高卒で公務員試験を目指す人はこちら
地方公務員

神奈川県職員 論文試験の傾向

神奈川県職員 論文試験の傾向
神奈川県職員の論文試験って、どんな内容?

このような情報を求めている方、多いのではないでしょうか。

本記事では「神奈川県職員」を受験する人に向けて論文試験『内容』や『傾向』について書いていきます。

今の公務員試験は「人物試験重視」といっても過言ではありません。

筆記試験が満点でも人物試験で評価をとれないと不合格、逆に筆記試験の点数が低くても人物試験で評価が高ければ合格しています。

勉強ばかりに気をとられがちですが、人物試験の対策をおろそかにすると合格は厳しいです。

まずは論文試験の傾向を知ってください。

神奈川県庁 論文試験の傾向

神奈川県では1次試験に論文が実施されます。1次試験で執筆はしますが、評価は2次試験に反映されます。

試験時間は90分で、字数制限は1,200字以内です。

論作文のルールで、最低でも字数制限の9割は論文用紙を埋める必要があります。なので1,100字前後は書くようにしましょう。

極端に文字数が少ないと評価されない、もしくは減点されることがあります。また、書いた内容は面接試験で聞かれることもあるため覚えておきましょう。

神奈川県庁 論文試験 過去問(テーマ)

人工知能とロボット開発が発展してきていることが今年、白書で公表されました。ロボットによって細かい作業などが任されるようになってきている中、今後ロボットなどの開発が更に進んできて雇用関係と生活関係などにどのような影響がでてくるのか、あなたの考えを述べなさい。

終わりに

公務員試験では筆記試験より人物試験のほうが重視される傾向になっています。

そのため勉強も大切ですが同時進行で面接試験の対策も行ったほうがいいです。

とくに面接試験の根本となる自己PRと志望動機は内容を濃く考えておく必要があります。


ABOUT ME
江本 浩大
江本 浩大
新卒で大手資格学校に就職→公務員課、企画課で5年間勤務、退職→某国立大学に転職→キャリア支援課、広報部を経験→8年間で退職→フリーランスとして関東地方を中心に大学や企業向けにコンサル業を展開。高卒・短大卒向けブログ(https://gms365.biz)も運営。