高卒で公務員試験を目指す人はこちら
地方公務員

埼玉県(庁)職員採用試験 専門は科目選択が重要|傾向まとめ

埼玉県庁 専門の過去問

こんにちは、江本です。

本記事は「埼玉県職員採用試験(上級) 専門試験」に関する情報をまとめています。

先日、こんなツイートをしました。


堅苦しい条文や法令がたくさん出題されますし、難しいイメージをもつ受験者も多いです。

もちろん試験なので傾向や攻略法は存在します。

まずは本記事を参考にして傾向をつかんでいきましょう。

埼玉県庁採用試験のまとめ
埼玉県(庁)職員採用試験 倍率は下がり続ける一方!合格するなら今です~情報まとめ埼玉県庁採用試験の倍率は〇倍、10年前に比べて激減。合格のチャンスは増加しています。試験日程、内容、年齢制限を確認して対策をしましょう!...

埼玉県(庁)職員採用試験 専門試験の傾向

実施 一次試験
試験時間 120分
問題数 50問
形式 マークシート

専門試験は一次試験に実施されます。

試験時間は120分で、40~50問の問題に答えます。

形式はマークシートで5つの選択肢から1つを選んで解答します。

受験する区分によって内容が違うので注意が必要。

埼玉県(庁)職員採用試験 専門試験の科目

区分 出題分野
一般行政 政治学、社会政策、行政学、憲法、行政法、民法、刑法、労働法、経済学(経済原 論、経済政策、経済史)、財政学、国際関係、経営学
福祉 社会福祉概論(社会保障を含む)、社会学概論、心理学概論(社会心理学を含む)、 社会調査
心理 一般心理学(心理学史、発達心理学、社会心理学を含む)、応用心理学(教育心理学・ 産業心理学・臨床心理学)、調査・研究法、統計学
設備 数学・物理、電磁気学・電気回路、電気計測・制御、電気機器・電力工 学、電子工学、情報・通信工学
総合土木 数学、水理学、応用力学、土壌物理、測量、材料・施工、農業水利・土 地改良・農村環境整備、農業土木構造物、農学一般、農業機械
建築 数学・物理、構造力学、材料学、建築史、環境原論、建築計画、都市計画、建築構 造、建築施工、建築設備
化学 数学・物理、物理化学、分析化学、無機化学・無機工業化学、有機化学・有機工業 化学、化学工学
農業 栽培学汎論、作物学、園芸学、育種遺伝学、植物病理学、昆虫学、土壌肥料学、植 物生理学、畜産一般、農業経済一般
林業 森林政策・森林経営学、造林学(森林生態学、森林保護学を含む)、林業工学、砂防 工学、林産一般

埼玉県(庁)職員採用試験 専門試験の特徴

科目選びがポイントです。

埼玉県の専門試験は50問のうち40問を選択して解答する形式です。試験時間は120分。

自分の好きな科目を選択して解くことができるので勉強を始める前にある程度勉強する科目を絞ることができますね。

オススメする科目は、

  • 憲法
  • 民法
  • 行政法
  • 経済学

の4科目です。

なぜなら、この4科目だけで得点の70%(28問)を占めているからです。

1科目あたりの出題数も多いので優先して勉強するようにしましょう。

埼玉県(庁)職員採用試験 専門試験の勉強法

試験科目が多いので、出題数の多い科目から勉強するようにしましょう。

問題は50問から40問を選んで解答する方式です。

そのため科目によっては勉強しなくてもいいため、出題数を把握することが大切になってきます。

科目ごとの出題数は次の通り。

憲法 4問 民法 6問
行政法 5問 労働法 2問
刑法 2問 経済学 13問
財政学 4問 経済政策 2問
行政学 2問 政治学 2問
国際関係 3問 社会政策 3問
経営学 2問

経済学が得意な人は財政学や経済政策などが、経済原論と重なる部分があるためおすすめです。

法律系が得意な人は刑法や労働法などがおすすめです。

ベースとなる4科目(憲法、民法、行政法、経済学)にプラスして2~3科目を中心に取り組みましょう。

過去問集を使って勉強する

過去問集を使って勉強しましょう。

理由は過去に出題された判例や類問がよく出題されるからです。

問題を解くために必要な知識は年度によって変わることはなく、知っておかないといけない知識は同じです。

なので過去問を使って同じ問題を何度も解くことが専門試験の攻略で重要なことです。

埼玉県(庁)職員採用試験 おすすめの参考書

おすすめの過去問集は「クイックマスター」です。

クイックマスター見開き左に問題、右に解説という構成でして勉強がしやすいです。

勉強は正文化という手法を使っておこないます。

正文化とは選択肢の間違い箇所を正しい文章に直して読み進める勉強法で公務員試験の王道勉強法です。

見開きに問題と解答があるクイックマスターは正文化がしやすいためおすすめです。

問題数や解説の量も適切、章のはじめにポイントをまとめたレジュメがついている点も評価です。

有名な過去問集で「スーパー過去問ゼミ」もありますが、クイックマスターの方が使いやすいですよ。

埼玉県(庁)職員採用試験 専門試験の過去問はどこで入手できる?

ただ残念なことに埼玉県をはじめとする都道府県(東京を除く)は試験問題を持って帰ることができないため過去問がありません。

書店で販売されている過去問の多くは国家公務員や東京都、特別区の問題を用いて作成されています。(一部、復元問題もあります)

しかし、試験レベルや傾向に大差はないので上記で紹介した過去問集を使いましょう。

公務員試験 過去問の手に入れ方
公務員試験の過去問はどこで入手できるの?公務員試験の過去問を探していませんか?本記事では公務員試験の過去問を手に入れる方法を書いています。これから公務員試験を受験しようと思っていて、内容の確認やレベルの把握をしたい。と思っている人に役立つ内容となっています。...

埼玉県(庁)職員採用試験 専門試験の過去問

AがBに対する貸金債権をCに譲渡した場合に関する次の記述のうち妥当なのはどれか。ただし,争いがある場合は判例による。

1  A・C間の債権譲渡が成立するにはAがBに通知し又はBがこれを承諾しなければならず,通知又は承諾を欠く場合,A・C間においても債権譲渡は無効である。

2  BがA・C間の債権譲渡を知っていた場合,Bへの通知又はBの承諾がなくても,CはBに対し債権を行使することができる。

3  A・C間の債権譲渡の通知がBにされ,その後,A・C間の債権譲渡契約が解除された場合,AがBに対し債権を行使するには,解除された旨の通知又はその承諾は不要である。

4  Aがこの債権を,3月1日にCに譲渡し,3月2日にDに譲渡した。AはBにそれぞれの日付で確定日付のある証書による通知をしたが,A・D間の譲渡の通知がA・C間の譲渡の通知よりも先にBに到達した。この場合,通知の到達順でD がC に優先する。

5  A がこの債権を,3月1日にCに譲渡し,3月2日にDに譲渡した。AはBにそれぞれの日付で確定日付のある証書による通知をしたが,A・C間の譲渡の通知とA・D間の譲渡の通知が同時にBに到達した。この場合,確定日付の順でCがDに優先する。

埼玉県(庁)職員採用試験 専門試験のまとめ

  • 問題は50問から40問を選択して解答
  • 憲法、民法、行政法、経済学が重要(総得点の70%)
  • 過去問を使って勉強する

配点は教養試験と同じ100点満点ですが、基準点が設定されています(30点)。

基準点を下回った時点で不合格になります。

ABOUT ME
江本 浩大
江本 浩大
新卒で大手資格学校に就職→公務員課、企画課で5年間勤務、退職→某国立大学に転職→キャリア支援課、広報部を経験→8年間で退職→フリーランスとして関東地方を中心に大学や企業向けにコンサル業を展開。高卒・短大卒向けブログ(https://gms365.biz)も運営。