公務員試験

一般知識は苦手な受験者が多い?|特徴と傾向を把握

公務員試験 一般知識の傾向と過去問

本記事では公務員試験で出題される教養試験の一般知識について書いています。

公務員試験を受験する人

 教養試験の傾向を知りたい人

 一般知識の攻略法が知りたい人 など。

公務員試験で実施される筆記試験は主に『教養試験(一般知能、一般知識)』と『専門試験』があります。

本記事では、これから公務員試験の勉強をはじめるけど、「どんな試験があるのかわからない」とか「勉強法がわからない」など、公務員試験の筆記試験(一般知識)ってなに?という人に向けて公務員試験で実施される教養試験(一般知識)についてレクチャーしていきます。

公務員試験では、まず筆記試験で採用予定人数の2~3倍程度に絞り込まれます。ですので、筆記試験で点数をとることが、とても重要。

そして公務員試験独特の問題が多数出題されるため、問題の傾向を理解してから勉強をはじめることが大切です。

ぜひ、本記事を参考に公務員試験の筆記試験について学んでいきましょう。

一般知能についても別記事でまとめています。あわせて確認しましょう。

あわせて読みたい
公務員試験 教養試験(基礎能力試験)の傾向、過去問〜一般知能編〜 このような情報を求めている方、多いのではないでしょうか。 公務員試験で実施される筆記試験は主に『教養試験』...

公務員試験 教養試験(基礎能力試験)の特徴

公務員試験の教養試験(基礎能力試験)は、多くの公務員試験で実施されます。

全問マークシート方式で5つの選択肢から、

 「正しい(誤っている)記述を選ぶ」

 「正しい組合せを選ぶ」

と、いった出題形式です。

出題科目は『一般知能科目』と『一般知識科目』に大別されます。

一般知識科目は、小学校~高校までに学習してきた知識が出題されます。主な出題科目は、

 人文科学

 社会科学

 自然科学

と、いった科目が出題されます。

一般知識科目の特徴は、

 科目数が多い

 範囲が膨大

などが、あります。

一つずつ説明しますね。

公務員試験 教養試験(基礎能力試験) 一般知識の特徴①

 科目数が多い

一般知識を科目ごとにみると、

社会科学 人文科学 自然科学
政治 日本史 数学
経済 世界史 物理
社会 地理 化学
思想 文芸術 生物
時事 地学

と、なっています。

その数、14科目!

これだけの科目数を勉強しなければいけません。

科目のレベル自体は、前述したように小学校~高校レベルなので一度は聞いたことがある内容です。しかし、科目数が多く対策がしにくいため公務員試験が難しいといわれる理由です。

公務員試験 教養試験(基礎能力試験) 一般知識の特徴②

 範囲が膨大

日本史や世界史をイメージしてみれば分かると思いますが、縄文時代からはじまって、平安~鎌倉~江戸~現在まで非常に範囲が広いですよね。

しかし、公務員試験には出題がされやすい分野と出題があまりない分野があります。勉強をはじめる前に確認することが重要。

公務員試験 教養試験(基礎能力試験)の過去問

実際に出題された過去問です。

【人文科学 日本史】
我が国の20世紀前半の動きに関する記述として最も妥当なのはどれか。

1.1914年に始まった第一次世界大戦はヨーロッパが主戦場となったため,我が国は参戦せ,辛亥革命で混乱している中国に干渉し,同大戦中に清朝最後の皇帝溥儀を初代皇帝とする満州国を中国から分離・独立させた。

2.1917年,ロシア革命によりアレクサンドル2 世が亡命すると,ロマノフ王朝は崩壊し,世界で最初の社会主義国家が誕生した。その影響が国内に波及することを恐れた我が国は,米国と石井・ランシング協定を結び,米国に代わってシベリアに出兵した。

3.1918年,立憲政友会総裁の原敬は,陸・海軍大臣と外務大臣を除く全ての大臣を立憲政友会党員で占める本格的な政党内閣を組織した。同内閣は,産業の振興,軍備拡張,高等教育機関の拡充などの積極政策を行った。

4.1920年に設立された国際連盟において,我が国は米国と共に常任理事国となった。1933 年,国際連盟はリットン報告書に基づいて満州における中国の主権を認め,日本の国際連盟からの除名を勧告したため,我が国は国際連盟を脱退した。

5.1930年,浜口雄幸内閣は金の輸出禁止を解除したが,ニューヨーク株式市場の大暴落から始まった世界恐慌のため,我が国では猛烈なインフレが生じ,労働争議が激化した。そのため,同内閣は治安維持法を成立させ,労働争議の沈静化を図った。

【自然科学 化学】
化学結合や結晶に関する記述として最も妥当なのはどれか。

1.イオン結合とは,陽イオンと陰イオンが静電気力によって結び付いた結合のことをいう。イオン結合によってできているイオン結晶は,一般に,硬いが,外部からの力にはもろく,また,結晶状態では電気を導かないが,水溶液にすると電気を導く。

2.共有結合とは, 2個の原子の間で電子を共有してできる結合のことをいう。窒素分子は窒素原子が二重結合した物質で電子を4個共有している。また,非金属の原子が多数,次々に共有結合した構造の結晶を共有結晶といい,例としてはドライアイスが挙げられる。

3.それぞれの原子が結合している原子の陽子を引き付けようとする強さには差があり,この強さの程度のことを電気陰性度と呼ぶ。電気陰性度の差によりそれぞれの結合に極性が生じたとしても,分子としては極性がないものも存在し,例としてはアンモニアが挙げられる。

4.分子結晶とは,共有結合より強い結合によって分子が規則正しく配列している結晶のことをいう。分子結晶は,一般に,電気伝導性が大きく,水に溶けやすい。例としては塩化ナトリウムが挙げられる。

5.金属結合とは,金属原子から放出された陽子と電子が自由に動き回り,金属原子同士を結び付ける結合のことをいう。金属結晶は多数の金属原子が金属結合により規則正しく配列してできており,熱伝導性,電気伝導性が大きく,潮解性があるなどの特徴を持つ。

【社会科学 思想(倫理)】
近現代の欧米の思想家等に関する記述として最も妥当なのはどれか。

1.プラグマティズムを発展させたジェームズは,真理の基準は実生活に役立つという性質を持っているとする,真理の有用性という独自の理論を打ち立てた。さらにジェームズは,この実用主義の立場から宗教の価値を論じ,科学的な思考と宗教とを調和させようとした。

2.M.ヴェーバーは,近代社会においては,官僚制の原理に基づき,反理性的なものを日常生活から排除し,巧妙に管理する仕組みにより,人間を社会に順応させるための見えない権力が働いていることを明らかにした。また,合理化が進むことでそこから解放され,無気力化が抑制されるとした。

3.ハイデッガーは,フランクフルト学派の代表的な哲学者であり,人間は,誰もが日常生活の中で個性的で独自な在り方をしているとした。そして,世の中で出会う様々な他者に関わることで,人間が死への存在であるために生じる不安が解消され,環境によりよく適応することができるとした。

4.フロムは,ヒューマニズムに基づく社会変化の観察から,伝統指向型,内部指向型,他人指向型の三類型を立てた。現代では内部指向型が支配的であり,マスメディアで喧伝されるものにより人々が不安や孤独に駆られ,身近な仲間も否定するようになると指摘した。

5.ロールズは,社会全体の効用の最大化を目指す功利主義を主張した。自己の能力や立場などを知ることができない無知のベールがかけられた原初状態においては,より質の高い精神的快楽,すなわち献身の行為を追求すべきだという正義の原理を説いた。

終わりに

一般知識科目は、暗記科目と理論科目の2つに分けることができます。

暗記科目は勉強すればすぐに点数に繋がるため勉強の達成感があります。しかし、暗記科目は記憶を維持し続けなければならない労力や覚える範囲が膨大になるため、暗記科目中心で勉強をすることは、非効率です。

理論科目は理論を覚える(点数がとれる)まで時間がかかります。数字や化学式をみると嫌になる人も多いです。しかし、一度できるようになれば安定して点数をとることができます。また、難問も出題されにくい傾向のため、実はおすすめ。

一般知能と同じように、まずは適切な参考書と問題集をそろえることからはじめましょう。

おすすめの参考書や問題集をまとめています。あわせて確認してください。

あわせて読みたい
公務員試験 一般知識の傾向と過去問
一般知識は苦手な受験者が多い?|特徴と傾向を把握本記事では公務員試験で出題される教養試験の一般知識について書いています。 公務員試験を受験する人  教養試験の傾向を知...