高卒で公務員試験を目指す人はこちら
北海道警察

北海道警察官 採用試験を3分で理解できる情報まとめ

北海道警察官 採用試験
江本
江本
はじめまして、江本です。

これまで資格学校の公務員課で5年間、国立大学のキャリア支援課で8年間ほど公務員試験の指導をしてきました。その経験から記事を書いています。

この記事はズバリ!「北海道警察官採用試験」を簡単にまとめています。

北海道の警察官になりたい人、興味がある人はご覧ください。

※本記事は警察官A(大学卒)の情報を書いています。

北海道警察官 採用試験の日程

北海道警察官になるための採用試験は年に2回実施されています。

1回目は5月、2回目は9月にそれぞれ選考が行われます。

2019年(平成31年度)の選考スケジュールは次の通り。

北海道警察官 採用試験の日程(第1回)

受付期間 ネット申込推奨
3月1日(金)~4月12日(金)
1次試験 5月18日(土)
1次試験
合格発表
6月上旬
2次試験 6月下旬~7月上旬の間で指定された日
最終合格発表 8月2日(金)

北海道警察官 採用試験の日程(第2回)

受付期間 【ネット推奨】
7月1日(月)~8月20日(火)
1次試験 9月16日(月祝)
1次試験
合格発表
10月上旬
2次試験 110月中旬~11月上旬の間で指定された日
最終合格発表 11月29日(金)

北海道に住んでいなくても受験できる?

北海道警察官の試験日程は全国で独立しているので全国の警察官志望者が受験できます。

でも、北海道まで試験を受けにいくのは面倒ですよね。

そのため1次試験は北海道以外に「青森県」「東京都」「大阪府」でも受験することができます

しかし、2次試験は北海道まで行く必要があるので注意。

北海道警察官 採用試験の内容

警察官という仕事をイメージすると体力が必要なことはわかりますよね。

なので「体力試験」が実施されています。

その他に社会人として最低限の知識を持っているか確認するための「筆記試験」やコミュニケーション能力をチェックする「面接試験」などが実施されます。

実施される試験は次の通り。

1次試験
教養試験
論作文
適性検査
2次試験 個人面接
体力試験、身体検査など

北海道警察官 教養試験

公務員試験の教養試験は「一般知能」と「一般知識」に分類することができます。

全国的に試験日が統一されているので試験傾向は自治体によって差はありませんが、北海道警察官は試験日が独立しているので出題傾向も違っています。

共通する傾向としては「一般知能」という科目がとても重要で、一般知能を攻略することが教養試験の点数を上げることにつながります。

出題科目数が多いので早めの対策が必要となります。




北海道警察官 論作文試験

論作文は1次試験で実施されますが、評価は2次試験でおこなわれます。

筆記試験では評価することができない受験者の表現力や考え、文章構成能力を総合的に評価するために実施されます。

ただ文章が書ければいいわけではなく、起承転結といった繋がりを意識して論じることが大切です。

論文の出題例

北海道を含め、日本の社会は急速に高齢化が進んでいます。警察が取り扱う様々な事柄の中にも、人々の高齢化が大きく影響していると考えられるものがあります。例えば、高齢化が進むにしたがって高齢のドライバーも急速に増えていますから、加齢によって運転技能が低下したドライバーの方々に対しては、様々な機会を捉えて安全運転を促す活動を行い、場合によっては、運転免許の返納を勧めたりもしています。

上の例としてあげた高齢ドライバーの問題のほかに、あなたが高齢化が影響していると思う
社会問題とそれに対するあなたなりの解決方法を述べなさい。必ずしも警察の仕事に関する問題について述べる必要はありませんが、警察の仕事に関連して述べた場合には加点します。

北海道警察官 個人面接

2次試験に個人面接が実施されます。

試験時間は20分程度でプライベートな話から仕事に関する話まで質問されます。

1つのことについて深く質問される傾向にあるので具体的に話せるように準備しておく必要があります。

質問された内容
  • 警察官はどんな仕事だと思いますか。
  • あなたのどこが警察官に向いていると思いますか。3つ教えてください。
  • 交通違反をしたことがありますか。
  • 長所と短所を教えてください。
  • 近所づきあいはよくできていますか。
  • 友人関係で気を付けていることはありますか。
  • 社会にとっての悪とは何だと思いますか。

北海道警察官 体力試験

握力 左右各2回測定
バーピーテスト 2分間(上限30回)
上体起こし 30秒間
反復横跳び 20秒間
腕立て伏せ 100秒間(50回)

北海道警察官 倍率

北海道警察官 2018年(平成30年度)の倍率

受験者 合格者 倍率
第1回(男性) 938人 194人 4.8倍
第1回(女性) 252人 48人 5.3倍
第2回(男性) 372人 53人 7.0倍
第2回(女性) 74人 16人 4.6倍

北海道警察官 年齢制限

全国的に警察官になれる年齢は35歳までに設定している自治体が多いです。

しかし、北海道警察は32歳までしか受験ができません。

2019年(平成31年度)の年齢制限は「昭和62年4月2日~平成14年4月1日までに生まれた人」が受験できます。

受験区分はAとBがあります。Aは「大学卒」、Bは「高校卒」という分類です。

北海道警察官 採用人数

男性 女性
第1回 115人 40人
第2回 30人 10人

年に2回受験のチャンスはありますが、メインは1回目です。

採用人数を見ても第1回のほうが多いですよね。

逆に高校卒(B区分)は2回目の採用人数が多いのでチャンスとなっています。

北海道警察官 採用試験のまとめ

  • 試験は年2回(5月と9月)
  • 県外実施も可能
  • 面接が重要

東京警視庁、大阪府警と同じく独立して試験が実施されています。

試験も体力試験の他、筆記や面接など対策しなくてはいけないことが多いので早めに準備を始めることが大切です。


ABOUT ME
江本 浩大
江本 浩大
新卒で大手資格学校に就職→公務員課、企画課で5年間勤務、退職→某国立大学に転職→キャリア支援課、広報部を経験→8年間で退職→フリーランスとして関東地方を中心に大学や企業向けにコンサル業を展開。高卒・短大卒向けブログ(https://gms365.biz)も運営。