国立大学法人等職員

国立大学の事務で働きたい|試験日程や選考方法を教えます

国立大学補人等職員採用試験の選考方法

本記事では『国立大学の事務職として働く方法』について書いています。

国立大学法人等職員採用試験を受験する人

国立大学の事務職に興味がある人

試験の流れや倍率を知りたい人 など。

このような情報を求めている方、多いのではないでしょうか。

国立大学法人等職員採用試験は人気があります。傾向を把握して、準備を行うことで合格に近づくことができますよ。

別のページで筆記試験の攻略記事を書いています。合格を目指す人はあわせて確認しましょう。

あわせて読みたい
大学法人職員 筆記試験の傾向
国立大学の試験傾向が知りたい|教養試験の合格点は〇〇点本記事では『国立大学法人等職員採用試験の教養試験』について書いています。  国立大学法人の採用試験を受験する人  公務員...

国立大学法人等職員採用試験って、どんな試験?

国立大学法人等職員は、簡単にいえば国立大学や高等専門学校(高専)の事務職員になるための採用試験です。

国立大学法人等職員は公務員ではありません。そのため経営難や学生不足などによって廃校、職を失う危険性があります。しかし待遇や給料は公務員にならって支給されるため、準公務員という位置づけです。

国立大学法人等職員採用試験は「出願」→「共通1次試験」→「独自2次試験」→採用という流れで選考が行われます。

独自2次試験は、採用機関(大学や高専)ごとに日程を設定して面接試験などを実施します。 なお、国立大学法人等職員採用試験は全国を7地区に分けて同一日程で実施されるので、複数の地区を同時に受験することはできません。

例えば京都大学の職員になりたかったら近畿地区に出願する必要があります。しかし近畿地区で出願した場合、九州大学や名古屋大学などは別地区のためエントリーすることができません。

国立大学法人等職員採用試験 試験の流れ

国立大学法人等職員の試験は市役所などの公務員試験とは違った特殊な選考方法がとられています。しっかりと流れを確認してくださいね。

①全国統一試験を受ける

毎年実施されている「国立学法人等職員採用試験」を受験する必要があります。平成30年(2018年)実施試験は平成30年7月1日(日)に実施されます。

試験内容は公務員試験で実施される教養試験(基礎能力試験)です。

関連記事 公務員試験の教養試験って、どんな試験?~一般知能編~

関連記事 公務員試験の教養試験って、どんな試験?~一般知識編~

②機関訪問(大学説明会)

合格発表後に各国立大学、高等専門学校等が個別に就職説明会を実施します。

ここでエントリー方法や選考内容を教えてもらいます。

一次試験(筆記試験)は全国統一日に実施されますが、二次試験は各大学・機関ごとに選考を行うことを覚えておきましょう。

→試験に合格した人しか参加することができません。

③希望する機関の試験を受ける

希望する国立大学、高等専門学校等の試験を受ける。

④内定

最終合格(内定)となります。

見てのとおり大学職員になるための第1条件が全国同時実施される「国立大学法人等職員採用試験」に合格する必要があります。大学受験で例えるとセンター試験だと思って下さい。

試験に合格すると、各機関(国立大学、高等専門学校等)の採用選考にエントリーできます。その後、各機関から内定をもらえれば大学職員として働くことができます。

1次試験に合格しても、各大学や高等専門学校にじぶんでエントリーする必要があります。何も行動しなければ採用はありません。

国立大学法人等職員 倍率

地区 受験者数 合格者数 倍率
北海道地区 1420人 499人 2.8倍
東北地区 2243人 497人 4.5倍
関東甲信越地区 10877人 1366人 8倍
東海北陸地区 3598人 1488人 2.4倍
近畿地区 3830人 758人 5.1倍
中国四国地区 2810人 788人 3.5倍
九州地区 5495人 856人 6.4倍

あくまで1次試験の倍率です。例えば関東甲信越地区の1次試験の倍率は8倍ですが最終合格までとなるとさらに高くなります。

昨年の関東甲信越地区の採用予定人数(事務)は116人です。

ひとつあたりの大学では東京大学15人が最も多く平均で各機関1~3人程度の採用になっています。実質倍率は受験者数10877人、採用者116人なので約93倍となりますね。

終わりに

国立大学法人等職員採用試験は2次試験が本番です。

そのことを覚えておきましょう。