高卒で公務員試験を目指す人はこちら
北海道庁

北海道職員 個人面接の傾向が知りたい人必見の内容とは?

北海道 個人面接の傾向

 前回「北海道職員 職務基礎能力試験って何?傾向と過去問を知ろう」に引き続き、北海道職員になるための試験情報について書いています。最後は『個人面接と論文試験の攻略法』。

 個人面接の傾向が知りたい人

 論作文試験の傾向が知りたい人

 質問内容や論文のテーマがみたい人 など。

北海道職員 論作文の傾向

論作文は1次試験に実施されます。

試験時間は90分で600字以上、1000字以内で書く必要があります。

600字以上とありますが、最低でも900字前後は書けるように準備しておいた方がいいです。

字数が少ないと論点が絞りにくく内容が薄くなるからです。結果、減点につながります。

北海道職員 論作文の過去問

北海道では、インバウンド政策として「稼ぐ観光」という目標を掲げている。

外国人観光客の増加を促進し、質の高い観光を行うために北海道が取り組むべき具体的政策とその理由を述べよ。

北海道に住む私たちは、豊かな自然の恩恵を受けて生活している一方、時として自然の猛威にさらされることがあり、危機管理の面からも防災の取組が重要となっている。

このような中、防災の取組を推進するために、道として解決すべき課題を述べるとともに、道の財政状況を踏まえ、優先して取り組むべきことについて、あなたの考えを述べなさい。

北海道職員 個人面接の傾向

一般行政と教育行政は2次試験、3次試験に個人面接が実施されます。

面接時間は20分程度で、事前に記入する面接カードの内容から多く質問されます。あらかじめ内容を考えておきましょう。

北海道職員 面接カード

1.経歴・職歴

2.留学・インターンシップ・アルバイト歴

3.志望理由

4.興味のある仕事の分野

5.趣味

6.特技

7.資格

8.長所

9.短所

10.併願状況

11.健康状態

12.希望勤務地

13.特記事項

14.これまでに、特に力を入れてきたこと

関連記事 面接試験を攻略!自己PRの書き方とポイントを徹底解説

関連記事 面接試験を攻略!志望動機の書き方とポイントを徹底解説

北海道職員 個人面接 質問内容

・緊張していますか。

・ここまでどうやって来ましたか。

・今朝は何時に起きましたか。

・地元の良いところはどこですか。

・地元の悪いところはどこですか。

・地方市役所と北海道庁の違いを教えてください。

・志望動機を教えてください。

・なぜ北海道職員を志望するですか。

・どんな部署で働きたいですか。

・希望する部署とその理由を教えてください。

・アルバイトで何を学びましたか。

・部活動、サークル活動で何を学びましたか。

・北海道庁に来たことはありますか。

・北海道庁のセミナーや他の公務員のセミナーに参加しましたか。

・公務員をホワイト企業だと思いますか。

・公務員はブラック企業だと言われる理由は何だと思いますか。

・民間企業と公務員の違いは何ですか。

・大学で学んだことを公務員の仕事にどう活かせますか。

・大学で学んだことを仕事にどう活かせるか具体的に教えてください。

・今の大学に決めたのですか。

・卒論のテーマを教えてください。

・なぜその卒論テーマ、研究テーマを選択したのですか。

・大学での部活動について、特に何を頑張りましたか。

・友人は多いですか。

・友人とはどのようなことをしていますか。

・友達と遊びにでかけるときは誘う方ですか、誘われる方ですか。

・周囲の人たちにどのように思われていると思いますか。

・ストレス解消方法は何ですか。

・休日は1人で過ごすことが多いですか。

・趣味は何ですか。

・面接カードに書いてある以外で趣味はありますか。

・最近気になるニュースについて教えてください。

・体力に自信はありますか。

・転勤は大丈夫ですか。

・教育委員会と学校事務のどちらの仕事をやりたいですか。

・学校事務をしたい理由を教えてください。

・教育委員会で働きたい理由を教えてください。

・教育行政の仕事について知っていることはありますか。

・教育ニュースで気になることはありますか。

・警察行政の仕事で一番大切だと思うことは何ですか。

・他の公務員と警察行政の大きな違いは何だと思いますか。

・警察官の試験は受けましたか。

・なぜ警察官の試験は受けていないのですか。

・SNSに関してどう思いますか。

東京特別区職員採用試験 個人面接
公務員試験 面接試験を攻略|面接で評価をもらう2つのメソッド このような情報を求めている方、多いのではないでしょうか。 本記事では、公務員試験の面接試験について『評価さ...

まとめ

一般行政、教育行政、警察行政ともに質問内容に大きな差はありません。

教育行政は教育に関する質問、警察行政は警察に関する質問が聞かれています。

日頃からそれらの出来事に関心をもっておく必要がありますね。


ABOUT ME
江本 浩大
江本 浩大
新卒で大手資格学校に就職→公務員課、企画課で5年間勤務、退職→某国立大学に転職→キャリア支援課、広報部を経験→8年間で退職→フリーランスとして関東地方を中心に大学や企業向けにコンサル業を展開。高卒・短大卒向けブログ(https://gms365.biz)も運営。