高卒で公務員試験を目指す人はこちら
国家公務員

国税専門官 面接は精神的にタフじゃないとダメな理由

国税専門官 個人面接の受かる人
国税の2次に個人面接があるけど、傾向が知りたい。どんなこと聞かれているの?

という疑問に回答します。

はじめまして、江本です。

これまで資格学校の公務員課で5年間、国立大学のキャリア支援課で8年間ほど公務員試験の指導をしてきました。その経験から記事を書いています。

国税専門官の2次試験を控えている人

個人面接の傾向が知りたい人

質問された内容が知りたい人 など。

個人面接の配点は全体の22%。

あまり高くはありませんが、一定の評価をもらわないと合格できません。

せっかく筆記試験で点数が取れているのに、面接で評価がつかないのはもったいないですよね。

評価をつけてもらうには筆記試験と同じように傾向やテクニックがあるので、対策をはじめる前に知っておきましょう。

本記事を読むことで傾向や聞かれた内容を確認できます。

国税専門官 試験のまとめ
国税専門官 試験の難易度は高い!?情報まとめ国税専門官に合格したい人必見!試験の難易度が高い理由は〇〇。まずは概要(日程、内容、倍率)を知ることから始めましょう!...

公務員試験 面接試験とは

公務員試験は就職試験なので面接試験が実施されます。

面接試験は全ての試験で実施されており、自治体によっては筆記試験を廃止して面接試験の回数を増やしているところもあります。

面接試験の種類も多く、「個人面接」「集団面接」「集団討論」「プレゼンテーション」などがあります。

個人面接はどの試験でも共通してありますが、その他の試験は自治体によって実施の有無は違うため実施要綱の確認が必須です。

国家公務員は筆記試験の配点がまだまだ高い傾向にありますが、地方公務員は面接試験重視なので覚えておきましょう。

国税専門官 面接試験の傾向

実施 2次試験
種類 個人面接
試験時間 15分
面接官 3人

国税専門官の面接試験は2次試験に実施されます。

試験内容は個人面接で3人の面接官に評価されます。

評価方法はA~Eの5段階評価でD、E評価がつくと不合格

面接は1次試験の合格通知に封入されている「面接カード」をもとに質問されます。

自分が1番話せる内容を盛り込んで作成するようにしましょう。

国税専門官 面接カードの内容

  1. 最終学歴
  2. 職歴
  3. 志望動機・受験動機(150字程度)
  4. 専攻分野・得意分野(150字程度)
  5. 最近関心や興味を持った事柄(120字程度)
  6. 印象深かったこれまでの体験(120字程度)
  7. 自己PR(150字程度)
  8. 趣味、特技など(120字程度)

面接カードを作成するうえでのポイント

面接カードで注意する点は次の通り。

  • 字は見やすく、きれいに書く
  • 誰が見ても意味がわかるように書く
  • 具体的な例をいれる

とくに「見やすく、きれいに書く」は重要です。

もし、あなたが顔も知らない異性からラブレターをもらったとして汚い手紙だったら会いたいと思いますか?

思いませんよね。

面接カードも同じで書いてある内容も大切ですが、それ以前に見た目がとても大切。

時間をかけて丁寧に仕上げましょう。

ちなみにボールペンを使って記入するので書きやすいボールペンを選ぶのも重要ですよ。

国税専門官 面接試験の評価ポイント

面接でみられるポイントは次の5つ。

評価項目 着眼点
積極性 率先して行動できるか
熱意や意欲を持って取り組むことができるか
協調性 他人を思いやることができるか
集団の中でもやっていけるか
責任感 自覚的に行動し、身勝手な行動はしていないか
まじめで信頼できる人物か
精神安定性 場に応じた自己規制をすることができるか
困難に直面しても冷静に対応できるか
表現力 話している内容に一貫性があるか
話し方はわかりやすく、簡潔か

なかでも「精神安定性」は要注意!

圧迫面接に近い質問が増えていることからも、対策は必須ですね。

国税専門官 個人面接の質問内容

・志望動機を教えてください。

・国税専門官のどこに魅力を感じましたか。

・簿記の資格をどのように仕事に活かしますか。

・国税専門官の志望順位は何番目ですか。

・国税専門官が第一志望の理由を教えてください。

・国税専門家をいつ、どこで、なぜ知りましたか。

・国税専門官に必要な要素は何だと思いますか。

・国税専門官でやりたい仕事と希望している部門をはありますか。

・希望する部門の仕事内容で知っていることを教えてください。

・国税専門官の業務を漢字一文字で表すと何だと思いますか。

・簿記の資格を持っていますが、どのくらい勉強しましたか。

・税務署には行ったことはありますか。

・税務署のイメージを教えてください。

・民間企業と公務員の違いは何ですか。

・第一志望はどこの国税局ですか。その理由も教えてください。

・あなたを採用することでどのようなメリットがありますか。

・大学時代に最も打ち込んだことは何ですか。

・卒業論文について、どのような内容でしたか。また、なぜそのテーマを選んだのですか。

・学生時代に部活動をしていましたか。

・部活動・サークル活動で苦労したことはありますか。

・自己PRをしてください。

・自己PRの内容について、エピソードを踏まえて説明してください。

・長所を仕事にどうやって活かしますか。

・あなたの弱点は何ですか。また、その弱点を克服するために努力していることはありますか。

・あなたは友人からはどのような人だと思われていると思いますか。

・チームとして活動したことはありますか

・誰か相談できる相手はいますか。

・対人関係で大切にしていることはありますか

・友人と意見が食い違ったらどうしますか。

・上司と意見が食い違ったらどうしますか。

・外回りの仕事もありますが、大丈夫ですか。

・転勤についてはどう考えていますか。

・転勤をする機会が多いですが大丈夫ですか。

・県外勤務でも大丈夫ですか。

・最後にこれだけは伝えておきたいということはありますか。

・何か一言あればどうぞ。

国税専門官 個人面接のまとめ

  • 面接は精神安定性が重要
  • 面接カードはわかりやすく書く
  • 聞かれた内容をもとにシュミレーション

1次試験が終わってから面接対策をする人がいます。

それで合格する人はもともと面接が得意な人です。

自分の適性を見極めてから対策するようにしましょう。

面接が苦手なのに対策を後回しにすると合格は遠のきますよ。


ABOUT ME
江本 浩大
江本 浩大
新卒で大手資格学校に就職→公務員課、企画課で5年間勤務、退職→某国立大学に転職→キャリア支援課、広報部を経験→8年間で退職→フリーランスとして関東地方を中心に大学や企業向けにコンサル業を展開。高卒・短大卒向けブログ(https://gms365.biz)も運営。