公務員試験

公務員試験 教養試験(基礎能力試験)の傾向、過去問〜一般知能編〜

公務員試験ってどんな科目・問題がでるの?
公務員試験 教養試験の傾向は?
公務員試験の勉強法が知りたい

このような情報を求めている方、多いのではないでしょうか。

公務員試験で実施される筆記試験は主に『教養試験』と『専門試験』があります。

本記事では、これから公務員試験の勉強をはじめるけど、「どんな試験があるのかわからない」とか「勉強法がわからない」など、公務員試験の筆記試験ってなに?という人に向けて公務員試験で実施される教養試験についての知識をレクチャーしていきます。

公務員試験では、まず筆記試験で採用予定人数の2~3倍程度に絞り込まれます。ですので、筆記試験で点数をとることが、とても重要。

そして公務員試験独特の問題が多数出題されるため、問題の傾向を理解してから勉強をはじめることが大切です。

ぜひ、本記事を参考に公務員試験の筆記試験について学んでいきましょう。

一般知識の傾向は別記事にまとめています。あわせて確認しましょう。

公務員試験 一般知識の傾向と過去問
一般知識は苦手な受験者が多い?|特徴と傾向を把握本記事では公務員試験で出題される教養試験の一般知識について書いています。 公務員試験を受験する人  教養試験の傾向を知...

公務員試験 教養試験(基礎能力試験)の特徴

公務員試験の教養試験(基礎能力試験)は、多くの公務員試験で実施されます。

全問マークシート方式で5つの選択肢から、

 「正しい(誤っている)記述を選ぶ」

 「正しい組合せを選ぶ」

と、いった出題形式です。

出題科目は『一般知能科目』と『一般知識科目』に大別されます。

一般知能科目は、公務員試験独特の問題で「計算問題」や「図形」「読解力」を試す問題が出題され、

 数的推理

 判断推理

 空間推理

 資料解釈

 文章理解

と、いった科目が出題されます。

一般知能科目の特徴は、

 出題数が多い

 苦手な受験者が多い

 速答が求められる

などが、あります。

一つずつ説明しますね。

公務員試験 教養試験(基礎能力試験) 一般知能の特徴①

 出題数が多い

国家公務員、都道府県職員、市役所職員、警察官など多くの公務員試験で半分以上の出題があります。

例えば国家公務員。

教養試験(基礎能力試験)の出題数は全40問あります。そのうち約7割の27問が一般知能科目から出題されています。

都道府県職員は全50問中25問、市役所職員は全40問中20問の出題があります。

都道府県職員は全国型、関東型、東海型などの地区によって若干の誤差があります。

公務員試験 教養試験(基礎能力試験) 一般知能の特徴②

 苦手な受験者が多い

一般知能は「方程式」や「関数」「図形の計算」など数学的な科目が多く出題されます。そのため文系の受験者が7割を占める公務員試験では苦手とする人が多いです。

模擬試験などの結果をみても、一般知能科目の正答率が極端に低いことがわかります。

出題数も多い科目なので、優先的に攻略することが点数を上げるための秘訣。

公務員試験 教養試験(基礎能力試験) 一般知能の特徴③

 速答が求められる

公務員試験の特徴でもありますが、試験時間が短いです。

50問120分や40問120分が一般的。

この場合、単純計算すると1問当たり2.5分~3分で正答する必要があります。計算問題や長文読解を速く解く(処理する)能力が求められているということです。

下の方に過去問例を書いているので、これらの問題を3分程度で正答することができるか確認しましょう。

SPONSERD LINK

公務員試験 教養試験(基礎能力試験)の過去問

実際に出題された過去問です。

ぜひ、1問3分を目安に解答してみてください。

【数的推理】
ある二つの都市A,Bは,毎年度初めに住民の統計調査を行っており,昨年度は,Aに住むB出身者が15万人であり,また,Bの総人口に占めるB出身者の割合は74%であることが分かった。その後,今年度の統計調査までに,①Aに住むB出身者のうち3万人がBへ転居し,また②A,B以外の都市に住むB出身でない者のうち47 万人がBへ転居した。 

この結果,今年度のAの総人口は昨年度の95% となり,今年度のBの総人口に占めるB出身者の割合は70%となった。このとき,今年度の統計調査によると,Aの総人口とBの総人口の差は何万人か。

ただし,①及び②以外を原因とする,A,Bの人口変動はないものとする。

1. 769 万人

2. 775 万人

3. 781 万人

4. 787 万人

5. 793 万人

【判断推理】
ある高校の文化祭では,各クラスが,ホール,体育館,中庭のいずれかの場所で1回のみ発表を行った。また,複数のクラスが同じ場所で同時に発表を行うことはなかった。この文化祭に参加したA~Eの5 人が,次のように述べているとき,確実にいえるのはどれか。

ただし,A~Eが各クラスの発表を見るときには,そのクラスの発表を最初から最後まで見るものとする。

A:「ホールで1年3組の発表を見た後,中庭で3年2組の発表を見た。」

B:「中庭で2年1組の発表を見た後,体育館で1年1組と3年3組の発表を1年1組,3 年3組の順に見た。その後,ホールで2年2組の発表を見た。」

C:「ホールで3年1組と1年3組の発表を3年1組, 1年3組の順に見た後,体育館で3年3組の発表を見た。」

D:「体育館で2年3組の発表を見た後,中庭で1年2組の発表を見た。その後,ホールで3年1 組の発表を見た。」

E:「中庭で3年2組の発表を見た後,ホールで2年2組の発表を見た。」

1.1年2組の発表は, 2年1組の発表より前に行われた。

2.1年2組の発表は, 3年2組の発表より前に行われた。

3.2年1組の発表は, 1年3組の発表より前に行われた。

4.2年1組の発表は, 3年2組の発表より前に行われた。

5.3年3組の発表は, 3年2組の発表より前に行われた。

終わりに

一般知能科目は、すこし勉強したからといってすぐにできるようになる科目ではありません。

ある程度、正答ができるようになるまで時間が必要な科目です。

まずは適切な参考書と問題集をそろえることからはじめましょう。

おすすめの参考書や問題集をまとめています。あわせて確認してください。

関連記事 公務員試験おすすめの参考書(一般知能編)

ABOUT ME
江本 浩大
江本 浩大
新卒で大手資格学校に就職→公務員課、企画課で5年間勤務、退職→某国立大学に転職→キャリア支援課、広報部を経験→8年間で退職→フリーランスとして関東地方を中心に大学や企業向けにコンサル業を展開。