高卒で公務員試験を目指す人はこちら
地方公務員

埼玉県(庁)職員採用試験 倍率は下がり続ける一方!合格するなら今です~情報まとめ

埼玉県庁採用試験のまとめ

はじめまして、江本です。

本記事は「埼玉県職員採用試験(上級)の概要」を簡単に理解できるようにまとめています。

先日に下記ツイートをしました。

これを深堀していきます。

合格するには準備が必要でして、その準備をするためには試験について理解しておく必要がありますよ。

それでは見ていきましょう!

埼玉県(庁)職員採用試験 概要

埼玉県庁で公務員として働くには「埼玉県職員採用試験」に合格しなければいけません。

試験は年齢によって受験区分が違ってきます

下記に上級を受験できる年齢制限を書いているので参考にしてください。

埼玉県(庁)職員採用試験 募集区分

公務員と聞いたら事務職をイメージしませんか?

実は事務職の他にも技術職や資格職があるんですね。

大学の専門性を活かして公務員になれますし、倍率も低いので実はおすすめです。

上級で募集がある職種区分は次のとおり。

職種 仕事内容
一般行政(事務) 計画・立案、渉外・折衝、調査、検査、指 導、庶務・経理等の一般行政事務
福祉 ケースワーク、生活指導等の業務
心理 心理判定、心理療法等の業務
設備 県有施設の電気設備・機械設備等に関する 設計・積算、発注・契約、施工監理、保全・ 管理・運用、産業に関する試験・研究、浄 水場の運転管理等の業務
総合土木 道路・河川・都市計画・上下水道・農地・ 農業水利施設等に関する企画・設計・施工 監理等の業務
建築 建築指導、県有施設の設計・施工監理、都 市計画に関する企画等の業務
化学 大気・水質等の保全、公害発生原因に関す る規制・指導、産業に関する試験・研究、 上下水の水質管理等の業務
農業 農業・農村振興施策の企画・立案、農業経 営の指導援助、農業生産技術の普及指導、 農業に関する試験・研究の業務
林業 森林の整備・保全、治山等に関する企画・ 設計・施工監理、林業技術の普及指導、林 業に関する試験・研究の業務
学校事務 庶務・経理等の学校事務
薬剤師 薬事・毒物等の監視、食品衛生・環境衛生に 関する監視等の業務
獣医師 食品衛生・環境衛生に関する監視、狂犬病予 防、と畜検査、家畜防疫、畜産に関する試験・ 研究の業務
保健師 病気の予防や健康に関する相談、市町村支援 等を通じた地域保健活動の推進等の業務
管理栄養士 食の安全・栄養・健康関連の政策形成、給食 施設の指導、栄養相談・調査、市町村支援、 食育の推進、病院での栄養管理等の業務

埼玉県(庁)職員採用試験 日程

2019年(令和2年度)の試験日程(大学卒)は次のとおり。

受付期間 5月8日(水)~21日(火)
1次試験 6月23日(日)
2次試験 7月8日(月)~8月15日(木)
最終合格発表 8月下旬

埼玉県(庁)職員採用試験 年齢制限

上級試験は29歳まで受験することができます。

2019年(令和2年度)の年齢制限は次のとおり。

募集職種 年齢制限
一般行政 21歳~29歳
福祉 21歳~29歳
心理 21歳~29歳
設備 21歳~29歳
設備(新方式) 21歳~29歳
設備(警察) 21歳~29歳
総合土木 21歳~29歳
総合土木(新方式) 21歳~29歳
建築 21歳~29歳
建築(新方式) 21歳~29歳
化学 21歳~29歳
農業 21歳~29歳
林業 21歳~29歳
小・中学校事務 21歳~29歳
警察事務 21歳~29歳
薬剤師 23歳~31歳
獣医師
保健師 20歳~29歳
管理栄養士 21歳~29歳

埼玉県(庁)職員採用試験 倍率

2019年(令和2年度)の平均倍率は4.3倍でした。

昨年度4.9倍と比べて下がった結果となりました。

民間企業の採用率が良いと公務員試験を希望する人が減少するため近年はチャンスとなっています。

例えば10年前の行政職(事務)は13.7倍という高倍率でした。

それが今は4倍ですから合格しやすくなった。と、いってもいいですね。

詳細は以下の通り。

埼玉県(庁)職員採用試験 2019年(令和2年度)の倍率

区分 受験者 合格者 倍率
一般行政 1251 241 5.2
福祉 88 33 2.7
心理 36 13 2.8
設備 57 19 3.0
総合土木 88 35 2.5
建築 19 10 1.9
化学 39 9 4.3
農業 50 17 2.9
林業 14 6 2.3
学校事務 166 24 6.9
警察事務 135 39 3.5
薬剤師 35 8 4.4
獣医師 30 13 2.3
保健師 26 11 2.4
管理栄養士 41 3 13.7



埼玉県(庁)職員採用試験 2018年(平成31年度)の倍率

区分 受験者 合格者 倍率
一般行政 1458 244 6.0
福祉 65 32 2.0
心理 31 11 2.8
設備 64 17 3.8
総合土木 102 45 2.3
建築 22 6 3.7
化学 62 14 4.4
農業 65 16 4.1
林業 16 7 2.3
学校事務 219 26 8.4
警察事務 172 34 5.1
薬剤師 42 6 7.0
獣医師 28 18 1.6
保健師 19 10 1.9
管理栄養士 23 3 7.7

埼玉県(庁)職員採用試験 2017年(平成30年度)の倍率

区分 受験者 合格者 倍率
一般行政 1448 252 5.7
福祉 69 27 2.6
心理 38 13 2.9
設備 60 22 2.7
総合土木 121 44 2.8
建築 18 7 2.6
化学 70 5 14.0
農業 62 16 3.9
林業 12 6 2.0
学校事務 219 29 7.6
警察事務 149 25 6.0
薬剤師 41 13 3.2
獣医師 36 16 2.3
保健師 20 8 2.5
管理栄養士 33 2 16.5

埼玉県(庁)職員採用試験 内容

1次試験 教養試験
専門試験
2次試験 個人面接
集団討論
論作文

埼玉県(庁)職員採用試験 教養試験

教養試験は「一般知能」と「一般知識」から出題される試験です。

一般知能は公務員試験で特有の科目で「数的推理」「判断推理」といった科目から出題があります。

詳しくは「公務員試験 教養試験(基礎能力試験)の傾向、過去問〜一般知能編〜」を参照。

一般知識は高校までに勉強してきた科目を中心に構成されており「人文科学」「社会科学」「自然科学」から出題があります。

詳しくは「一般知識は苦手な受験者が多い?|特徴と傾向を把握」を参照。

特徴は試験科目が多いので傾向をつかんで勉強をはじめることが重要!

傾向を「埼玉県庁 試験科目をみれば対策は楽に!〇〇を攻略せよ!」でまとめています。

埼玉県(庁)職員採用試験 専門試験

専門試験は職種に応じた専門知識を問われます。

教養試験と同じように科目数が多いので、傾向を掴むことが重要!

傾向を「埼玉県庁 専門試験は4科目の攻略が重要」で確認しましょう。

埼玉県(庁)職員採用試験 個人面接

個人面接は二次試験に実施されます。

配点が300点あって、1番高いです。

最近は人物面がとても重視される傾向なので覚えておきましょう。

埼玉県庁 面接試験の傾向
埼玉県(庁)職員採用試験 面接の攻略に役たつ情報まとめ埼玉県庁の二次試験で個人面接や集団討論があります。傾向を知って、質問内容を確認して準備しましょう。...

埼玉県(庁)職員採用試験 集団討論

集団討論は二次試験に実施されます。

テーマについてグループで意見交換を行い問題解決を図る試験です。

積極性やリーダシップなどが評価されます。

埼玉県庁 面接試験の傾向
埼玉県(庁)職員採用試験 面接の攻略に役たつ情報まとめ埼玉県庁の二次試験で個人面接や集団討論があります。傾向を知って、質問内容を確認して準備しましょう。...

埼玉県(庁)職員採用試験 論文試験

論文試験は二次試験に実施されます。

テーマについて社会的背景をもとに自分の経験などを盛り込んで執筆します。

時事的な知識や文章構成能力などが評価されます。

埼玉県庁 論文の過去問
埼玉県(庁)職員採用試験 論文は何文字書けばいいの?|傾向を教えます。埼玉県庁は二次試験に論作文があります。文字数ってどれくらい?上達するコツや勉強法は?知りたい人は参考にしてください。...

埼玉県(庁)職員採用試験のまとめ

  • 倍率は下降傾向
  • 試験数は多い
  • 難易度は高め

埼玉県職員に合格するには多くの試験にクリアしなくてはいけません!

一発合格を狙うなら今すぐにでも対策をはじめましょう!

ただ闇雲に対策をしても無駄ばかりできるので本ブログを参考に効率よく対策するようにしましょう!

ABOUT ME
江本 浩大
江本 浩大
新卒で大手資格学校に就職→公務員課、企画課で5年間勤務、退職→某国立大学に転職→キャリア支援課、広報部を経験→8年間で退職→フリーランスとして関東地方を中心に大学や企業向けにコンサル業を展開。高卒・短大卒向けブログ(https://gms365.biz)も運営。