高卒で公務員試験を目指す人はこちら
地方公務員

神奈川県職員 グループワークは1人では合格できない試験

神奈川県職員 グループワークの傾向
神奈川県のグループワークってどんな試験なの?

という疑問に答えます。

はじめまして、江本です。

これまで資格学校の公務員課で5年間、国立大学のキャリア支援課で8年間ほど公務員試験の指導をしてきました。その経験から記事を書いています。

神奈川県の行政を受験する人

グループワークの流れを知りたい人

過去の出題テーマが気になる人 など

あなたは協力して何かを成し遂げた経験はありますか?

グループワークは集団試験でして、みんなで協力して課題に取り組む必要がある試験です。

今までの勉強みたいに1人では対策することができませんし、合格することもできませんよ。

神奈川県職員 グループワークとは

グループワークは課題についてグループ全員で話合い、協議して考えをまとめる試験です。

最終的にグループの意見を決定して発表するまでが評価されるため話し合いが不十分であったり、話をまとめることができないと評価が低くなります。

グループ試験なので1人だけ頑張っても意味がありません。

受験相談を受けていると多いのが、

  • 何も発言しないメンバーがいる。
  • 自分の意見だけ言って他のメンバーの話は聞かない。
  • 意見を否定してくる。

などです。

当然、こういった受験者は評価が低いです。でも、はじめにいったようにグループ試験でも評価されますから、どうやって対応するのかまで考えておく必要がありますよ。

是非、対応できるように準備しておきましょう。

神奈川県職員 グループワークの傾向

グループワークは受験者6~8名、試験官4人、試験時間70分で実施。

試験会場で話合うテーマやメモ用紙、発表用のレポートを受けとります。

試験がはじまると1人1分をつかって自己紹介と自分の考えを発表します。受験者全員が意見を発表し終わったら全員で話合います(50分)

意見をまとめたら3分間で発表して終わりです。

試験では司会を決める、書記を決めるなど役割を決めて行うとスムーズに話し合いを進めることができますよ。

もちろん司会をできれば「リーダ性」や「積極性」をアピールできますが、無理にやる必要はないです。自分にできることを最大限にやるようにしましょう。

神奈川県職員 グループワークのテーマ例

18歳までに身につけておいた方がよいことを3点挙げ、優先順位をつけた上でその理由について説明しなさい。

おわりに

公務員試験では筆記試験より面接試験のほうが重視される傾向になっています。

そのため勉強も大切ですが同時進行で面接試験の対策も行ったほうがいいです。

とくに面接試験の根本となる自己PRと志望動機は内容を濃く考えておく必要があります。


ABOUT ME
江本 浩大
江本 浩大
新卒で大手資格学校に就職→公務員課、企画課で5年間勤務、退職→某国立大学に転職→キャリア支援課、広報部を経験→8年間で退職→フリーランスとして関東地方を中心に大学や企業向けにコンサル業を展開。高卒・短大卒向けブログ(https://gms365.biz)も運営。