消防官

東京消防庁Ⅰ類 試験日程|試験内容|倍率|おすすめの参考書他

東京消防庁Ⅰ類の採用試験っていつあるの?
東京消防庁Ⅰ類の採用試験ってどんな試験内容?
東京消防庁Ⅰ類の採用試験って倍率は高いの?低いの?

このような情報を求めている方、多いのではないでしょうか。

本記事では「東京消防庁Ⅰ類」を目指している人に向けて『試験日程』や『試験内容』『過去の倍率』などについて書いていきます。

試験内容を知ることができたら、「筆記試験の情報記事」や「面接試験の情報記事」で東京消防庁Ⅰ類採用試験に合格するための準備をはじめましょう。

あわせて読みたい
東京消防庁Ⅰ類の試験概要、筆記試験・面接試験の特徴や過去問例などについて書いていきます
東京消防庁Ⅰ類 教養試験の傾向×難易度×過去問他 このような情報を求めている方、多いのではないでしょうか。 本記事では「東京消防庁Ⅰ類」を目指している人に向...

東京消防庁Ⅰ類 試験日程と試験内容

東京消防庁はⅠ類(大卒)、Ⅱ類(短大卒)、Ⅲ類(高卒)の区分で採用試験が実施されています。それぞれ受験する区分によって日程が違います。

平成30年(2018年)実施試験の日程は、

1次試験 2次試験
第1回 5月20日 7月4日~13日
第2回 8月26日 10月9日~15日

と、なっています。

1次試験は「教養試験」「論文試験」「適性検査」、2次試験は「個人面接」「体力検査」「身体検査」が行われます。

あわせて読みたい
東京消防庁Ⅰ類の試験概要、筆記試験・面接試験の特徴や過去問例などについて書いていきます
東京消防庁Ⅰ類 論文試験の傾向×過去問×評価基準他 このような情報を求めている方、多いのではないでしょうか。 本記事では「東京消防庁Ⅰ類」を目指している人に向...
あわせて読みたい
東京消防庁Ⅰ類の試験概要、筆記試験・面接試験の特徴や過去問例などについて書いていきます
東京消防庁Ⅰ類 個人面接|体力検査 傾向と質問内容他 このような情報を求めている方、多いのではないでしょうか。 本記事では「東京消防庁Ⅰ類」を受験する人に向けて面接試験...

東京消防庁Ⅰ類 募集人数と年齢制限

平成30年(2018年)実施試験では1回目250人2回目50人の合計300人を予定しています。

昨年と比べると、採用人数は横ばいの推移となっています。

また、年齢制限(受験資格)は「平成元年4月2日~平成9年4月1日」までに生まれた人が受験することができます。

東京消防庁Ⅰ類 倍率

採用数は増減が激しいですが、受験者数はほぼ横ばいとなっています。

全国から消防官を目指す受験生が集まるため、公務員試験の中でも高倍率試験の1つとなっています。

東京消防庁Ⅰ類 平成29年(2017年)実施 倍率

試験 受験者数 合格者数 倍率
1回目 4,890 279 17.5
2回目 2,246 105 21.4

 

東京消防庁Ⅰ類 平成28年(2016年)実施 倍率

試験 受験者数 合格者数 倍率
1回目 4,837 365 13.3
2回目 2,691 107 25.1

 

東京消防庁Ⅰ類 平成27年(2016年)実施 倍率

試験 受験者数 合格者数 倍率
1回目 5,085 424 12.0
2回目 2,889 233 12.4

一次試験の倍率は4~5倍、2次試験の倍率は3倍程度となっています。

東京消防庁Ⅰ類 給料と昇進

平成30年時の大卒初任給は252,100円です。これに扶養手当、住居手当、交通手当などが加算されます。

昇進については一定の経歴を積んだ後昇任試験を受けることができます。受かれば昇任・昇進することができます。

東京消防庁Ⅰ類 教養試験 おすすめの参考書

東京消防庁の1次試験の倍率は5~6倍程度とかなり高いです。

そのため筆記試験の合格ラインは最低6割はほしいでし。6割取るためには、しっかりとした勉強をしておく必要があります。

消防官試験 早わかりブック 2019年度

何から始めたらいいかわからない人にオススメの試験ガイドブック

消防官になるための早わかりガイドブックです。

教養試験の攻略法、過去問など1冊で試験の概要と対策方法がわかる入門本です。試験の概要はもちろん、仕事の内容、併願、試験の形式・レベルなどをわかりやすく解説しています。

過去問10年間を研究して、試験に出やすい出題テーマ一覧は非常に役に立ちますよ。試験の知識がない人はこの本を読むことからはじめてみましょう。