公務員試験

公務員試験 面接試験を攻略|志望動機の書き方とポイント

志望動機って何?
志望動機を作るためにはどうすればいいの?
志望動機の内容は何を書けばいいの?

このような情報を求めている方、多いのではないでしょうか。

本記事では面接試験の志望動機についての内容を書いています。

面接試験では志望動機と自己PRについて、多くの質問がされます。

記事「面接試験で重要な2大ポイント」で書いたように印象のつぎに志望動機と自己PRが重要。

この記事を参考に、志望動機をつくる練習をしましょう。

あわせて読みたい
東京特別区職員採用試験 個人面接
公務員試験 面接試験を攻略|自己PRの書き方とポイント このような情報を求めている方、多いのではないでしょうか。 本記事では面接試験の自己PRについての内容を書い...

公務員試験 志望動機の書き方

志望動機は、「なぜこの国・県・市で働きたいのか」「どんな仕事がしたいのか」など、公務員として働きたい理由を語るものです。

ただ、

「公務員は安定して、楽だから」

「休日が多いから」

といった、本音はさしおいて、建前で話す必要があります。もちろん、「市民のために働きたい」という立派な理由を持っている人が大半だと思いますが・・・。

公務員試験 志望動機 企業研究

まさか、じぶんの働く場所がどんなことをしているか知らずに採用試験を受験したりしませんよね・・・。

給料が・・・とか。休日数が・・・とかではなく、受験先はどんな取組(施策)を行っているとか、こんな事業に力をいれているか。などです。

ここが理解できていないと、志望動機を固めることができません。

知るためには、県庁や市役所を実際に訪問してみる、説明会に参加する、実際にイベントに参加してみるなど、その場所に触れることが重要です。インターンシップなどがあれば利用するのもアリですね。

そうやって企業研究をしていくうちに、やりたいこと、やってみたいことがでてきます。

すると、自己PRと重ねてみて「○○をやってきたので、その力を活かして××がしたい」というふうに自己PRと志望動機に一貫性をもたせるように考えていきましょう。