警察官

警視庁の個人面接って、どんな傾向?|圧迫面接ってあるの?

公務員試験 面接試験の傾向と聞かれたこと
警視庁を受験するけど、個人面接が苦手です。傾向とか圧迫面接?について教えてほしいです。

という疑問に答えます。

はじめまして、江本です。

これまで資格学校の公務員課で5年間、国立大学のキャリア支援課で8年間ほど公務員試験の指導をしてきました。その経験から記事を書いています。

 警視庁の警察官を目指している人

 警視庁の試験内容を知りたい人

 警視庁の個人面接の情報を求めている人 など。

面接試験って何が質問されるかわからないから不安ですよね。

せっかく準備したのに質問されなかったら・・・想定外の質問がきたら・・・

今の警察官採用試験は「面接試験重視」といっても過言ではありません。

とくに男性警察官は筆記試験は簡単に合格するけど、面接試験で多くを落とす傾向です。

筆記試験が苦手で、そっちばっかに気をとられがちですが面接試験の対策をおろそかにすると合格は厳しいです。

本記事を読んで面接の傾向を知って練習をおこないましょう。


警視庁 個人面接の傾向

個人面接は面接カードの記入が1番重要!

理由は面接カードに記入したことから質問されるからです。

警視庁の1次試験に合格すると、合格通知のなかに面接カードが封入されています。この面接カードに自己PRや志望動機を記入して提出することになるので丁寧に書くようにしましょうね。

文字だけでも印象ってわかるので、「しっかり考えた内容」なのか「時間がなかったからとりあえず書いた内容」なのかってことはすぐにわかります。

面接をやるまえから悪い印象を持たれると損ですよね。

圧迫面接って聞くけど・・・怖いな・・・

面接のなかで難しい質問(圧迫面接)をしてくることがあります。圧迫面接は受験者の忍耐力や態度を見るために、ワザと嫌な質問をしているだけなのでイラついたり、表情を暗くする、泣くといった行動は最悪ですね。

やはり変な人物は採用できませんからね。じっくり時間をかけて人間性を見極めようということですね。

私も圧迫面接の練習をしていますが、反論してくる人、明らかに表情が暗くなる人などすぐにわかってしまいます。自分をコントロールできるように練習を重ねるしかありませんね。

試験時間は20分~30分程度で行われます。

警視庁 面接カードの内容

事前記入する面接カードの内容は、

氏名 住所
事故歴 違反歴
職歴 持っている資格
運転免許の有無 部活動歴
ボランティア経験 自己PR
興味のある部署と理由 SNSの使用状況
家族構成

と、なっています。

面接カードの内容も大切ですが、

字のきれいさ、丁寧さ

わかりやすい文章

は、印象をよくするために重要です。

警視庁採用試験 個人面接 質問内容30選

実際に面接で質問された(きかれた内容)です。練習するときに参考にしてください。男女で質問内容に違いはありません。

1.今朝は新聞を読みましたか?

2.今朝の新聞の一面は何だったか教えてください。。

3.面接練習をどのくらいやってきましたか。。

4.長所と短所を踏まえ自己PRしてください。

5.警察官の志望動機を教えてください。。

6.なぜ警視庁何ですか。

7.希望部署はありますか。またその理由を教えてください。

8.なぜ地元ではなく東京都がいいのですか。

9.警視庁の魅力を教えてください。

10.警察官になりたいと思ったきっかけは何ですか。

11.警視庁でやりたいことはありますか。

12.親友と呼べる友人はいますか。その友人の名前と何をしている人か教えてください。

13.警察官になることに対して家族はどう思っていますか。

14.警視庁と県警の具体的な違いを教えてください。

15.大学での研究テーマについて教えてください。

16.人生で最も辛かったことをどのように乗り越えましたか。

17.SNSは利用していますか。

18.休日の過ごし方について教えてください。

19.お金に困ったことはありますか。

20.貯金はしていますか。貯金額を教えてください。

21.興味のある時事問題について教えてください。

22.安倍首相についてどう思いますか。

23.共謀罪についてどの程度知っていますか。

24.自衛隊の憲法明記の是非と日本の最高法規は何か教えてください。

25.憲法改正には賛成、反対のどちらですか。

26.アメリカのトランプ大統領がシリアを空爆したことについてどう思いますか。

27.警視庁に採用されても途中で辞めたりしませんか。

28.あなたにとって警視庁とはどのような存在ですか。

29.警視庁へ入る意気込みを教えてください。

30.併願先について、現在の受験状況とこれからの受験予定を教えてください。

面接の評価観点や評価のポイントについて記事を書いています。あわせて確認しましょう。

https://www.syakiri-man/?p=557

終わりに

警察官の仕事は忙しくてキツイです。

そのため「元気で明るい人」「つらい経験をして、克服した人」などが求められています。

自己PRや志望動機を考えるときは、これらを意識して考えてみましょう。そのときに自分のことばで書く、しゃべるように準備すること。


ABOUT ME
江本 浩大
江本 浩大
新卒で大手資格学校に就職→公務員課、企画課で5年間勤務、退職→某国立大学に転職→キャリア支援課、広報部を経験→8年間で退職→フリーランスとして関東地方を中心に大学や企業向けにコンサル業を展開。