高卒で公務員試験を目指す人はこちら
京都市役所

京都市職員採用試験 教養試験は独特の出題?傾向を確認せよ!

京都市役所 教養試験の過去問

こんにちは、江本です。

本記事は「京都市役所採用試験(6月実施) 教養試験」に関する情報をまとめています。

下記ツイートをしました。

京都市の問題は特殊な傾向です。

ぜひ、確認して勉強するようにしましょう。

京都市役所採用試験の傾向
京都市職員採用試験 倍率は低いからねらい目?情報まとめ京都市役所採用試験の概要をまとめています。日程や内容、倍率などを確認して合格に向けた準備をはじめましょう。...

京都市職員採用試験 教養試験の傾向

実施 1次試験
試験時間 90分
問題数 30問
形式 マークシート

教養試験は1次試験に実施されます。

試験時間90分で、30問に解答。

形式はすべてマークシートです。

京都市職員採用試験 教養試験の科目

一般的な公務員試験とは出題科目が違うので注意が必要です。

通常、公務員試験の教養試験は「一般知能分野」と「一般知識分野」から成り立っているのですが、京都市の場合、

  • 一般知能分野(数的推理、判断推理、空間把握、資料解釈、文章理解)
  • 社会時事

の2分野から出題されます。

つまり日本史や物理といった科目からの出題がないんですね。

覚えておきましょう。

京都市職員採用試験 教養試験の勉強法

公務員試験は科目数が多いので、効率よく勉強することが大切です。

効率よく勉強するには科目ごとの出題数を把握して、優先順位を立てるようにしましょう。

科目ごとの出題数は次のとおり。

科目 問題数
数的推理 5問
判断推理 6問
空間把握 4問
資料解釈 1問
文章理解(現代文) 3問
文章理解(英文) 5問
文章理解(古文) 1問
時事 5問

優先して勉強すべき科目は、

  • 判断推理 6問
  • 数的推理 5問
  • 文章理解(英文) 5問
  • 時事 5問

ということがわかりますね。

京都市職員採用試験 おすすめの参考書

勉強では過去問集を使って行いましょう。

理由は、出題される問題の多くが過去に出題された問題の類問や解き方が同じ問題だからです。

とくに数的推理や判断推理は速答するための解法パターンが存在します。

テクニックを取り入れつつ演習をこなすことが最善の勉強法なのでおすすめですよ。

使える参考書は「畑中敦子シリーズ」です。

京都市職員採用試験 教養試験の過去問

京都市職員採用試験 教養試験の過去問(数的推理)

A~Dの4人の子供がおり、Aがボールを1個持っている。4人が次のルールに従い、ボールを受け渡していくとき、受け渡し方は何通りあるか。

・Aは他の3人の子供のうち、いずれか1人にボールを渡す。

・ボールを受け取った子供は、直前にボールを持っていた子供には渡せず、一度ボールを渡した子供にも渡せない。

・Aがボールを受け取った時点で、ボールの受け渡しが終わる。

・B~Dは、ボールを何度も受け取ってもよく、またボールを1度も受け取らなくてもよい。

1.12通り
2.15通り
3.18通り
4.21通り
5.24通り

京都市職員採用試験 教養試験の過去問(判断推理)

あるクラスで各人の持ち物について調べたところ、次のようであった。このとき確実に言えるのはどれか。

・ボールペンと蛍光ペンの少なくとも一方を持っている人は、手帳を持っている。

・手帳を持っている人は、腕時計も持っている。

・腕時計を持っている人は、蛍光ペンも持っている。

1.ボールペンを持っている人は、蛍光ペンを持っている。

2.蛍光ペンを持っている人は、ボールペンを持っている。

3.蛍光ペンを持っていない人は、腕時計を持っている。

4.手帳を持っている人は、ボールペンを持っている。

5.腕時計を持っている人は、ボールペンを持っていない。

京都市職員採用試験 教養試験の過去問(社会時事)

近年の法律の改正・制定に関する次の記述のうち妥当なのはどれか。

1 選挙権年齢は、憲法改正の国民投票権の年齢が満18歳以上になったことを受け、満18歳以上に引き下げられた。満18・19歳の者は選挙運動が解禁され、重大な選挙犯罪をした場合に刑事処分を受けることがある。

2 犯罪の取調べの可視化は、供述を客観的な証拠としたい警察・検察の強い要望があり、法律が改正された。これにより、被疑者の取調べはすべて録音・録画することが義務付けられた。

3 障害者差別解消法は、障害の差別的取扱を禁止し、障害者に対する合理的配慮を行うことを義務付けた。この法律の対象は国や地方公共団体などの行政機関であり、民間事業者は対象外である。

4 労働者派遣法が改正され、派遣期間の制限が見直された。労働者の承諾があれば、企業は同じ人を派遣労働者として、期間に制限なく同一業務で受け入れることができる。

5 女性の再婚後の子どもの父子関係を定めるため、女性のみ6か月の再婚禁止期間が設けられていたが、親子関係はDNA鑑定等で判別できるので、再婚禁止期間は、これを設けること自体が違憲で、撤廃された。

京都市職員採用試験 教養試験のまとめ

一般知能は攻略するまでに時間がかかる科目です。

苦手な人は多い内容ですので、早めに対策をはじめてできるようにしておきましょう。

公務員試験 一般知能の勉強法
公務員試験 一般知能ってどんな科目?勉強法まとめ公務員試験は一次試験で筆記試験(教養試験と専門試験)が実施されます。本記事では教養試験のひとつである一般知能科目について傾向や特徴、過去問などの情報を書いています。はじめて公務員試験を受験する人に役立つ記事です。...
ABOUT ME
江本 浩大
江本 浩大
新卒で大手資格学校に就職→公務員課、企画課で5年間勤務、退職→某国立大学に転職→キャリア支援課、広報部を経験→8年間で退職→フリーランスとして関東地方を中心に大学や企業向けにコンサル業を展開。高卒・短大卒向けブログ(https://gms365.biz)も運営。