高卒で公務員試験を目指す人はこちら
東京消防庁

東京消防庁1類 教養試験の勉強法|数学を極めろ!

東京消防庁 教養試験の過去問

こんにちは、江本です。

本記事は「東京消防庁Ⅰ類(大卒) 教養試験」に関する情報をまとめています。

※東京消防庁3類(高卒)を受験する人は「高卒で目指すぜ!東京消防庁の教養試験|勉強法を解説します。」を参照。

下記ツイートをしました。

教養試験は科目数が多いので、闇雲に勉強すれば無駄な時間をすごすことになりますよ。

ぜひ、傾向を理解してください。

東京消防庁 採用試験
東京消防庁1類 倍率は10倍超え?試験情報まとめ消防庁の倍率は高いです。合格するには情報が必要!まずは日程や内容、倍率などを確認して準備をはじめましょう。...

東京消防庁1類 教養試験の傾向

実施 1次試験
試験時間 120分
問題数 45問
形式 マークシート

1次試験に教養試験が実施されます。

公務員試験とよばれるもので、「一般知能分野」と「一般知識分野」から出題があります。

試験時間120分で、45問に解答します。

東京消防庁1類 教養試験の科目

出題される科目は次の通り。

一般知能 社会科学 人文科学 自然科学
数的推理 政治 日本史 数学
判断推理 経済 世界史 物理
空間把握 社会 地理 化学
資料解釈 国語 生物
文章理解

とても多いですよね?

闇雲に勉強してもいいですが、無駄が多くなりますよ。

まずはどの科目がどれだけ出題されているのか傾向を知ってから勉強するようにしましょう!

一般知能の傾向は「公務員試験 一般知能ってどんな科目?勉強法まとめ」、一般知識の傾向は「公務員試験 一般知識ってどんな科目?傾向と勉強法を伝授」を参考にしてください。

東京消防庁1類 教養試験の勉強法

まずは、どの科目から勉強するのか決めましょう

出題科目数は多いですが、1科目当たりの問題数は様々です。

例えば数学は5問でますが、日本史は1問しか出題されていません

つまり、日本史を頑張って暗記するよりも、数学で頭を悩ませたほうが総合点は高くなるということです。

なので、勉強を始める前に科目の優先順位を決めましょう。

科目ごとの出題数は次のとおり。

東京消防庁1類 教養試験の科目別出題数

数的推理 5問 判断推理 6問
資料解釈 3問 文章理解(現文) 4問
文章理解(英文) 2問 政治 4問
経済 1問 社会 2問
国語 1問 日本史 1問
世界史 1問 地理 1問
数学 5問 物理 3問
化学 3問 生物 3問

数学と理科の攻略が合格するために必要不可欠

理由は出題数がとても多いからです。

東京消防庁の教養試験は一般知能、一般知識から合計45問の出題があり、出題数の30%を数学と理科で占めています。

合格点が65点~70点なので数学と理科を捨ててしまうと危険なことがわかりますよね。

勉強は過去問集を使って

公務員試験は過去問集を使って勉強することが王道です。

と、いうのも出題される問題は過去に出題された問題の類問であったり、同じ解き方を使う問題が多いからです。

特に数的推理、判断推理、数学、物理はある程度の解法パターン(公式)があります。

それを身につけて演習問題をこなせば多くの問題に対応することができます。

解けるようになるまで時間はかかりますが、一度解けるようになれば忘れにくい科目です。

日本史や世界史といった勉強時間がかかるわりに点数が安定しない科目は効率が悪いので、時間がなければ勉強しなくても合格はできますよ。

おすすめの参考書は「畑中敦子シリーズ」や「スーパー過去問シリーズ」です。

このあたりをやっておけば十分でしょう。

東京消防庁1類 教養試験の合格点(ボーダーライン)

高得点は必要ありません。

なぜなら問題の多くが理数科目であり、受験者のレベルもあまり高くないからです。

理数科目は暗記科目と違って少し頑張ったからといって点数がとれる科目ではありません。

受験者の多くが文系出身者ということを考えても高得点は必要ない(とれない)です。

現に昨年(2018年)の試験を受けた人のデータを見ると26~28/45問の正答で合格することができています。

とはいっても1次試験の倍率が4~5倍であるので難易度は高いです。

60点以上を目安に勉強するには傾向通りに勉強するのがベスト!

これから傾向や勉強の仕方を解説していきます。

東京消防庁1類 教養試験の過去問

東京消防庁1類 教養試験の過去問(数学)

【数学】不等式|2x-1|>3を満たすxの範囲として、最も妥当なのはどれか。

1. x<1、3<x
2. x<-1
3. -1<x<2
4. x<-1、2<x
5. 0<x<3

東京消防庁1類 教養試験の過去問(化学)

【化学】金属に関する次のア~エの記述のうち、正しいもののみを選んだ組合せとして最も妥当なのはどれか。

ア 銀は、展性、延性が大きく、電気の伝導性が銅に次いで、2番目に大きい。

イ 水銀は、常温で液体の金属で、水銀と他の金属との合金をアマルガムという。

ウ アルミニウムは、空気中に放置すると、表面に酸化被膜を形成し内部を保護する。

エ 鉄とクロム、ニッケルの合金をジュラルミンという、軽量で書こうがしやすい。

1. ア、イ
2. ア、ウ
3. イ、ウ
4. イ、エ
5. ウ、エ

東京消防庁 教養試験のまとめ

  • 合格点は60~65点
  • 理数科目の攻略が必要
  • 優先順位を決めて勉強する

公務員試験の筆記試験は科目数が多く、苦手な受験生が多いです。

しかし合格するために満点は必要なく安定して7割前後の点数を取ることができれば筆記試験を突破することができます。

筆記試験の確認がおわったら、論文試験、面接試験についても情報を確認しておきましょう。

東京消防庁 論文の過去問
東京消防庁1類 小論文は読解力が必要?|過去問からわかる出題傾向東消論文の傾向は資料を読み取って書く必要がある。詳しくは過去問を確認するとわかります。本記事を参考に対策をはじめましょう!どうぞご覧ください。...
ABOUT ME
江本 浩大
江本 浩大
新卒で大手資格学校に就職→公務員課、企画課で5年間勤務、退職→某国立大学に転職→キャリア支援課、広報部を経験→8年間で退職→フリーランスとして関東地方を中心に大学や企業向けにコンサル業を展開。高卒・短大卒向けブログ(https://gms365.biz)も運営。