高卒で公務員試験を目指す人はこちら
地方公務員

神奈川県職員 試験日程を確認して、合格する準備をしよう!

神奈川県職員として働きたいけど、採用試験っていつあるの?ついでに試験内容も知りたいな!

という疑問に答えます。

神奈川県職員を目指している人

試験日程を知りたい人

試験内容を知りたい人 など。

※本記事は大学卒業程度(6月試験)の情報を書いています。

何かの申込をしようと思っていたら申込期日が過ぎていた・・・って経験はありませんか?

神奈川県職員になるためには採用試験がありまして、受験するには申込をしなくてはいけません。

当然、申込期日があるので申込期日が過ぎていた・・・ってことにならないよう本記事を読んで日程の確認をしましょう。

本記事を書いている私(江本)はこれまで資格学校の公務員課で5年間、国立大学のキャリア支援課で8年間ほど公務員試験の指導をしてきました。その経験から記事を書いています。

神奈川県職員 日程

大学卒(Ⅰ種)試験は6月に実施されています。

例年6月4週目(5週目)の日曜日に1次試験、7月中旬~8月中旬にかけて2次試験がおこなわれます。

試験は6月ですが申込期間は、4月下旬~5月上旬です。

試験は6月だから・・・って思っておくと出願できないので注意しましょう。

参考として2018年実施試験の日程は次のとおり。

日程 合格発表
申込期間 4/27~5/11 ネット出願
1次試験 6月24日(日) 7月4日(水)
2次試験 7月9日~8月20日 8月31日

1次試験の合格発表から2次試験がはじまるまでの日程が短いです。よく、筆記試験の勉強だけ頑張って合格がわかってから面接対策をする受験者がいるけど、すぐに2次試験があるので危険ですよ。

補足として、

  • 東京都
  • 東京特別区
  • 大阪府
  • 北海道

以外の県・政令指定都市は1次試験の日程が同じです。(地方上級A日程なんて呼ばれています)

なので、神奈川県と横浜市や神奈川県と千葉県の職員採用試験を同時に受験することはできません。

もし、神奈川県と横浜市(川崎市、相模原市)のどっちかで受験を迷っている人は早めに受験先を決めましょう!

理由は試験内容や傾向が異なるからです。

横浜市の試験内容が知りたい人は「横浜市役所 難易度が知りたい|倍率を確認しよう」を参考にしてください。

それでは、神奈川県の試験内容について書いていきます。

神奈川県職員 試験内容

神奈川県の試験内容は次のとおり。

  • 教養試験
  • 専門試験
  • 論文試験
  • 人物試験

上記4つが行われます。

どの試験が1番重要だと思いますか?

最重要試験は「人物試験」です。

理由は配点が300/550点(約55%)を占めるからです。※行政以外は250/500点(50%)

例えば筆記試験をがんばって90点以上取れたとしても、人物試験で点数が取れないと合格することはできません。逆に筆記試験が合格点ギリギリでも人物試験の点数が高い方が合格します。

もちろん筆記試験の勉強も時間をかけてやるべきですが、人物試験対策を後回しにすることは危険ですよ。

神奈川県職員 1次試験の内容

筆記試験の点数のみで合否が決まります

1次試験に行われる試験は次の通り。

  • 教養試験
  • 専門試験
  • 論文試験

神奈川県職員 試験内容 教養試験

教養試験はすべての試験区分が同じ問題です。

試験内容は、

  • 一般知能
  • 一般知識

と、いった公務員試験独特の問題を解きます。

中学・高校で勉強した内容が多く出題されるため、学生時代に勉強を頑張っていた人は少し勉強するだけで高得点をとることができますよ。

詳しい傾向は「公務員試験 教養試験(基礎能力試験)の傾向、過去問〜一般知能編〜」を参考にしてください。

神奈川県職員 試験内容 専門試験

専門試験は試験区分によって問題が異なります。

出題される専門科目は次の通り。

試験区分 出題内容
行政 憲法、民法、経済学、心理学、教育学など
小中事務
農業 栽培学、作物学、園芸学など
森林 森林政策、造林学、林業工学
水産 水産事情、水産環境科学など
総合土木 数学・物理、応用力学、水理学など
建築 構造力学、分析化学、化学工業など
機械 材料力学、流体力学、熱力学など
電気 電磁気学、電気計測、電気機器など
福祉 社会福祉概論、社会学概論など
司書 生涯学習概論、図書館概論など
薬剤師 衛生、薬理学、薬物治療など
獣医師 基礎獣医学、病態獣医学、臨床獣医学など
保健師 公衆衛生看護学、疫学、保健統計学など

行政、学校事務の専門試験は国家公務員でも出題される内容なので参考書が豊富です。それ以外の専門科目は公務員試験用の参考書はほぼありません。

大学で使っていた教材を中心に勉強しましょう。

神奈川県職員 試験内容 論文試験

論文試験は1次試験に実施しますが、評価は2次試験に使われます。

配点は50点で1番低いです。しかし、受験者の中で最も差がでる試験なので注意しましょう。

このように1次試験は教養試験と専門試験の点数のみで合否が決まります。

神奈川県職員 2次試験の内容

2次試験は人物試験が行われまして、その内容は次の通り。

  • 個人面接
  • グループワーク

試験区分が小中学校事務、福祉、司書、薬剤師、獣医師、保健師の人は個人面接のみ実施されます。

神奈川県職員 試験内容 個人面接

個人面接は1人30分程度で行われます。

試験区分が小中学校事務、福祉、司書、薬剤師、獣医師、保健師以外の人は2回実施されるので覚えておきましょう。

1回目の個人面接は50点、2回目は200点です。

神奈川県職員 試験内容 グループワーク

グループワークは試験区分が小中学校事務、福祉、司書、薬剤師、獣医師、保健師以外の人を対象に行われます。

あらかじめ決められたテーマについてグループで討論する試験です。

配点は50点。

個人面接と違って対策に人数が必要なので対策方法を考えておく必要がありますね。

おわりに

  • 試験日程について
  • 試験内容について

少しでも理解することができましたか?

日程や内容を知ることで合格するために何をするべきなのかわかりましたね。

対策しなければいけないことは多いです。早めに計画を立てていきましょう。

ABOUT ME
江本 浩大
江本 浩大
新卒で大手資格学校に就職→公務員課、企画課で5年間勤務、退職→某国立大学に転職→キャリア支援課、広報部を経験→8年間で退職→フリーランスとして関東地方を中心に大学や企業向けにコンサル業を展開。高卒・短大卒向けブログ(https://gms365.biz)も運営。