高卒で公務員試験を目指す人はこちら
国家公務員

国税専門官 専門試験の勉強法|重要なのは科目選択

国税専門官 専門試験の過去問

こんにちは、江本です。

本記事は「国税専門官 専門試験」に関する情報をまとめています。

先日、下記ツイートをしました。

これを深堀していきます。

本記事を読むことで専門の傾向を知ることができますよ。

勉強がしやすくなるのでぜひ、読んでおきましょう。

国税専門官 試験のまとめ
国税専門官 難易度は激むず?合格に向けた情報まとめ国税専門官になりたい人必見!試験の概要を簡単にまとめています。日程や内容、倍率や難易度まで知りたいことが3分くらいで知れる記事です。受験勉強をはじめるまえにおすすめです。...

国税専門官 専門試験の特徴

公務員試験の筆記試験は「教養試験(基礎能力試験)」と「専門試験」に大別することができます。

教養試験は一部の試験を除き、すべての試験区分で必須となっていますが、専門試験を実施する自治体は減っています。

専門試験は

  • 法律科目(憲法や民法)
  • 経済科目(ミクロ経済、財政学)
  • 行政科目(政治学、行政学)

に分けることができます。

国税専門官 専門試験の出題傾向

問題数 70問 解答数 40問
試験時間 180分 形式 マークシート

専門試験は1次試験で実施されます。

国税専門官の専門試験は全70問、そのうち40問を選択して解答する形式です。

問題は必須問題選択問題があります。

国税専門官 専門試験の科目

国税専門官の専門科目は16科目あります。

出題される試験科目は次のとおり。

憲法
民法
行政法
商法
経済学
財政学
経済事情
政治学
社会学
社会事情
会計学
経営学
英語
商業英語
情報数学
情報工学

このうち

  • 民法
  • 商法
  • 会計学

必須科目なので覚えておきましょう。

国税専門官 専門試験は配点が高い?

専門試験は配点が高いので高得点をとれるようにしましょう。

国税専門官の配点内訳は次のとおり。

専門試験 教養試験 専門記述 個人面接
40% 20% 20% 20%

国税専門官 専門試験の勉強法

専門試験を効率よく勉強するには、

  • 科目の決定
  • 出題数の把握

をすることが大切です。

とくに出題科目は16科目(うち3科目は必須)ありますが、すべての科目を勉強する必要はありません

法律系が得意なら憲法や行政法、経済系が得意なら経済学、財政学あたりを主軸に対策をしてみてはどうでしょうか。

国税専門官 専門試験の出題数一覧

科目によって出題数は異なります

出題数が多い科目を勉強すればその分負担を減らすことができるのでおすすめです。

専門試験の出題数は次のとおり。

憲法 3
民法 6
行政法 3
商法 2
経済学 4
財政学 6
経済事情 2
政治学 3
社会学 2
社会事情 1
会計学 8
経営学 6
英語 6
商業英語 6
情報数学 6
情報工学 6

国税専門官 専門試験 科目選択でのおすすめは?

他の試験でも使える科目を選択するようにしましょう。

多くの受験者は国税専門官のほかに都道府県職員や国家一般職も受験すると思います。

となれば、同じように出題される科目を勉強しておけば新たに勉強科目を増やす必要がないですよね。

そういった意味でのおすすめ科目は、

  • 憲法
  • 経済学
  • 財政学
  • 経営学

です。

出題数も多く、他の試験でもよく出題されるからです。

最近は過去問集も豊富にそろっていますので、1冊購入してやりこみましょう。

おすすめは定番の「スーパー過去問シリーズ」ですね。

国税専門官 専門試験の過去問

国税専門官 民法の過去問

【民法】
賃貸借に関するア〜オの記述のうち,妥当なもののみを全て挙げているのはどれか。ただし,争いのあるものは判例の見解による。

  • ア.賃料の支払は,特約又は慣習がない場合には,前払いとされている。ただし,収穫の季節があるものについては,後払いとされている。
  • イ.賃借人が賃貸人の承諾を得ずに賃借物を転貸して第三者に使用又は収益をさせた場合であっても,賃借人の当該行為が賃貸人に対する背信的行為と認めるに足りない特段の事情があるときには,賃貸人は民法第612 条第2 項により契約を解除することはできない。
  • ウ.土地の賃貸借の目的物が譲渡された場合,旧所有者と賃借人との間に存在した賃貸借関係は法律上当然に新所有者と賃借人との間に移転し,旧所有者はその関係から離脱するが,その所有権の移転について未登記の譲受人は,賃貸人たる地位の取得を賃借人に対抗することができない。
  • エ.家屋の賃貸借契約が終了しても,賃借人は,特別の約定のない限り,敷金が返還されるまでは家屋の明渡しを拒むことができる。
  • オ.土地の賃借権が賃貸人の承諾を得て旧賃借人から新賃借人に移転された場合であっても,旧賃借人が差し入れた敷金に関する権利義務関係は,特段の事情のない限り,新賃借人に承継されない。
  1. ア,エ
  2. ウ,オ
  3. ア,イ,エ
  4. イ,ウ,オ
  5. イ,エ,オ

国税専門官 会計学の過去問

【会計学】
損益会計に関する次の記述のうち,妥当なのはどれか。

  1. 損益計算書で報告される項目のうち,経常利益は売上総利益から販売費及び一般管理費を差し引いて計算され,たとえ,売上総利益が多くても,販売費及び一般管理費が多くなれば経常利益は少なくなる。このため,経常利益は主たる業務における経営の効率性を示す指標であるということができる。
  2. 特別利益には受取利息や有価証券利息等が含まれ,特別損失には固定資産売却損や災害による損失等が含まれる。また,これらの損益を経常利益から加除することで,税引前利益を算出する。
  3. 税引前当期純利益と法人税等の額を対応させるのが,税効果会計の目的である。税効果会計を採用しない場合,財務会計上と税務会計上の差異が永久に解消されない永久差異が生じるが,これは税効果会計の対象となる。
  4. キャッシュ・フロー計算書は,現金及び現金同等物をどのような源泉から獲得し,どのように利用したかを明らかにする計算書である。活動別で3 区分に表示されるキャッシュ・フローのうち,投資活動によるキャッシュ・フローには株式の発行による収入や配当金の支払等が含まれる。
  5. 平成23年3月期より,我が国の上場企業に対して連結財務諸表において包括利益を表示することが義務付けられている。包括利益の表示方法は2計算書方式と1計算書方式があるが,後者が用いられる場合,計算書の最下部には当期純利益ではなく,包括利益を表示しなければならない。

国税専門官 商法の過去問

【商法】
会社法の諸原則に関するア〜エの記述のうち,妥当なもののみを全て挙げているのはどれか。

  • ア.株主平等の原則とは,会社は株主をその有する株式の内容及び数に応じて平等に取り扱わなければならないとするものであり,株主ごとに異なる取扱いをする旨定めた定款は,この原則に反するものであるから,会社が非公開会社であっても無効である。
  • イ.一株一議決権の原則とは,株主は,株主総会において,その有する株式1株につき1個の議決権を有するとするものであるから,会社が2種類以上の株式を発行する場合において,そのうち1種類につき株主総会における議決権を与えない旨定めることは,この原則に反し許されない。
  • ウ.株式譲渡自由の原則とは,株主がその有する株式を自由に譲渡することができるとするものであるが,会社は定款により株式に譲渡制限を付することができる。この場合でも,会社の承認を得ずになされた譲渡制限株式の譲渡は,譲渡当事者間においては有効であるとするのが判例である。
  • エ.所有と経営の分離とは,会社経営に関する事項は株主とは分離された取締役に決定権限が付与されることをいうから,取締役会設置会社以外の会社においても,株主総会は,法令及び定款に定められた事項以外の事項について決議をすることはできない。
  1. ア,イ
  2. イ,エ
  3. ウ,エ

見て分かったと思いますが、国家公務員試験は全体的に設問が長い傾向になっています。

速答が求められる試験ですが、文のはじめだけで判断してしまうとひっかけにあう可能性があります。

慎重に設問を読み込むようにしましょう。

国税専門官 合格点(ボーダーライン)

足切り(基準点)に注意しましょう。

教養試験、専門試験のどちらにも基準点があります。

片方の試験が満点でも、基準点を超えていなければ不合格です。

基準点は3割以下(12/40点)。

ちなみに2019年の平均点は21/40点です。

合格点は教養試験5割の場合、専門試験で7割前後の点数があれば1次試験を突破しています。

しかし、国税専門官は筆記試験の配点が高いので高得点であるほうが有利になります。

国税専門官 専門試験のまとめ

  • 試験科目は15科目
  • 民法、商法、会計学は必須
  • 科目の選択が重要

専門試験の勉強法は過去問を解きまくること!

これがとても重要です。

同じ問題が形式を変えて出題されているので、過去問対策が効果的なんですね。

あと民法は大きく改正されており、今後の試験のトレンドだと思って勉強するようにしましょう。

国税専門官 専門記述の過去問
国税専門官 専門記述は経済学がおすすめの理由とは|傾向と勉強法を紹介専門記述試験の勉強法や過去問を紹介しています。苦手な人必見です。...
ABOUT ME
江本 浩大
江本 浩大
新卒で大手資格学校に就職→公務員課、企画課で5年間勤務、退職→某国立大学に転職→キャリア支援課、広報部を経験→8年間で退職→フリーランスとして関東地方を中心に大学や企業向けにコンサル業を展開。高卒・短大卒向けブログ(https://gms365.biz)も運営。