国家公務員

国税専門官 過去問を分析して教養の勉強を楽にしよう!

国税専門官 教養試験の過去問
国税専門官の教養試験はどうやって勉強すればいいの?試験科目が知りたいな。

という疑問に答えます。

はじめまして、江本です。

これまで資格学校の公務員課で5年間、国立大学のキャリア支援課で8年間ほど公務員試験の指導をしてきました。その経験から記事を書いています。

国税専門官の筆記試験を知りたい人

国税専門官を受験する人

傾向や過去問を確認したい人 など。

公務員試験の筆記試験って科目がたくさんあって対策がしにくいですよね。

私も公務員試験の勉強をしたことがあるのでわかりますが、とくに教養試験は科目も多く、数学要素の多い科目がたくさんあるので嫌いだと思います。

でも、嫌いな人が多いのにたくさん出題されるので、面倒でも対策しなくてはいけません。

少しでも勉強の負担を減らしたい人は本記事を参考にすると勉強の負担を減らすことができますよ。

はじめて国税専門官を受験する人、基礎能力試験(教養試験)が苦手な人におすすめの内容です。

※本記事は大学卒の内容です。高校卒を受験する人は「税務職員 基礎能力試験より適性試験の攻略が合格への秘訣」を参考にしてください。


国税専門官 教養試験の試験科目

国税専門官の教養試験(基礎能力試験)は、

  1. 一般知能
  2. 一般知識

という科目から出題されます。

出題数はぜんぶで40問あり、一般知能27問、一般知識13問です。試験時間は140分。

国税専門官 一般知能の試験科目

一般知能は、

数的処理(数的推理)
課題処理(判断推理)
空間把握
資料解釈
文章理解(現古文)
文章理解(英文)

の6科目で構成されています。

数的処理?課題処理?なにそれ・・・

という人は「公務員試験 教養試験(基礎能力試験)の傾向、過去問〜一般知能編〜」に傾向をまとめているので読んでおきましょう。

一般知能で最も重要な科目は数的処理(数的推理)課題処理(判断推理)です

2科目で出題の30%を占めています。点数を上げるために攻略しなくてはいけませんね。

国税専門官 一般知識の試験科目

一般知識は、

政治 経済
社会・時事 思想
日本史 世界史
地理 文芸術
数学 物理
化学 生物
地学

と、いった科目から出題があります。

とても科目が多いですよね。

科目ごとの特徴は「一般知識は苦手な受験者が多い?|特徴と傾向を把握」にまとめています。はじめて勉強する人は確認しましょう。

国税専門官 教養試験の出題傾向

試験科目は多いですが出題される分野や科目に傾向があります。

勉強を始める前に傾向を知っておくことで勉強の負担を減らすことができますよ。

例えば教養試験で1番重要な数的推理利は、

  • 整数
  • 確立
  • 方程式・不等式

の3分野から出題が多いです。

数的推理はぜんぶで12分野ほどありますが、まずはこの3分野を優先的に勉強するようにしましょう。

同じように判断推理は、

  • 対応関係
  • 順序関係
  • 位置関係

の3分野から出題が多いです。

一般知能おすすめの参考書を「公務員試験 受かる参考書はこれだ!|おすすめテキストレビュー」にまとめています。参考書選びに困っている人は参考にしてください。

国税専門官 一般知識の出題傾向

一般知識は科目数が多いのに、出題数は少ないです。

政治経済は専門科目の対策をしておけば勉強しなくても正答することができます。

それ以外の科目は正直、勉強しなくてもOKです。

少しでも教養試験の点数を上げたい人は下記の科目出題数をみて多い科目から勉強しましょう。

科目ごとの出題数は次の通り。

科目 出題数 科目 出題数
数的処理 6問 課題処理 7問
資料解釈 3問 文章理解 11問
政治 1問 経済 1問
社会・時事 4問 思想 1問
日本史 1問 世界史 1問
地理 1問 物理 1問
化学 1問 生物 1問

時事対策は必須として+2科目程度勉強するようにしましょう。

おすすめの科目は思想・生物です。どちらも範囲が狭く、覚える知識もパターン化されているので勉強がしやすいです。

もちろん大学受験で日本史や世界史を選択して、自信がある人はそれでもOKです。

基礎能力試験の目標は60%(24/40点)を目指してください。

国税専門官 教養試験(基礎能力試験)の過去問

【判断推理】
A,B,Cの3人が、三毛猫、トラ猫、黒猫、白猫、ぶち猫の5匹の猫を飼っている。次のことが分かっているとき、確実にいえるものはどれか。ただし、2人以上で同じ猫を飼わないものとする。

  • それぞれの猫の好物は、マグロ、チーズ、またたび、かつお節、海苔のいずれか一つであり、好物が同じ猫はいない。
  • Aは、三毛猫ともう1匹の猫を飼っており、三毛猫でない方の猫の好物はチーズである。
  • Bは、猫を1匹飼っている。
  • Cが飼っている猫の中には、海苔が好物の猫がいる。
  • トラ猫、黒猫、白猫の飼い主はそれぞれ異なる。
  • 白猫の好物は、かつお節である。
  • トラ猫の好物は、チーズでも海苔でもない。
  1. Bは、白猫を飼っている。
  2. Cは、トラ猫とぶち猫の2匹の猫を飼っている。
  3. Cは、海苔が好物のぶち猫を飼っている。
  4. 三毛猫の好物は、マグロである。
  5. 黒猫の好物は、チーズではない。

【数的推理】
K,O,L,L,A,L,O,U,M,Uの10文字を横一列に並べるとき,四つのKが左から5番目までに全て含まれる場合は何通りか。

  1. 300通り
  2. 450通り
  3. 600通り
  4. 900通り
  5. 1,200通り

【世界史】
第一次世界大戦後から第二次世界大戦前までの各国に関する記述として最も妥当なのはどれか。

  1. アメリカ合衆国は,ウィルソン大統領が提案した国際連盟の常任理事国となり,軍縮や国際協調を進める上で指導的な役割を果たした。世界恐慌が始まると,フーヴァー大統領がニューディールと呼ばれる政策を行い,恐慌からの立ち直りを図ろうとした。
  2. ドイツは,巨額の賠償金の支払などに苦しみ,政治・経済は安定せず,ソ連によるルール地方の占領によって激しいインフレーションに襲われた。この危機に,シュトレーゼマン外相は,ヴェルサイユ条約の破棄,ドイツ民族の結束などを主張し,ドイツは国際連盟を脱退した。
  3. イタリアは,第一次世界大戦の戦勝国であったが,領土の拡大が実現できず,国民の間で不満が高まった。世界恐慌で経済が行き詰まると,ムッソリーニ政権は,対外膨張政策を推し進めようとオーストリア全土を併合したが,国際連盟による経済制裁の決議の影響を受けて,更に経済は困窮した。
  4. イギリスでは,マクドナルド挙国一致内閣が金本位制の停止などを行ったほか,オタワ連邦会議を開き,イギリス連邦内で排他的な特恵関税制度を作り,それ以外の国には高率の保護関税をかけるスターリング(ポンド)=ブロックを結成した。
  5. ソ連では,レーニンの死後,スターリンがコミンテルンを組織して,世界革命を主張した。スターリンは,五カ年計画による社会主義建設を指示し,工業の近代化と農業の集団化を目指したが,世界恐慌の影響を大きく受けて,経済は混乱した。

国税専門官 教養試験のまとめ

  • 試験科目は多い
  • 一般知能を優先して勉強
  • 過去問は傾向を知るのに最適

国税専門官の試験は筆記試験の配点が高いです。

面接試験も合格するためには重要ですが、まずは筆記試験で高得点をとることが合格する目安となります。

専門試験の傾向も「国税専門官 専門試験を制する者が合格する|傾向と合格点」で確認しておきましょう。


ABOUT ME
江本 浩大
江本 浩大
新卒で大手資格学校に就職→公務員課、企画課で5年間勤務、退職→某国立大学に転職→キャリア支援課、広報部を経験→8年間で退職→フリーランスとして関東地方を中心に大学や企業向けにコンサル業を展開。