高卒で公務員試験を目指す人はこちら
公務員試験

公務員試験の過去問はどこで入手できるの?

公務員試験 過去問の手に入れ方

こんにちは、江本です。

本記事は公務員試験の過去問を入手する方法をまとめています。

先日、こんな発信をしました。

これについて深堀していきます。

受験勉強を始めるときに過去問でレベルの把握をしますよね。

公務員試験も理屈は同じです。

過去問を探している人は参考になると思いますよ。

公務員試験 おすすめの参考書
【2020年版】公務員試験 本当に使えるおすすめの参考書をレビュー公務員試験で合格するためには、勉強で使うテキスト(参考書、問題集、過去問)がとても重要。しかし、多くの参考書が販売されていて、どの参考書が良いのわからない。本記事では、合格するために最適なテキストを紹介しています。...

公務員試験 過去問ってどこにあるの?

現在、過去問が入手できる試験は、

  • 国家公務員
  • 東京都(特別区や警視庁)

しか、ありません。

理由は、どの試験も問題の持ち帰りを認めていなくて、試験が終わると回収されてしまうからです。

例外として「国家公務員」、「東京都・東京特別区・東京警視庁」など一部の試験では持ち帰りが認められていることもあります。

よく市役所や県庁職員の過去問を探している人を目にしますが、残念ながら過去問は存在しないのであきらめましょう。

公務員試験 出回っていない過去問を入手する2つの方法

でも、市役所とか県庁の試験問題も見たいんだけど・・・。何か方法は?

そういうときは2つ方法があります。

  • 県庁や市役所のホームページで確認する。
  • 予備校が出版している本を買う

ホームページを確認する。

県庁や市役所のホームページを見ると、過去問の例題をのせていることがあります。

試験問題は基本的に全国共通の試験問題を使っているので、いくつかのホームページを見て、集めることができます。

ただ、載せている例題はどの市役所も同じだったりするので精度は低いですが・・・。

予備校の本を買う

一番効率がいいのが、予備校が出版している過去問集を購入することです。

予備校は独自のネットワークを使って過去問を集めているので、確認するに適しています。

あわせて解説も載っているため勉強もしやすいですよ。

公務員試験 過去問集は基本的にどれも同じ

いろんな予備校が過去問題集を販売していますが、掲載されている内容は基本的に同じです。

理由は、入手できる過去問の種類は国家公務員、東京都の試験に限られているからです。

よく、「警察官の過去問集」などのネーミングで販売されていることがありますが、内容はほぼ警視庁の問題なので注意が必要です。

同じように「地方上級」と書いてある過去問集は東京都の問題が多く掲載されているわけですね。

公務員試験 なんとか過去問を見る方法はないの?

どうしても市役所や県庁職員の過去問が見たい!と、いう人は予備校に直接電話してみましょう。表に出せない情報を持っていることがあります。

私が大学職員をしていたとき某予備校から都道府県や市役所の問題冊子をもらった記憶があります。

一般的に公表されていない県庁や市役所の問題や科目内訳がありましたよ。

公務員試験 基本的なレベルはどれも同じ

国家公務員や東京都の問題しか完全な過去問はありません。

しかし、公務員試験は受験種類によってレベルに大きな差はないです

そのため県庁職員や市役所職員を目指す受験者も国家公務員や東京都の問題を使って対策することができます。

公務員試験は大卒程度(地方上級)と高卒程度(地方初級)の分類はあるので、そこだけ注意しておきましょう。

公務員試験 過去問のまとめ

実際に必要な知識は公務員試験全般でおなじです。

過去問を使って勉強することが公務員試験では鉄板ですが、種類は気にせず勉強するようにしましょう。

ABOUT ME
江本 浩大
江本 浩大
新卒で大手資格学校に就職→公務員課、企画課で5年間勤務、退職→某国立大学に転職→キャリア支援課、広報部を経験→8年間で退職→フリーランスとして関東地方を中心に大学や企業向けにコンサル業を展開。高卒・短大卒向けブログ(https://gms365.biz)も運営。