高卒で公務員試験を目指す人はこちら
公務員試験

【2020年版】公務員試験 本当に使えるおすすめの参考書をレビュー

公務員試験 おすすめの参考書

はじめまして、公務員試験アドバイザーの江本です。

本記事は公務員試験(大卒)の使える参考書をご紹介します。

高卒の参考書を探している人は「【高卒】公務員試験 おすすめ参考書とその理由を解説!」を読んでください。

下記ツイートをしました。

これについてレビューしていきます。

公務員試験で高得点を取るにはテキスト選びがとても重要です。

「参考書・問題集は種類が多すぎて何を使ったらいいかわからない!」という方は、チェックしてみてくださいね。

【最新】-公務員試験の流れ
【2020年】公務員試験の流れを簡潔に!ぶっちゃけチャンスですよ!公務員を目指している人必見!試験の流れを簡単にわかりやすくまとめました。はじめて対策をする人はこの記事を読んでから行うことをおすすめしますよ。...

公務員試験 テキストの種類を確認

参考書といっても多くの種類があることを知っていますか?

公務員試験の対策本として販売されているテキストは、

  • 参考書
  • 問題集
  • 過去問集

の3つです。

公務員試験 参考書とは

参考書は例えるなら辞典みたいなものでして、科目の知識がものすごく詰まったテキストです。

結論からいえば、参考書を中心にした勉強は効率が悪いです。

なぜなら、参考書は無駄な知識も豊富に掲載されているからです。

例えば日本史は江戸時代以降が圧倒的に出題されています。

であれば、参考書も江戸時代以降を手厚く収録しているはずですよね。

でも、実際は縄文時代や奈良時代あたりの出題がほとんどない分野もそれなりに多く扱っていたりします。

あなたも勉強するときは律義に1ページ目から勉強したりしていませんか?

だとすれば、無駄な知識を勉強していることになりますよね。

だから、参考書を中心とした勉強は効率が悪いのです。

公務員試験 参考書の使い方

参考書は辞典代わりに使いましょう

これから紹介する過去問集を行いつつ覚えにくい箇所、解説に載っていない部分を補うために使うわけですね。

公務員試験 過去問を使って勉強することが重要

それぞれ勉強のスタイルは様々だと思いますが、一般的な勉強のイメージは、

  1. 参考書(教科書)を読んで、基礎をたたきこむ
  2. 問題集を使って、知識の確認をする。
  3. 過去問を使って、本番レベルの確認と知識の確認をする。

ではないでしょうか。

高校受験や大学受験だと、このような流れで勉強した人が多いと思います。しかし、公務員試験ではNGな勉強方法です

なぜなら、公務員試験で出題される問題は80%以上が過去に出題された問題、もしくは類問だからです。

例えば世界史はものすごく範囲が広い科目ですよね。

県職員や市役所の試験では2~3問出るので勉強しないといけません。

実際に出題された問題を分析すると中国史や第1、2次世界大戦に関する問題が多く出ていることがわかります。

過去問集を作成している予備校はこういった情報を多く持っているため、頻出分野の問題数が多く作られている傾向にあります。

つまり参考書を使って闇雲に無駄な勉強をするよりも出るところを多く収録した過去問を繰り返し勉強した方が圧倒的に効率的ということです。

公務員試験 テキスト(参考書)の選び方

では、実際にテキストを選ぶうえで気にかけておくといいポイントを紹介します。

  • 解説の詳しさ
  • テキストの構成
  • 重要度の表記

解説の詳しさ

基本的に1冊の過去問集を繰り返して勉強します。

そのため解説が丁寧で詳しいテキストを選びましょう。

多くの受験者が使っている代表的なテキストは、

  • スーパー過去問ゼミ
  • クイックマスター
  • 出たDATA問

です。

このうち、最も解説が詳しいのはクイックマスターです。

逆に解説が少ないのは出たDATA問。

より多くの知識をインプットしようとするならば、クイックマスターがいいということになります。

テキストの構成

構成もテキストによって様々です。

例えばスーパー過去問ゼミは「章のはじめに問題、章の最後に解答」という形式です。

クイックマスターは問題と解答が表裏されています。

出たDATA問は問題と解答が分離できる仕様です。

このようにテキストによって使い勝手が異なります。

重要度の表記

科目ごとに出題されやすい分野とそうでない分野があります。

勉強をはじめるまえに重要度が分かれば、優先順位をつけることができますよね。

無駄な勉強をせずに知識をインプットできるので、重要度が表記されていることは必須です。

公務員試験 おすすめの参考書

効率よく勉強していくには、科目によってテキストを使い分ける必要があります。

一般知能と一般知識で使える、使いやすいテキストは違うので分けて紹介しますね。

公務員試験 一般知能で使える参考書

  • 畑中敦子×津田秀樹の「数的推理」勝者の解き方 敗者の落とし穴NEO
  • 畑中敦子の「数的推理・判断推理」合格トレーニング
  • 出口汪 現代文講義の実況中継(2)
  • 出たDATA問 5 文章理解
  • 速読速聴・英単語 Core 1900

基本的に公務員試験は過去問集を使って勉強することがセオリーです。

しかし、一般知能については解法や解くためのパターンを身につけることが必須となります。

1問あたり3分程度で正解をださなくてはいけない試験なので速答は必須。

そのために多くの解法(テクニック)を勉強する必要があります。

畑中敦子×津田秀樹の「数的推理」勝者の解き方 敗者の落とし穴NEO

この参考書は「数学ができなくても、数的はできる! 「数的」ならではの解き方を紹介!」がキャッチコピーの1冊で、「数的推理や判断推理が苦手すぎて無理!」という人にオススメ。

掲載されている問題のレベルは、ほどよい良問が選出されています。

漫画や図解などが多く描かれており、とても丁寧に解法・解説が書かれているため頭に残りやすいです。高卒公務員試験にも十分使えるテキストです。

まずはこのテキストを使って、徹底的に解法パターンを頭に叩き込みましょう。

数的推理のほかに判断推理もあるので、セットで購入しましょう。

畑中敦子の「数的推理・判断推理」合格トレーニング

ある程度勉強したら、姉妹本である畑中敦子の「数的推理・判断推理」合格トレーニングで解法を使えるトレーニングを行います。

巷では「スーパー過去問ゼミ」が人気ですが、数的推理や判断推理では、無理して使う必要はありません。

模試などで完璧に正答できる力がついて、時間があるなら手を伸ばしてもいいでしょう。この2冊だけで十分点数を取ることができます。

あとは初めてみる問題にも対応できるように予備校の模擬試験などで実践力をつけていきましょう。

出口汪 現代文講義の実況中継(2)

現代文を読んで、すべての選択肢が正答に見える人っていますよね。

そういう読み方がわからない人におすすめの1冊です。

まずは、このテキストを使って文章の読み方を身につけることから始めましょう。

大学センター試験用のテキストですが、読解問題の読み方を中心に解説しています。これがとてもわかりやすい。

文章の読み方を知っている人はとくに必要ありません。

出たDATA問 5 文章理解

問題演習でオススメのテキストは、大手予備校の東京アカデミーが出版している「出たDATA問5 文章理解」です。

基礎編と実践編があり、問題収録数も十分あります。また、問題と解答が切り離して使えるため勉強がしやすい。

試験に関係なく問題演習量が必要なので、両方やることをおすすめします。

速読速聴・英単語 Core 1900

英文もある程度の基礎単語を覚えておく必要がありますが、単語帳を使って覚えるのは効果的ではありません。

英文も文章を読む練習をする必要があるため、できるだけ文章形式で覚えることのできる単語帳を使いましょう。

おすすめの単語帳はこの、Core1900です。

大学受験用の速読英単語でもいいのですが、このCore 1900は、公務員試験でよく出題される政治、自然、科学に関する英文が多数収録されています。

見慣れたワードが試験に出題されていることもあるためオススメ。

公務員試験 一般知識で使える参考書

  • 公務員試験 過去問ダイレクトナビ
  • 公務員試験 過去問 新クイックマスター
  • 公務員試験 新・光速マスター

公務員試験 過去問ダイレクトナビ

公務員試験の問題は5つの選択肢の中に1つの正答と4つの誤答で作られています。

過去問集の使い方はとてもシンプルで4つの誤答を正しい文章(正文化)になおして覚えていく勉強方法が一番効果的です。

本来であれば、問題集を買ってから選択肢を自分の手で正文化して勉強しますが、このダイレクトナビは、すでに正文化された状態で勉強することができます。

間違っている箇所は赤文字で正文化されており、付属の赤シートを使うことで真っ白な状態にすることも可能。

テキストの作りも、見開き1ページで勉強しやすい。(左ページに問題(正文化済み)、右ページに解説)

問題数は約100問近くあるため十分な知識を一気にインプットすることができる1冊です。

公務員試験 過去問 新クイックマスター

大手公務員試験予備校「LEC」が監修する過去問集。

テキストの構成が「書くテーマの要点をまとめたレジュメ」→「過去問」→「一問一答」と知識のインプットとアウトプットを同時にできる過去問集です。

この過去問集の良いところは、「解説がとても詳しい」点です。

日本史や世界史など範囲が膨大な科目はすべてに時間をかけて勉強するのは非効率。

この過去問集に載っている知識だけで十分正答することが可能です。

残念な点は、改訂により分厚く、重くなったことです。

持ち運びに不便なので、嫌な人は嫌だと思う1冊です。

公務員試験 新・光速マスター

短期間で効率よく覚えてしまうことができる要点整理テキスト

捨て科目にはしたくないが、あまり時間をかけて勉強したくないような科目に効果的。

覚えなくてはいけない語句が赤文字となっており、付属の赤シートを使うことで隠して覚えることができます。

サイズもハンディタイプなので持ち運びにも便利!通学、通勤時間を利用して覚えましょう。

とくに生物や地学、日本史or世界史などに有効

ちなみに、この新・高速マスターは過去問集で最も売れている「新・スーパー過去問ゼミ(スー過去)」の参考書的ポジションでもあります。

しかし、教養試験(一般知識)のスー過去はあまり使い勝手がよくないためオススメしません。

あくまで、短期的に詰め込むのに適したテキストです。

公務員試験 参考書マスターは落ちやすい

同じ参考書を何度も繰り返し使うことは実はすごく難しいこと。

やはり「新しい参考書が欲しい!」というのが人間の心理だと思います。

しかし、公務員試験においては新しい参考書を次から次へ買って勉強する人は意外と合格しないものです。

先程もいいましたが、公務員試験は同じ問題が繰り返し出題される試験です。

そのため新しい問題をたくさん解くよりも、同じ問題を繰り返し解いた方が効果的。

できるだけ1冊のテキストを使いこむようにしましょう。

公務員試験では「時事」の問題が頻出です。

毎日、新聞を読んで知識をインプットしていくのがいいです。でも、新聞なんて取ってますか?

意外とスマホアプリのほうが効果的に時事ネタを収集できます。

公務員試験 おすすめの参考書まとめ

どの公務員試験でも出題される問題の解き方は共通しています。

難しい問題が出題されても基礎ができていれば十分対応することができるため、試験によってテキストを買い替える必要はありませんよ。

自分で決めたテキストをぼろぼろになるまで、読み込んでいきましょう。

公務員試験 教養試験の内容
公務員試験 教養試験ってなに?まだ対策が必要な理由公務員試験は1次試験に基礎能力試験(教養試験)が実施されます。面接試験が重視される昨今ですが、まだ教養試験の勉強は必要です。理由は〇〇だから!本記事を参考に試験の内容や特徴を把握していきましょう。...
ABOUT ME
江本 浩大
江本 浩大
新卒で大手資格学校に就職→公務員課、企画課で5年間勤務、退職→某国立大学に転職→キャリア支援課、広報部を経験→8年間で退職→フリーランスとして関東地方を中心に大学や企業向けにコンサル業を展開。高卒・短大卒向けブログ(https://gms365.biz)も運営。