高卒で公務員試験を目指す人はこちら
国家公務員

海上保安学校 教養試験と学科試験攻略が合格へのポイント

 前回「海上保安学校学生になりたい!試験日程と難易度(倍率)」に引き続き、海上保安学校採用試験(船舶運航システム課程、航空課程、情報システム課程、管制課程、海洋科学課程)の攻略法について書いています。今回は『筆記試験の攻略法』。

 海上保安学校学生に興味がある人

 教養試験の傾向が知りたい人

 過去問や難易度が知りたい人 など。

海上保安学校 基礎能力試験・学科試験の特徴

海上保安学校の試験は主に2種類あります。

基礎能力試験」(全区分必須)と「学科試験」(船舶運航システム課程以外必須)。

基礎能力試験」は海上保安学校採用試験以外の公務員試験でも実施される試験で、「一般知能」や「一般知識」から出題されます。

学科試験」は高校で勉強した英語や数学Ⅰ・A、Ⅱ・Bから出題があります。

どちらの試験も総合得点の3分の2以上を占めています。多くの科目を勉強しなくてはいけません。はやいうちから準備をしましょう。

海上保安学校 基礎能力試験(教養試験) 傾向

基礎能力試験は「一般知能」と「一般知識」で構成されています。

一般知能は公務員試験独特の問題で「数的処理(数的推理)」「課題処理(判断推理)」「資料解釈」「文章理解」から出題があります。

関連記事 教養試験(基礎能力試験)って、どんな試験?傾向や過去問〜一般知能編〜

一般知識は中学・高校で学習してきた「国語」「数学」「理科」「社会」「英語」から出題があります。

関連記事 教養試験(基礎能力試験)って、どんな試験?傾向や過去問〜知識編〜

問題数は全部で40問!試験時間は90分。

海上保安学校 教養試験の出題内容

一般知能科目は全部で20題出題されます。

科目ごとの出題数は

数的推理 4問
判断推理 7問
資料解釈 2問
現代文 4問
英文 2問
古文 1問

と、なっています。

数的推理や判断推理は解法パターンをたくさん身につけて、時間をかけずに解答できるように練習しておく必要があります。苦手な受験生が多い科目です、この科目で点数をとることがポイントです。

関連記事 数的推理ってどんな科目?傾向と過去問でイメージをつかむ

関連記事 判断推理ってどんな科目?傾向と過去問でイメージをつかむ

一般知識は科目数がとても多いため、科目の選択が重要となってきます。

早い段階から捨て科目を決めることは、オススメしませんが分野を絞ることは重要です。

科目ごとの出題数は、

政治 2問
経済 2問
社会 1問
倫理(思想) 1問
日本史 1問
世界史 2問
地理 2問
国語 2問
英語 2問
数学 1問
物理 1問
化学 1問
生物 1問
地学 1問

と、なっています。

2問出題がある科目は確実に勉強するようにしましょう。

1問しか出題がない科目は文系の人なら社会、思想、日本史、生物、地学、理系の人なら数学、物理、化学、地学、社会あたりを勉強するといいです。

海上保安学校学生採用試験 過去問

ある企業では,A~Dの4台のコンピュータを使い分け,24時間体制で常時2台稼働させている。次のことが分かっているとき,確実にいえるのはどれか。・各コンピュータは, 1回につき6時間の稼働を24時間で2回行っている。また,各コンピュータは,稼働が終了した後,次の稼働までの間に何時間か休止する。

・Aが午前10時に稼働を終了すると同時に,Cが稼働を開始する。

・Bは,午前8時に稼働を終了し,その後,午後4時に次の稼働を開始する。

・Dは,午後2時に稼働を終了し,その後,午後8時に次の稼働を開始する。

1.Aが稼働中の時間は,午前4時~午前10時,午後2時~午後8時である。

2.Cが稼働中の時間は,午前0時~午前6時,午前10時~午後4時である。

3.24時間の中で,BとCが共に稼働中の時間は, 4時間である。

4.24時間の中で,BとDが共に稼働中の時間は, 6時間である。

5.24時間の中で,CとDが共に稼働中の時間は, 2時間である。

ある高校の天文部に所属する生徒について,次のことが分かっているとき,天文部に所属する生徒は何人か。ただし,天文部に所属する生徒は,文系又は理系のいずれか一つのコースに所属しており,また,音楽又は美術のいずれか一つの選択科目を履修している。

・文系の生徒が21人いる。

・音楽を履修している男子生徒が11人,美術を履修している男子生徒が6人いる。

・文系の男子生徒が8人,理系の女子生徒が6人いる。

1. 32 人
2. 34 人
3. 36 人
4. 38 人
5. 40 人

我が国における新しい人権に関する記述として最も妥当なのはどれか。

1.知る権利は,政府などに対して積極的に情報の提供を求める権利である。国の行政機関の保有する情報の公開については,情報公開法が制定されている。

2.アクセス権は,国や企業が集積する,自己に関する情報にアクセスしてこれをコントロールする権利である。この権利を保護するため,特定秘密保護法が制定されている。

3.自己決定権は,公私にわたるあらゆる事項について自ら決定することができる権利である。この権利は,個人情報保護法に初めて明記された。

4.平和的生存権は,戦争や公害による被害などから逃れ,安全で平和な社会に生きる権利である。破壊行為や騒音などについて,この権利に基づく差止め請求ができる。

5.環境権は,良好な自然環境の中で生活を営む権利である。この権利は,嫌煙権などと共に,最高裁判所の判例で憲法上の権利として認められている。

英文に対する和訳が最も妥当なのはどれか。

1. I don't always walk to school.
私は徒歩で通学することはない。

2. She couldn't help but be worried about his future.
彼女は彼の将来について何も心配しなくてよかった。

3. None of the students read the book.
生徒の全てがその本を読んだわけではなかった。

4. There were hardly any people in the concert hall.
そのコンサートホールには人はほとんどいなかった。

5. Such customs are not uncommon in Japan.
そのような習慣は日本では大変珍しい。

海上保安学校 学科試験の傾向

学科試験は高校で学習する数学、英語、(物理)から出題があります。

船舶運航システム課程以外の試験区分で実施があります。

試験時間と問題数は、

試験時間 問題数
航空課程 120分 26問
情報・管制 60分×2回 13問×2回
海洋科学 180分 39問

と、なっています。

※海洋科学課程のみ「物理」からの出題があります。

試験レベルはセンター試験レベルの問題が出題されています。勉強は必ずしておきましょう。

海上保安学校 学科試験 過去問

【数学】x,y,z を実数とする。次の命題㋐~㋓のうち,常に成り立つもののみを挙げているのはどれか。

㋐x,yがともに2より大きな素数ならば,x+yは偶数である。

㋑x+y > 0かつxy > 0 ならば,x > 0 である。

㋒x < 4ならば,x2 < 16である。

㋓xz = yz ならば,x = y である。

1.㋐,㋑
2.㋐,㋒
3.㋐,㋓
4.㋑,㋒
5.㋑,㋓

【英語】次のA,B,Cの(   )内の㋐,㋑から,より適切なものを選び出したものの組合せとして最も妥当なのはどれか。

A.I wonder how (㋐ early ㋑ soon) her boring speech will end.

B.This coffee maker is( ㋐ much ㋑ pretty) difficult for me to use.

C.I( ㋐ mostly ㋑ almost) eat yogurt for breakfast.

1. ㋐㋐㋑
2. ㋐㋑㋐
3. ㋑㋐㋐
4. ㋑㋐㋑
5. ㋑㋑㋐

【物理】熱容量が180J/K で温度が20℃ の金属製の容器の中に,比熱が3.0J/(g・K)で温度が100℃の液体20gを入れたところ,しばらくして容器と液体の温度が等しくなった。
このとき,液体の温度はおよそいくらか。ただし,容器と液体との間でのみ熱は移動したものとする。

1. 40 ℃
2. 50 ℃
3. 60 ℃
4. 75 ℃
5. 80 ℃

海上保安学校学生採用試験 合格点(ボーダーライン)

試験には基準点が設定されており、これを下回ると強制的に不合格になります。

基準点は基礎能力試験12点、学科試験8点(海洋科学は12点)(総合得点の3割)です。

筆記試験の平均点は基礎能力試験17点~20点、学科試験は10点~13点のため、どちらの試験も6割以上の点数をとれるように準備しておきましょう。

目標点数が80%以上の点数だと、とても難しいと思います。でも60%ならば、しっかりと対策をしておけば取れそうな点数ですよね。計画をたてて、準備をしましょう。

終わりに

海上保安学校学生採用試験に合格する方法「筆記試験編」についてでした。

次回は「作文試験の攻略法」を書いていきます。

Next Stage 海上保安学校の作文試験|傾向と評価基準

ABOUT ME
江本 浩大
江本 浩大
新卒で大手資格学校に就職→公務員課、企画課で5年間勤務、退職→某国立大学に転職→キャリア支援課、広報部を経験→8年間で退職→フリーランスとして関東地方を中心に大学や企業向けにコンサル業を展開。高卒・短大卒向けブログ(https://gms365.biz)も運営。