国家公務員

海上保安学校【特別】 志望動機にこだわると合格は難しい理由

海上保安学校【特別】 個人面接の傾向
海猿
海猿
海上保安庁の面接試験について傾向や質問内容を知りたいです。

という疑問に回答します。

はじめまして、江本です。

これまで資格学校の公務員課で5年間、国立大学のキャリア支援課で8年間ほど公務員試験の指導をしてきました。その経験から記事を書いています。

 海上保安学校(特別)の2次試験を受験する人

 個人面接の傾向が知りたい人

 実際に質問された内容が知りたい人 など


海上保安庁の志望動機

志望動機の内容はそこまで重要じゃありません。

なぜなら内容よりも「どうやって伝えるか」が、大切だからです。

例えば10人の女性から、

ただの女
ただの女
好きです

って、言われたらどう反応しますか?

「ありがとう!!」ってテンションが上がることもあれば、

「あ、うん・・」って微妙な空気になることもあるはずです。

同じ「好きです」なのに評価はバラバラですよね。

実は面接試験でも同じことがいえるのです。

つまり志望動機の内容はそこまで重要じゃなくて、「どう言うか、だれが言うか」と、いうことが重要。

志望動機の内容に時間を使うより、伝え方や表情を鍛えたほうが合格の可能性があがるということを覚えておきましょう。

海上保安学校【特別】 個人面接の傾向

2次試験に個人面接が実施されます。

試験時間20分、試験官3人で行われます。

面接は事前に提出すつ面接カードの記入事項にそって質問されます。

面接カードは面接官が読みやすく、質問しやすいように書きましょう。

少し丁寧に書くだけで印象はとてもよくなります。

海上保安学校【特別】 面接カード

・最終学歴

・職歴

・志望動機

・今までの生活で、印象に残っている出来事

・最近、関心のある出来事

・趣味、特技など

・好きな学科・得意な分野

・自己PR

海上保安学校【特別】 個人面接の質問内容

・リラックスしていますか。

・緊張していますか。

・今までに面接を受けた経験はありますか。

・今日は、ここまでどうやって来ましたか。

・面接の練習はしましたか。

・面接の練習では、どんな評価でしたか。

・受験者の皆さんへという案内は厳しい内容ですが、大丈夫そうですか。

・志望動機を教えてください。

・なぜ海上保安を志望するのですか。

・映画海猿を見たことはありますか。

・面接カードに記入したこと以外で志望動機を教えてください。

・志望する管区に入りたい理由を教えてください。

・希望管区はありますか。

・第一希望から第三希望までの管区のある場所を知っていますか。

・主計コースは卒業後どのような仕事をするか知っていますか。

・なぜ特殊救難隊を目指しているのですか。

・特殊警備隊を知っていますか。

・特殊警備隊に入りたいと思いますか。

・業務内容について知っていることを教えてください。

・どのような経緯で海上保安を知りましたか。

・海上保安官として最も大切なことは何だと思いますか。

・海上保安庁の役割について知っていることを教えてくさだい。

・海上保安庁のニュースで最近気になったことはありますか。

・中学校の部活を教えてください。

・高校の部活を教えてください。

・部活動で印象に残っていることはありますか。

・部活動で困ったことはありましたか。

・部活動で困ったことをどうやって対処しましたか。

・今までの学生生活で後悔したことありますか。

・1分間で自己PRをしてください。

・長所を教えてください。

・長所が活かされた経験を教えてください。

・短所は何ですか。

・短所をどのように改善しますか。

・短所が原因でおこったトラブルはありますか。

・趣味は何ですか。

・ボランティア活動はしたことありますか。

・海上保安庁に入るにあたって意気込みを教えてください。

東京特別区職員採用試験 個人面接
公務員試験 面接試験を攻略|面接で評価をもらう2つのメソッド このような情報を求めている方、多いのではないでしょうか。 本記事では、公務員試験の面接試験について『評価さ...

海上保安学校 面接のまとめ

  • 志望動機は内容よりも伝え方
  • 面接カードは丁寧に仕上げる
  • 質問は元気よく答える

面接はとにかくはきはき、元気よく答えることが大切です。

変なことを言っても気にせず堂々と自信をもって発言しましょう!

2次試験は体力試験もあるので「海上保安学校【特別】 作文と体力をクリアすること=合格」で傾向をつかんでおきましょう。

海上保安学校【特別】 作文と体力をクリアすること=合格


ABOUT ME
江本 浩大
江本 浩大
新卒で大手資格学校に就職→公務員課、企画課で5年間勤務、退職→某国立大学に転職→キャリア支援課、広報部を経験→8年間で退職→フリーランスとして関東地方を中心に大学や企業向けにコンサル業を展開。