地方公務員

東京特別区採用試験Ⅲ類(高卒) 作文試験の特徴×傾向×過去問他

東京特別区Ⅲ類(高卒)の筆記試験って何がでるの?
東京特別区Ⅲ類(高卒)の筆記試験の傾向は?
東京特別区Ⅲ類(高卒)の問題ってどんな問題なの?

このような情報を求めている方、多いのではないでしょうか。

本記事では「東京特別区Ⅲ類(高卒)職員」を目指している人に向けて、作文試験の『傾向』や『過去問』などについて書いていきます。

作文試験は、筆記試験で判断することができない受験生の「仕事に対する熱意ややる気」「考え方」「人間性」などを評価する試験です。

筆記試験だけで判断すると、勉強だけできる人が有利になりますよね。しかし、「勉強ができる人=人間性がいい。」ということにはなりません。

そのために筆記試験以外で評価するために作文試験が行われています。

東京特別区採用試験Ⅲ類(高卒) 作文試験の特徴

作文試験は1次試験に実施されます。試験時間は80分。

作文試験は、受験者の「仕事への熱意や情熱」「論理的思考力」「人間性」などを評価する試験です。

そういった側面を筆記試験以外の方法で、確認するために作文試験や面接試験などの人物試験が課されています。

受験者の中には、作文試験が苦手な人も多いため差がつきやすい試験です。

苦手な人は「書く」ことから始めてみましょう。文章にしてみることで、自分の言いたいこと、考えていることを客観的にみることができます。そして、一度書いてみたら先生や親などの第3者に見せて評価をもらいましょう。

東京特別区採用試験Ⅲ類(高卒) 作文試験の傾向

字数は600字以上~1,000字以内です。空白の目立つ作文用紙は評価がつきにくいです。そのため、最大文字数の9割前後は書けるように準備をしておきましょう。

作文の出題テーマをみると、「区職員として何ができるか、したいか」「地域住民との関わり」「どんな町にしていきたいか」といった、特別区職員となった視点から書くようなテーマが多いです。

東京特別区採用試験Ⅲ類(高卒) 作文試験の過去問

地域住民の結びつきが強いまちについて(平成29年実施)

地震災害に強いまちづくり(平成28年実施)

区民から信頼される公務員になるために必要なこと(平成27年実施)

東京特別区採用試験Ⅲ類(高卒) 作文試験の評価

作文試験は主に3つの着眼点に従って評価をされます。作文を書くときに注意して書くようにしましょう。

①内容
・課題をしっかり把握できているか。文章は短すぎないか。
・文章として成立しているか。幼稚すぎる内容でないか。

②表現
・内容はわかりやすく、まとまっているか。
・用語や表現は適切か。

③文字
・誤字やあて字が多すぎないか。
・字体はくずさず、丁寧・綺麗に書けているか。

とくに③文字については、日頃から気をつけて書くようにしておかないと当日に書くことは難しいです。練習の段階から気にして書くようにしましょう。

まとめ

作文試験を攻略するためには「①書き方を知る→②実際に書いてみる→③添削を受ける」を繰り返すことが大切です。

「③添削を受ける」はとても重要です。添削を受けることで足りないものが見えてきます。必ず第三者の意見をもらうようにしましょう。