消防官

東京消防庁Ⅰ類 教養試験の傾向×難易度×過去問他

東京消防庁Ⅰ類の試験概要、筆記試験・面接試験の特徴や過去問例などについて書いていきます
東京消防庁Ⅰ類の筆記試験って何がでるの?
東京消防庁Ⅰ類の筆記試験の傾向は?
東京消防庁Ⅰ類の問題ってどんな問題なの?

このような情報を求めている方、多いのではないでしょうか。

本記事では「東京消防庁Ⅰ類」を目指している人に向けて、筆記試験の『傾向』や『過去問』『難易度』などについて書いていきます。

公務員試験は受験する時期によって出題傾向が違います。そのため試験勉強を始める前に、出題形式や傾向、難易度を確認することが重要です。

確認できたら「論作文の情報記事」で他の試験内容を確認していきましょう。

東京消防庁Ⅰ類 教養試験の傾向

東京消防庁の教養試験では「一般知能」と「一般知識(社会、人文、自然)」から出題があります。

出題される科目は、

一般知能 社会科学 人文科学 自然科学
数的推理 政治 日本史 数学
判断推理 経済 世界史 物理
空間把握 社会 地理 化学
資料解釈 国語 生物
文章理解

と、なっています。

これらの科目から一般知能20問、一般知識25問、合計45問の出題があります。試験時間は120分。

みてのとおり、科目数が多いですよね。早いうちから準備をしておかないと、試験に間に合わせることが難しいです。

 

東京消防庁Ⅰ類 教養試験の出題内容

東京消防庁の傾向は、数学と理科(物理、化学、生物)の出題数が公務員試験で1番多いです。東京消防庁Ⅰ類試験では数学5問、物理3問、化学3問、生物3問の合計14問出題があります。

理系科目が苦手な受験生は、対策に苦労すると思います。そのため早いうちから準備をしておく必要がありますね。

その他の出題科目数は、

数的推理 5問 判断推理 6問
資料解釈 3問 文章理解(現文) 4問
文章理解(英文) 2問 政治 4問
経済 1問 社会 2問
国語 1問 日本史 1問
世界史 1問 地理 1問

と、なっています。

まずは数的推理、判断推理、政治、数学、物理、生物を優先的に勉強しましょう。

特に数的推理、判断推理、数学、物理はある程度の解法パターン(公式)があります。

それを身につけて演習問題をこなせば多くの問題に対応することができます。解けるようになるまで時間はかかりますが、一度解けるようになれば忘れにくい科目です。

東京消防庁Ⅰ類 教養試験 過去問

【数学】不等式|2x-1|>3を満たすxの範囲として、最も妥当なのはどれか。

1. x<1、3<x
2. x<-1
3. -1<x<2
4. x<-1、2<x
5. 0<x<3

【化学】金属に関する次のア~エの記述のうち、正しいもののみを選んだ組合せとして最も妥当なのはどれか。

ア 銀は、展性、延性が大きく、電気の伝導性が銅に次いで、2番目に大きい。

イ 水銀は、常温で液体の金属で、水銀と他の金属との合金をアマルガムという。

ウ アルミニウムは、空気中に放置すると、表面に酸化被膜を形成し内部を保護する。

エ 鉄とクロム、ニッケルの合金をジュラルミンというう、軽量で書こうがしやすい。

1. ア、イ
2. ア、ウ
3. イ、ウ
4. イ、エ
5. ウ、エ

東京消防庁Ⅰ類 合格ライン

45問中26~30問正答が目安となります。

これだけの点数をとるためには、出題数の多い一般知能と自然科学を攻略することが重要となります。

終わりに

公務員試験の筆記試験は科目数が多く、苦手な受験生が多いです。

しかし合格するために満点は必要なく安定して7割前後の点数を取ることができれば筆記試験を突破することができます。

そのために基礎を中心に勉強を続けていくことが大事です。