますか。

・東京消防庁は人が多いがやっていけますか。

・嫌いなタイプの人間を教えてください。

・同じ部署に嫌いなタイプの人間がいたらどうしますか。

・後輩にルールを守らない人がいたらどう対応しますか。

・上司と意見が違った場合どうしますか。

・消防は事務仕事も多いですが、大丈夫ですか。

東京特別区職員採用試験 個人面接
公務員試験 面接試験を攻略|面接で評価をもらう2つのメソッド このような情報を求めている方、多いのではないでしょうか。 本記事では、公務員試験の面接試験について『評価さ...

終わりに

公務員試験は体育会系出身の人が合格しやすい傾向があります。

なぜだと思いますか?

体育会系の人はとにかく自分に自信をもっている人が多いからです。自分に自信があれば、発言に重みがつき、重みのある発言は人間の感情に訴えることができます。

人柄(印象)を評価する面接官が多いため、自分の発言に自信をもってはなすことを意識してください。

ABOUT ME
江本 浩大
江本 浩大
新卒で大手資格学校に就職→公務員課、企画課で5年間勤務、退職→某国立大学に転職→キャリア支援課、広報部を経験→8年間で退職→フリーランスとして関東地方を中心に大学や企業向けにコンサル業を展開。