高卒で公務員試験を目指す人はこちら
地方公務員

福岡県(庁)職員採用試験 集団討論の傾向や出題問題のまとめ

福岡県庁 集団討論の過去問

こんにちは、江本です。

本記事は「福岡県職員採用試験1類(大卒) 集団討論」に関する情報をまとめています。

この前、こんなツイートをしました。

傾向やテーマ例について書いていきます。

福岡県庁で働きたい人必見の内容です。

福岡県庁 倍率
福岡県(庁)職員採用試験 倍率は10倍前後?情報まとめ福岡県庁採用試験の概要をまとめています。日程や内容、倍率など受験に必要な情報を理解できますよ。...

福岡県(庁)職員採用試験 集団討論の傾向

集団討論は2次試験に実施されます。

1グループ8人程度で、試験時間は60分。

集団討論の主な流れは次のとおり。

福岡県庁 集団討論の流れ
  • STEP1
    テーマの発表

    試験当日、討論で話し合うテーマの配布とグループの発表があります。

  • STEP2
    考察

    テーマについて15分間の考える時間が与えられます。

    あまり時間は多くありませんが、フル活用しましょう。

  • STEP3
    発表

    1人1分間で考えた内容を発表します。

    他の受験者が発表しているときの態度に注意しましょう。

  • STEP4
    討論

    出し合った意見についてグループで話し合う。

    司会を決めたり書記を決めたりは自由。

  • STEP5
    感想

    討論が終わったら、1人1分で感想を述べて終わり。

福岡県(庁)職員採用試験 集団討論の注意点

まず集団討論で気を付けてることは「時間」です。

とくに冒頭の意見を述べるとき、それから最後の感想を述べるときは注意しましょう。

時間は1人1分しかありません。短い時間で自分の考えをまとめて発言することは難しいです。普段からまとめて話せるように準備しましょう。

時間はストップウォッチで図られています。時間をすぎると即打ち切りになりますよ。

当然、時間内に発言できなければ評価は下がってしまいます。

それから集団討論でタブーとされている行動は次の通り。

  • 討論中、発言できない
  • 相手の意見を批判する
  • 人の意見に聞く耳をもたない

集団討論は団体戦でもあるわけでして、チームの輪を乱す行為は当然評価が下がります。

とくに討論中にまったく参加できない受験者も毎年それなりにいると聞きますよ。

そういった受験者がいた場合を想定した練習もしておくべきですよね。

福岡県(庁)職員採用試験 集団討論の過去問

福岡県(庁)職員採用試験 集団討論の過去問(行政)

東京への一極集中が進む中で、地方が生き残り、活性化するにはどうすればよいか。また、それを踏まえ、福岡県職員として何をしていきたいか。

福岡県の合計特殊出生率が低下している中、交流人口や移住人口に着目しながら、福岡県をどのように持続的に発展させていくか、グループで意見をまとめなさい。

近年、男性の育児休暇の取得率が低くなっており、取得を希望している割合と実際に取得できている割合との乖離が問題となっている。その背景と解決に向けた施策について考察せよ。

福岡県(庁)職員採用試験 集団討論の過去問(教育行政)

「弁当の日」推進について、食べ物を作る人や提要してくれる人への感謝をするために弁当の日を推進したい。「食への知識向上」「豊かな人間関係の構築」のために弁当の日を推進し、食の大切さを認知してもらうための取組を討論せよ。

文部科学省の平成28年度教員勤務実態調査によると、小中学校教員について、平日、土日ともに平成18年度と比較して勤務時間が増加しています。

教員の長時間労働は、教員の心身の健康が損なわれる恐れがあり、また子どもに向き合う時間が十分に確保できないなど、教育現場における大きな問題となっています。

そこで、学校現場における教員の長時間労働を是正するためにはどのような取組が必要か、グループで話し合い、一定の結論をまとめなさい。

福岡県(庁)職員採用試験 集団討論の過去問(警察行政)

民法改正で18歳から消費者契約ができるようになったが、そのトラブル防止について。更に、高齢者の特殊詐欺被害防止について。

福岡県(庁)職員採用試験 集団討論のまとめ

集団討論を攻略するには練習相手、それも数人必要です。

まずは練習できる環境を早めにみつけることが大切。

大学生は大学内で練習する機会が多いので積極的に活用しましょう!それ以外の受験者は予備校なりSNSで募集するなりして対策する必要がありますね。

福岡県庁 個人面接の内容
福岡県(庁)職員採用試験 個人面接の傾向まとめ福岡県庁の二次試験で個人面接があります。自己PRや志望動機をわかりやすく話してアピールします。まずは傾向や質問された内容を理解することからはじめましょう。...
ABOUT ME
江本 浩大
江本 浩大
新卒で大手資格学校に就職→公務員課、企画課で5年間勤務、退職→某国立大学に転職→キャリア支援課、広報部を経験→8年間で退職→フリーランスとして関東地方を中心に大学や企業向けにコンサル業を展開。高卒・短大卒向けブログ(https://gms365.biz)も運営。