高卒で公務員試験を目指す人はこちら
国家公務員

裁判所事務官(高校卒) 教養試験の傾向と勉強法

前回『高卒だけど裁判所事務官になりたい!日程と試験内容を確認』に引き続き、高卒で裁判所事務官に合格するための試験情報を書いています。今回は「筆記試験の攻略法」をお送りします。

裁判所事務官を受験する人

筆記試験の内容が知りたい人

傾向や過去問が知りたい人 など。

高卒で裁判所事務官になる。作文試験の傾向と過去問 前回『裁判所事務官(高校卒) 教養試験の傾向と勉強法』に引き続き、高卒で裁判所事務官に合格するための試験情報を書いています。今...
裁判所事務官 面接試験で聞かれる内容は?個人面接攻略法 前回『高卒で裁判所事務官になる。作文試験の傾向と過去問』に引き続き、高卒で裁判所事務官に合格するための試験情報を書いています。...

裁判所事務官(高校卒) 筆記試験の特徴

1次試験に公務員試験オリジナルの問題『基礎能力試験(教養試験)』が実施されます。

試験は「一般知能分野」と「一般知識分野」で構成されており、中学・高校で勉強してきた内容からも出題があります。

一般知能分野の出題科目は、

数的処理(数的推理)
課題処理(判断推理・空間把握)
資料解釈
文章理解(現代文)
文章理解(英文)

と、なっています。

多くが公務員試験独特の問題で、苦手な受験者が多いという特徴があります。

関連記事 公務員試験 教養試験(基礎能力試験)の傾向、過去問〜一般知能編〜

一般知識分野の出題科目は、

政治 経済 社会・時事
日本史 世界史 地理
国語 思想(倫理) 数学
物理 化学 生物
地学

と、なっています。

一部、中学・高校で勉強してきた内容からの出題もありますが、多くは公務員試験独特の問題です。

科目数が多く、対策にてこずる受験者が多いい特徴があります。

関連記事 一般知識は苦手な受験者が多い?|特徴と傾向を把握

裁判所事務官(高校卒) 教養試験の傾向

例年、「一般知能24問」、「一般知識21問」、合計45問の出題があります。

試験時間は100分で、配点比率は20分の9。試験の中で、一番配点が高い試験です。

高得点を取るためには出題数の多い科目から優先して勉強することが重要です。

下に科目ごとの出題数をまとめています。参考にしてください。

一般知能の科目別出題数は、

科目 出題数
数的処理(数的推理) 4問
課題処理(判断・空間) 9問
資料解釈 2問
文章理解(現古文) 6問
文章理解(英文) 3問

と、なっています。

公務員試験 受かる参考書はこれだ!|おすすめテキストレビュー公務員試験で合格するためには、勉強で使うテキスト(参考書、問題集、過去問)がとても重要。しかし、多くの参考書が販売されていて、どの参考書が良いのわからない。本記事では、合格するために最適なテキストを紹介しています。まずは、教養試験の一般知能編をおおくりします。...

一般知識は、中学・高校で勉強してきた馴染みのある科目から出題があります。しかし科目数が多く、広範囲の知識を必要とするため全ての科目を勉強することは難しいです。

もちろん、高校1年生からコツコツと準備できればいいですが、多くの受験生が長くて1年~半年の期間で試験を迎えるはずです。

半年間で全科目を攻略することは、時間帯効果で考えても効率が悪いため、必要な科目と部分的に必要な科目を見極めて対策をすることが重要となります。

一般知識分野の科目別出題数は、

科目 出題数
政治 2問
経済 1問
社会・時事 4問
思想 1問
日本史 2問
世界史 2問
地理 2問
国語 1問
数学 2問
物理 1問
化学 1問
生物 1問
地学 1問

と、なっています。

公務員試験 一般知識の傾向と過去問
一般知識は苦手な受験者が多い?|特徴と傾向を把握本記事では公務員試験で出題される教養試験の一般知識について書いています。 公務員試験を受験する人  教養試験の傾向を知...

裁判所事務官(高校卒) 教養試験の過去問

【数的処理】濃度16%の食塩水が200gある。この食塩水からある量の食塩水をくみ出し、同量の水を加えた後、よくかき混ぜた。

しばらくしてから、再び最初にくみ出した食塩水と同量の食塩水をくみ出し、同量の水を加えた後、よくかき混ぜると、濃度9%の食塩水が200gできた。

このとき、最初にくみ出した食塩水の量はいくらか。

1.14g
2.43,75g
3.50g
4.70g
5.87,5g

【課題処理】A~Dの4人の出身地は仙台、横浜、大阪、福岡のいずれかであり、職業は陶芸家、教師、小説家、政治家のいずれかである。

次のア~エのことが分かっているとき、確実にいえるものはどれか。

ア Aと仙台出身の政治家は夫婦であるが、教師は独身である。

イ 陶芸家とA不才の人は休日にテニスをするが、Bはスポーツをしない。

ウ Cは大阪出身であり、小説家は横浜出身ではない。

エ 同じ出身地又は同じ職業の者はいない。

1.Aの出身地は横浜である。

2.Bの職業は小説家である。

3.Dの職業は陶芸家である。

4.陶芸家の出身地は横浜である。

5.小説家の出身地は福岡である。

【政治】わが国の安全保障に関する次の出来事が起こった時期として最も適当なものはどれか。ただし、A〜Dの記述は年代順に並んでいるものとする。

・アメリカで同時多発テロが起こり、アメリカを中心とする有志連合が、アフガニスタン攻撃を行った。

・日本では、テロ対策特別措置法が制定され、自衛隊が派遣された。

A安保闘争と言われる反対運動の中、旧日米安全保障条約を全面的に改定した日米安全保障条約が調印された。

B沖縄返還協定が調印された翌年に沖縄は本土復帰を果たしたが、アメリカ軍による用地の使用は継続された。

CPKO協力法に基づき、カンボジアの停戦監視や復興支援のために、自衛隊が派遣された。

D海賊対処法に基づき、全ての国の船舶を海賊行為から防護するために、ソマリア沖のアデン湾に自衛隊が派遣された。

1  Aより前
2  AとBの間
3  BとCの間
4  CとDの間
5  Dより後

裁判所事務官(高校卒) 教養試験の難易度と合格ライン

公務員試験(高卒)のなかでトップレベルのむずかしさです。

平均点は45点中20点前後です。1次試験の倍率は低い地域で5倍前後、高い地域では20倍を超えることも。

合格ラインは目安7割以上、1次試験の倍率が10倍を超える地域(大阪、福岡、札幌)は8割以上の点数は取れるようにしておく必要があります。

終わりに

高卒で裁判所事務官に合格する方法『筆記試験の攻略』についてでした。

公務員試験の教養試験は出題科目が多いため、対策に時間がかかることを覚えておきましょう。

次回は「作文試験の攻略法」について書いていきます。

Next Stage  高卒で裁判所事務官になる。作文試験の傾向と過去問

 


ABOUT ME
江本 浩大
江本 浩大
新卒で大手資格学校に就職→公務員課、企画課で5年間勤務、退職→某国立大学に転職→キャリア支援課、広報部を経験→8年間で退職→フリーランスとして関東地方を中心に大学や企業向けにコンサル業を展開。高卒・短大卒向けブログ(https://gms365.biz)も運営。