国家公務員

【高卒】裁判所職員(事務官)採用試験 作文試験 傾向×過去問他

裁判所職員(高卒)の作文試験って何がでるの?
裁判所職員(高卒)の作文試験の傾向は?
裁判所職員(高卒)の問題ってどんな問題なの?

このような情報を求めている方、多いのではないでしょうか。

本記事では「裁判所職員(高卒)職員」を目指している人に向けて、作文試験の『傾向』や『過去問』などについて書いていきます。

作文試験は、筆記試験で判断することができない受験生の「仕事に対する熱意ややる気」「考え方」「人間性」などを評価する試験です。

筆記試験だけで判断すると、勉強だけできる人が有利になりますよね。しかし、「勉強ができる人=人間性がいい。」ということにはなりません。

そのために筆記試験以外で評価するために作文試験が行われています。

裁判所職員(事務官)高卒 採用試験 作文試験の特徴

作文試験は1次試験に実施されます。

作文試験は、受験者の「仕事への熱意や情熱」「論理的思考力」「人間性」などを評価する試験です。

「勉強ができる=仕事ができる、人間的に魅力」とは、成りませんよね。

そういった側面を筆記試験以外の方法で、確認するために作文試験や面接試験などの人物試験が課されています。

試験時間は50分、字数制限はありません。この場合、600字~800字を目安として書けるように準備しておきましょう。

文字数が極端に少ないと、採点されない(減点)ことがあります。

裁判所職員(事務官)高卒 採用試験 作文試験 過去問

インターネットとの関わりについて(平成29年実施)

私を変えた一言、忘れられない一言(平成28年実施)

もう一度挑戦したいこと(平成27年実施)

裁判所職員(事務官)高卒 採用試験 作文試験の評価

作文試験は主に3つの着眼点に従って評価をされます。

作文を書くときに注意して書くようにしましょう。
①内容
・課題をしっかり把握できているか。文章は短すぎないか。
・文章として成立しているか。幼稚すぎる内容でないか。

②表現
・内容はわかりやすく、まとまっているか。
・用語や表現は適切か。

③文字
・誤字やあて字が多すぎないか。
・字体はくずさず、丁寧・綺麗に書けているか。

とくに③文字については、日頃から気をつけて書くようにしておかないと当日に書くことは難しいです。練習の段階から気にして書くようにしましょう。