高卒で公務員試験を目指す人はこちら
兵庫県庁

兵庫県職員 教養試験と専門試験の傾向

兵庫県庁 教養試験と専門試験の傾向
兵庫県職員の筆記試験について出題内容や傾向を教えてください。

という疑問に答えます。

はじめまして、江本です。

これまで資格学校の公務員課で5年間、国立大学のキャリア支援課で8年間ほど公務員試験の指導をしてきました。その経験から記事を書いています。

 兵庫県の筆記試験が知りたい人

 公務員試験の勉強をはじめる人

 試験の難易度や過去問が知りたい人 など。

兵庫県の筆記試験は「教養試験」と「専門試験」が実施されます。

試験科目が多く、対策には時間がかかります。

まずは本記事を参考にして試験の傾向をインプットしましょう。

傾向をインプットできれば効率よく勉強をすることができます。

兵庫県職員 教養試験の傾向

教養試験」は、

一般知能(数的推理、判断推理、空間把握、資料解釈、文章理解)

一般知識(社会科学、人文科学、自然科学、兵庫県関係)

から合計55問の出題があります。試験時間は150分。

合計55問の出題内訳は

  • 一般知能21問
  • 一般知識34問

となっています。

出題数をみると一般知識に力をいれないといけないように見えますが、一般知識は34問のうち25問を選択して解答する特徴があります。そのため、どの科目で点数を取りにいくのか考えて勉強をはじめる必要があります。

※一般知能21問は全て解答必須。

科目ごとの出題数は、

科目 出題数 科目 出題数
数的推理 3問 日本史 3問
判断推理 6問 世界史 3問
空間把握 2問 地理 2問
資料解釈 1問 文学芸術 1問
現代文 3問 数学 2問
英文 5問 物理 1問
古文 1問 化学 1問
政治 5問 生物 2問
経済 4問 地学 1問
社会・時事 8問 地域問題 2問

と、なっています。

出題数をみてわかると思いますが一般知識で重要な科目は、

  • 政治
  • 経済
  • 社会・時事

ですね。

関連記事 教養試験(基礎能力試験)って、どんな試験?傾向や過去問〜一般知能編〜

関連記事 教養試験(基礎能力試験)って、どんな試験?傾向や過去問〜知識編〜

※基準点は公表されていませんが、おそらく3割程度だと思われます(国家公務員基準)。

兵庫県職員 過去問

【問題】水が入った三つのタンクA~Cがある。Aの水量は100Lであり、BとCの水量の比は2:3である。

いま、30Lの水をこれら三つのタンクに分けて追加したところ、三つのタンクの水量の比は追加する前と同じになった。また、Aに追加した水量はBに追加した水量よりも2L多かった。水を追加した後のCの水量は何Lか。

1.99L
2.100L
3.121L
4.132L
5.143L

【問題】兵庫県における平成29年度の主な事業に関する次の記述のうち誤っているものはどれか。

1.子育て支援策として、保育人材を確保するため、経済的な支援が必要な人などに修学資金を貸し付け、5年間県内で就学すれば返済を免除する。また子育ての経済負担を軽減するため、第2子以降を対象とした保育料の助成を拡大する。

2.次世代産業を育成するため、航空、ロボット、医療機器、水素エネルギーなどの新製品開発やサプライチェーン構築を支援する。また、航空機の部品を壊さずに内部の状態を調べる非破壊検査の検査員養成所を県立但馬技術大学校に設置する。

3.海外の姉妹都市との交流では、広東省友好提携35周年、西オーストラリア州友好提携35周年、ドイツ・シュレスヴィヒ・ホルシュタイン州友好提携20周年を迎えることから、友好の絆を深めるため、訪問団を派遣する。

4.小児がん患者への陽子線治療を最大の特徴とする「神戸陽子線センター」をこども病院の隣接地に開設する。また、柏原病院と柏原赤十字病院、姫路循環器病センターと製鉄記念広畑病院をそれぞれ統合した新病院の整備を進める。

5.移住支援と職業紹介を一体的に実施するため、カムバックひょうご東京センターにハローワークを併設し、首都圏からのUJIターンを呼び込むとともに、県内の支援拠点として神戸市内に開設したカムバックひょうごセンターとも連携し、ワンストップで相談に応じる。

兵庫県職員 専門試験の傾向

兵庫県の専門試験は、受験する試験区分によって出題内容が異なります。主な専門科目の出題分野は次のとおりです。

事務職(一般事務、警察事務、教育事務、小中学校事務)

憲法、民法、行政法、経済原論、政治学、行政学、経営学、財政学などから出題があります。全部で65問の出題があり、40問を選択して解答します。

技術職(児童福祉、心理判定、建築、電気など)児童福祉

社会福祉概論、社会学概論、心理学概論、社会調査などから出題があります。全部で40問の出題があり、全問必答です。

心理判定

一般心理学、応用心理学、研究法、統計学などから出題があります。全部で40問の出題があり、全問必答です。

建築

数学・物理、構造力学、材料学、建築計画などから出題があります。全部で40問の出題があり、全問必答です。

電気

数学・物理、電磁気学、電気力学、電気工学などから出題があります。全部で40問の出題があり、全問必答です。

おわりに

兵庫県職員の論文試験について「兵庫県職員 論作文試験の評価をあげる方法|傾向と過去問」を書いています。

兵庫県庁 論作文試験の傾向
兵庫県職員 論作文試験の評価をあげる方法|傾向と過去問兵庫県職員(大学卒)の採用試験で論作文が課されます。評価をあげるためには、書き方を知り、添削を受けることが重要。本記事では傾向と過去問、評価をあげるために必要なことを執筆しています。...

ぜひ、参考にして対策をしてください。


ABOUT ME
江本 浩大
江本 浩大
新卒で大手資格学校に就職→公務員課、企画課で5年間勤務、退職→某国立大学に転職→キャリア支援課、広報部を経験→8年間で退職→フリーランスとして関東地方を中心に大学や企業向けにコンサル業を展開。高卒・短大卒向けブログ(https://gms365.biz)も運営。