高卒で公務員試験を目指す人はこちら
地方公務員

静岡県庁 個人面接はエントリーシートの段階で勝負が決まる

静岡縣職員 個人面接の傾向と質問内容をまとめています。
静岡県職員の個人面接はどんな質問がされるのか知りたいです。

という疑問に答えます。

はじめまして、江本です。

これまで資格学校の公務員課で5年間、国立大学のキャリア支援課で8年間ほど公務員試験の指導をしてきました。その経験から記事を書いています。

本記事は静岡県庁採用試験(6月実施)の個人面接を攻略する内容を書いています。

静岡県職員になるには面接試験の攻略が必要です。

理由は2次試験の倍率が高く、配点も高いからです。

言ってしまえば筆記試験が満点でも面接の点数が3倍近くあるので合格はできません。

配点が高い面接試験の対策を後回しにするのは合格の可能性をつぶしていることになりますよ。まずは本記事を参考にして個人面接の傾向や質問内容を把握してください。

傾向を把握することで対策すべきことがわかりますよ。あとは練習をするのみですね。

関連記事 静岡県庁 採用試験の倍率は高い?情報まとめ

静岡県庁 個人面接の傾向

個人面接は2次試験に実施されます。

受験区分が行政区分の人は2回面接があるので覚えておきましょう。

面接試験は事前に記入する面接カードの内容を中心に質問されます。面接カードは面接が始まる前に面接官が目を通します。

もし、あなたが面接官だったら字が汚い、字の大きさがバラバラ、ぐちゃぐちゃの書面を見る気になりますか?私だったら見ることをやめますね。

面接官も人間なので面接が始まる前にある程度のイメージを作ってから試験に入りますよ

そこを意識して面接カードは作るようにしましょう。

静岡県庁 面接カードの内容

静岡県の面接カードは項目が多いです。

1日、2日で作り上げることも可能ですが圧倒的に内容がすかすかです。

少しつっこまれたら答えられなくなるので評価は低いですよ。

できるだけ時間をかけて内容を考える必要があるのではやめの対策が必要ですね。

面接カードの内容は次の通り。

  • 住所
  • 学歴(高校から)
  • 選考学部、学科を選んだ理由(15字程度)
  • 卒業研究又はゼミナールのテーマ
  • 部活動、サークル歴
  • インターシップ
  • 職歴
  • 併願状況
  • 特技、趣味(15字程度)
  • 資格、免許
  • 静岡県職員を志望した動機・理由(120字程度)
  • 県職員として取り組んでみたいこと(120字程度)
  • 努力したこと、達成感を得たこと(120字程度)
  • 失敗したこと、挫折感を味わったこと(120字程度)
  • 得意なこと、自分の長所(70字程度)
  • 苦手なこと、自分の短所(70字程度)

静岡県庁 個人面接(1回目)の特徴

個人面接の1回目は、

  • 面接官 4人
  • 試験時間 30分

で、実施されます。

主に人間性に関する質問をされます。

自己PRや志望動機をしっかりと考えておきましょう。

静岡県庁 個人面接の質問内容

・アルバイトは何をしていました。

・アルバイトの初任給は何に使いましたか。

・初めてお金を稼いでみてどう思いましたか。

・アルバイトで苦労したことは何ですか。

・アルバイトで挫折した経験と、それをどうやって乗り越えたか教えてください。

・英語はどのくらいできますか。

・英語を使う職務はできますか。

・英語の資格を持っていますか。

・学生生活で一番頑張ったことを教えてください。

・長所を教えてください。

・長所を発揮した出来事を教えてください。

・短所で失敗したことはありますか。

・短所を活かしたいですか、直したいですか。

・仕事に活かせる能力はありますか。

・長所をどうやって仕事に活かしますか。

・最近1番腹に立った出来事は何ですか。

・ストレスを感じた時、どうやって発散しますか。

・友人からどんな人間だと思われていますか。

・苦手な人とどう接しますか。

・先輩教師が苦手なタイプだったらどうしますか。

・10年後はどんな人間になっていると思いますか。

静岡県庁 個人面接(2回目)の特徴

個人面接の2回目は、

  • 面接官 3人
  • 試験時間 15分

で、実施されます。

主に仕事について、静岡県について質問されます。

静岡県について施策や取り組み、仕事について理解しておきましょう。

静岡県庁 個人面接の質問内容

・2分間を使って自己アピールをしてください。

・なぜ静岡県職員になりたいのですか。

・静岡市、浜松市ではなく静岡県を志望する理由は何ですか。

・県職員として取り組みたいこととその理由を教えてください。

・静岡県の問題は何だと思いますか。

・出身は浜松市ですが、なぜ静岡県を志望するのですか。

・静岡県の魅力を国内外に発信するためには、どうすればいいですか。

・静岡県の魅力は何だと思いますか。

・静岡県が東海地区でなく関東地区の扱いを受けることについてどう思いますか。

・インターンシップをした理由は何ですか。

・インターシップを体験してどうでしたか。

・福祉の職務でも大丈夫ですか。

・民間企業へ就職活動はしていますか。

・静岡県と地元の市役所の両方合格したらどうしますか。

・やりたい仕事ができなかったらどうしますか。

・公務員は世間が思っているほど楽ではありません。残業も多いですが大丈夫ですか。

・公務員の一般的な残業時間はどれくらいだと思いますか。

・民間企業と公務員の違いを教えてください。

・税金を滞納する人が増えています。どうやって徴収しますか。

・最後の言いたいことはありますか。

おわりに

静岡県の2次試験は3倍を超えるので注意しましょう。

配点をみると600点中の480点を占めています。ここで点数が取れないと合格は無理です。

筆記試験に気を取られず、面接試験の対策をはやめに行いましょう。

個人面接の傾向がわかったら集団討論の傾向を「静岡県職員 集団討論ってどんな試験?傾向を知ろう!」で確認しましょう。

ABOUT ME
江本 浩大
江本 浩大
新卒で大手資格学校に就職→公務員課、企画課で5年間勤務、退職→某国立大学に転職→キャリア支援課、広報部を経験→8年間で退職→フリーランスとして関東地方を中心に大学や企業向けにコンサル業を展開。高卒・短大卒向けブログ(https://gms365.biz)も運営。