消防官

東京消防庁三類(高卒) 教養試験の傾向|過去問|参考書他

東京消防庁Ⅲ類 教養試験の傾向、過去問
東京消防庁Ⅲ類の筆記試験って何がでるの?
東京消防庁Ⅲ類の筆記試験の傾向は?
東京消防庁Ⅲ類の試験問題ってどんな問題なの?

このような情報を求めている方、多いのではないでしょうか。

本記事では「東京消防庁Ⅲ類職員」を目指している人に向けて、筆記試験の『傾向』や『過去問』『難易度』などについて書いていきます。

公務員試験は受験する時期によって出題傾向が違います。そのため試験勉強を始める前に、出題形式や傾向、難易度を確認することが重要です。

確認できたら「面接試験の情報記事」や「論作文の情報記事」で他の試験内容を確認していきましょう。

東京消防庁Ⅲ類 教養試験の傾向

東京消防庁Ⅲ類(高卒)の筆記試験(教養試験)は「一般知能」と「一般知識」から出題があります。

一般知能って・・・一般知識って・・・どんな科目なの?

確かに、聞きなれない科目ですよね。

一般知能は公務員試験独特の問題で「数的推理」「判断推理」「空間把握」「資料解釈」「文章理解」で構成されています。

公務員試験のなかでは、出題数が多いので優先して勉強しなければいけない科目です。

一般知識は中学、高校で学習してきた国語、数学、理科、社会、英語から出題があります。

一度は勉強したことがある科目なのでイメージはしやすいと思います。しかし科目数が多いため出題傾向(出題数)を把握して対策をする必要があります。

例えば、

社会は「日本史」「世界史」「地理」「政治」「経済」の5科目。

理科は「物理」「化学」「生物」「地学」の4科目。

から、それぞれ出題があります。

東京消防庁Ⅲ類(高卒) 教養試験の出題内容

教養試験は「一般知能25問」「一般知識20問」、合計45問の出題があります。試験時間は120分。

科目ごとの出題数は、

科目 出題数 科目 出題数
数的推理 4問 判断・空間 8問
資料解釈 5問 文章(現古文) 5問
文章(英文) 3問 政治経済 2問
国語 3問 日本史 1問
世界史 1問 地理 1問
数学 3問 物理 2問
化学 2問 生物 2問
時事 3問

と、なっています。

まずは、出題数の多い「一般知能」「数学」「時事」を優先的に勉強しましょう。特に一般知能と数学はある程度の解法パターン(公式)があります。それを身につけて演習問題をこなせば多くの問題に対応することができます。

解けるようになるまで時間はかかりますが、一度解けるようになれば忘れにくい科目。

時事や生物、国語は短期集中的に覚えることができる科目です。試験の2~3ヶ月前から一気に覚えるといいでしょう。

東京消防庁Ⅲ類 過去問

平成29年(2017年実施)判断推理
A〜Eの身長を比べた。次のア〜オのことがわかっているとき,確実にいえることとして,最も妥当なのはどれか。

ア AとDの身長差は2cmである。

イ CとEの身長差は4cmである。

ウ BとDの身長差は1cmである。

エ BとEの身長差は2cmである。

オ CとAの身長差は5cmである。

1  1番身長が高いのはAかCのいずれかである。

2  2番目に身長が高いのはBかEのいずれかである。

3  3番目に身長が高いのはDである。

4  4番目に身長が高いのはCかEのいずれかである。

5  1番身長が低いのはCかD のいずれかである。

平成29年(2017年実施)数的推理
8%の食塩水Aが100g,12%の食塩水Bが150g,濃度の分からない食塩水Cが350g,水が200gある。すべてを混ぜ合わせると,5%の食塩水となった。このときの食塩水Cの濃度として,最も妥当なのはどれか。

1  2%
2  3%
3  4%
4  5%
5  6%

平成29年(2017年実施)社会時事

平成29年2月現在の日本の人口に関する記述で,ア〜エのうち正しいものを全て選んだ組合せとして,最も妥当なのはどれか。ア 日本の総人口は1億人を下回っている。イ 総人口に対する65歳以上の割合は,25%を上回っている。ウ 総人口に対する15歳未満の割合は,15%を下回っている。エ 65歳以上の人口に占める男女の割合は,男性の方が多い。

1  ア,イ
2  ア,ウ
3  ア,エ
4  イ,ウ
5  ウ,エ

東京消防庁Ⅲ類 おすすめの参考書

消防官試験 早わかりブック 2019年度

何から始めたらいいかわからない人にオススメの試験ガイドブック

消防官になるための早わかりガイドブックです。教養試験の攻略法、過去問など1冊で試験の概要と対策方法がわかる入門本です。試験の概要はもちろん、仕事の内容、併願、試験の形式・レベルなどをわかりやすく解説しています。

過去問10年間を研究して、試験に出やすい出題テーマ一覧は非常に役に立ちますよ。試験の知識がない人はこの本を読むことからはじめてみましょう。

一般知能おすすめ

畑中敦子の初級ザ・ベスト プラス 数的推理/資料解釈

数学を使わずに裏技を使って解くための解法テクニック本の決定版

「数的推理は数学ではない」ことをコンセプトにテクニックを用いて速答できる力をみにつけることができるテキストです。数学が嫌いな人はこのテキストで解法を覚えて問題演習に入るといいですよ。同シリーズ畑中敦子の初級ザ・ベスト プラス 判断推理も合わせて購入しましょう。

畑中敦子の算数・数学キソキソ55

一度サヨナラした算数・数学と、図らずも再会する羽目になった、公務員試験受験生・就活生の方へ

数的推理、判断推理で有名な畑中敦子氏が監修をつとめる1冊。

公務員試験やSPI3の試験対策には、おもに小中学校9年間で習った「算数・数学」の理解が大前提。そこで、「四則計算」にはじまり、「因数分解の公式」「立体の体積の求め方」など、算数・数学の学び直しに外せない“基礎の基礎、55項目”を厳選し、一冊にまとめました。

公務員試験のベースとなるよう、解説と練習問題をセットで収録しています。ほとんどの項目が“3ページ以内”なので、忘れたところだけを手軽におさらいしたい方にも最適。電車の中など、スキマ時間を活用した学習にぴったりです。

新・初級スーパー過去問ゼミ 数的推理

過去問題集のバイブル的存在

多くの公務員受験者が使っている問題集です。多くの人が使っている=合格に定評のあるテキストということです。公務員試験の問題は過去の問題が形を変えて繰り返し同じスタイルで出題されている傾向にあります。

そのため過去問演習が一番効率的な勉強になります。この新・初級スーパー過去問ゼミ 数的推理は、合格点を取るのに必要な問題を選んでおり、頻出テーマを中心に構成されています。また、難易度別に問題が掲載されている点もグッド。勉強に慣れていない初期段階ではレベルが低いが重要な問題から勉強でき、徐々にレベルアップすることを想定した作りになっています。各テーマの冒頭には要点をまとめたレジュメがついており、最低限この知識を頭にいれておけば正答できる問題もあります。他にも判断推理 文章理解・資料解釈もありますよ。

一般知識おすすめ

オープンセサミシリーズ (東京アカデミー編)

公務員試験 参考書の決定版

過去問演習を中心に勉強することが重要な公務員試験ですが、知識量がたくさん詰まった参考書を1冊常備しておきたいものですよね。そんなときこのオープンセサミシリーズ (東京アカデミー編)があれば他に参考書は必要ありません。とにかく情報量がたくさん詰まっています。しかし、無駄な知識も入っているため補助的に使うようにしましょう。一般知識は数学・理科、政治・経済・社会日本史・世界史・地理・思想の参考書が発売されています。

新・初級スーパー過去問ゼミ 自然科学

過去問題集のバイブル的存在

多くの公務員受験者が使っている問題集です。多くの人が使っている=合格に定評のあるテキストということです。公務員試験の問題は過去の問題が形を変えて繰り返し同じスタイルで出題されている傾向にあります。

そのため過去問演習が一番効率的な勉強になります。この新・初級スーパー過去問ゼミ 自然科学は、合格点を取るのに必要な問題を選んでおり、頻出テーマを中心に構成されています。また、難易度別に問題が掲載されている点もグッド。勉強に慣れていない初期段階ではレベルが低いが重要な問題から勉強でき、徐々にレベルアップすることを想定した作りになっています。各テーマの冒頭には要点をまとめたレジュメがついており、最低限この知識を頭にいれておけば正答できる問題もあります。他にもスーパー過去問ゼミ 社会科学 スーパー過去問ゼミ 人文科学もありますよ。

合格点を取るためにはテキスト選びはとても重要です。

これらのテキストから1冊または2冊を購入して繰り返し練習することが一番の近道です。

終わりに

東京消防庁の1次試験の倍率は5~6倍程度とかなり高いです。

そのため筆記試験の合格ラインは最低6割はほしいです。6割取るためには、しっかりとした勉強をしておく必要があります。