高卒で公務員試験を目指す人はこちら
地方公務員

【高卒】神奈川県職員 個人面接は面接カードがすべての理由

個人面接の傾向
高校を卒業したら神奈川県庁で働きたいです。試験に個人面接ってあるけどどんなことが聞かれるのかわからないから不安です・・・。

という疑問に回答します。

はじめまして、江本です。

これまで資格学校の公務員課で5年間、国立大学のキャリア支援課で8年間ほど公務員試験の指導をしてきました。その経験から記事を書いています。

神奈川県職員(高校卒)を受験する人

個人面接の傾向が知りたい人

聞かれた内容が気になる人

最終合格するには個人面接がとても重要。

理由は個人面接の配点が1番高いからです。

神奈川県の配点は次の通り。

  • 個人面接 250点
  • 教養試験 200点(技術職は100点)
  • 専門試験 100点(技術職のみ)
  • 作文 50点

半分を個人面接が占めていますね。

試験ごとに基準点も設定されており、特定の試験だけに力を入れて勉強しても意味がないです。

まずは本記事を参考にして個人面接の傾向を理解しましょう。

【高卒】神奈川県職員 個人面接の傾向

個人面接は2次試験に実施されます。

20分程度の時間を使って、面接官3人から、神奈川県庁で働きたい理由や学生時代にがんばっている(頑張った)ことを質問されます。

面接は事前に提出する面接カードの内容から質問される傾向があります。

面接カードはわかりやすく、綺麗に書くことが大切です。

面接官は面接がはじまる前に面接カードを一通り確認してから試験に臨みます。

面接カードの内容が汚くて、書いてある内容がよくわからなかったらどうしますか。

何を聞いていいかわからない、そもそも本気度が伝わってこないと思われるかもしれません。

面接が始まる前から自分を不利な状況にする可能性はゼロじゃないため真剣に作成しましょう。

【高卒】神奈川県職員 個人面接 面接カードの内容

  • 学歴
  • 職歴
  • 資格
  • 免許
  • 志望動機
  • やってみたい仕事
  • 希望勤務地
  • 長所
  • 短所
  • 部活動歴

面接カードは1次試験の合格通知に同封されています。

手元に届いてから作成するのは遅すぎます。できるだけはやいうちから準備しましょう。

大切なことは書いたら必ず誰かに見せて感想をもらってください。

自分が理解できていても意味がありません。第三者が見て意味がわかるまで書き直す必要がありますよ。

【高卒】神奈川県職員 個人面接 質問内容

・昨日はよく眠れましたか

・今日はどうやってここまで来ましたか。

・1次試験はよくできましたか。

・志望動機を教えてください。

・なぜ神奈川県を受験しましたか。

・神奈川県には横浜市、相模原市、川崎市がありますが、なぜ神奈川県を受験するのですか。

・神奈川県の魅力は何ですか。

・どんな仕事がしたいですか。

・希望する部署を教えてください。

・希望する部署にいけなかったらどうしますか。

・大学へ進学せず公務員を選んだ理由は何ですか。

・部活動はやっていましたか。

・部活動で苦労したことを教えてください。

・これまでの経験で辛かったことは何ですか。

・これまでの経験で辛かったことをどのように乗り越えましたか。

・あなたの強みはなんですか。

・短所を教えてください。

・短所を克服しようとしていますか。

・嫌いな人はどんな人ですか。

・嫌いなタイプの人が上司だったらどうしますか。

・神奈川県以外に受験しているところはありますか。

・他の試験に合格したらどうしますか。

・地元に合格したらどうしますか。

・最後に自己アピールをしてください。

【高卒】神奈川県職員 個人面接のまとめ

  • 個人面接は面接カードの作成からはじまっている
  • 面接は印象が大事
  • 1次試験の合格発表から対策は遅すぎる

個人面接は筆記試験と違って1人では対策ができません。

しかし勉強と同じで練習を重ねれば上達する試験です。

まずは質問リストを参考にして実践してみましょう。

そこで面接試験が得意か不得意かを判断して今後の作戦を考えましょう。


ABOUT ME
江本 浩大
江本 浩大
新卒で大手資格学校に就職→公務員課、企画課で5年間勤務、退職→某国立大学に転職→キャリア支援課、広報部を経験→8年間で退職→フリーランスとして関東地方を中心に大学や企業向けにコンサル業を展開。高卒・短大卒向けブログ(https://gms365.biz)も運営。