国立大学法人等職員

国立大学法人等職員採用試験 教養試験の傾向×難易度×合格点他

大学法人職員 筆記試験の傾向
国立大学法人等職員の筆記試験って何がでるの?
国立大学法人等職員の筆記試験の傾向は?
国立大学法人等職員の問題ってどんな問題なの?

このような情報を求めている方、多いのではないでしょうか。

本記事では「国立大学法人等職員職員」を目指している人に向けて、筆記試験の『傾向』や『過去問』『難易度』などについて書いていきます。

公務員試験は受験する時期によって出題傾向が違います。そのため試験勉強を始める前に、出題形式や傾向、難易度を確認することが重要です。

国立大学法人等職員採用試験 試験内容

国立大学法人等職員採用試験の試験は1次試験に教養試験、2次試験に面接や論文、集団討論などが実施されます。

教養試験は市役所や都道府県職員採用試験で使われる問題と同じ内容の試験です。

これから対策をはじめる人は「大学卒業程度」「地方上級」と書かれている公務員試験用の参考書を買って勉強しましょう。

教養試験は全国を7つのブロックに分けて実施。問題はすべて同じ。

国立大学法人等職員 教養試験の傾向(科目)

例年、大問40問の出題があります。全問マークシート方式で、5つの選択肢から「適切なもの」「空欄にあてはまる語句の組み合わせ」などを選ぶ出題形式です。試験時間は120分。

出題科目は、

一般知能 一般知識
数的推理 政治 日本史 数学
判断推理 経済 世界史 物理
空間把握 社会 地理 化学
資料解釈 思想 文学・芸術 生物
文章理解 時事 地学

と、なっています。

みてのとおり、科目数が多いです。そのため早いうちから準備が必要です。

国立大学法人等職員採用試験 教養試験の出題内容

科目別でみると、「一般知能20問」、「一般知識20問」の出題がそれぞれあります。

筆記試験を突破するためには、出題数が多い科目を把握して、優先的に勉強することが大切です。

一般知能科目の出題数一覧は、

科目 出題数
数的推理 4問
判断推理 4問
空間把握 4問
資料解釈 1問
現代文 3問
英文 3問
古漢文 1問

と、なっています。

数的推理、判断推理の攻略が点数をあげるために必要ということがわかりますね。公務員試験で一番重要な科目です。

優先的に勉強するようにしましょう。

一般知識科目の出題数一覧は、

科目 出題数 科目 出題数
政治 3問 数学 1問
経済 3問 物理 1問
社会 1問 化学 1問
思想 1問 生物 1問
日本史 2問 地学 1問
世界史 2問
地理 2問

と、なっています。

一般知識では社会科学(政治、経済、社会)の攻略が不可欠です。解説の詳しい過去問集を利用して、効率的に知識をいれていきましょう。

あわせて読みたい
公務員試験の社会科学の勉強方法とおすすめ参考書
公務員試験 社会科学(政治)の特徴や勉強法|おすすめの参考書 このような情報を求めている方、多いのではないでしょうか。 本記事では公務員試験で出題される社会科学(政治)...

国立大学法人等職員 難易度や合格点(ボーダーライン)

試験問題のレベルは国家公務員>県・政令指定都市≧国立大学法人≧市役所です

合格点(ボーダーライン)はどの地区も68%~75%になります。

しかし、先程も書きましたが、国立大学法人等職員試験は1次試験に合格=内定ではありません。あくまで各機関にエントリーできるための権利を得ただけということです。

もちろん、点数は高得点であるほど有利にはなります。

理由は得点順に名簿が作成されるからです。ちなみにこの名簿は1年間有効のため各機関に欠員が発生した場合は名簿順に「面接にきませんか?」と電話がかかってくることがあります。

終わりに

国立大学法人等職員採用試験で1次試験に合格することは難しくありません。

しかし、最終的に合格をもらえるのは1次試験合格者のなかで1~2割程度です。2次試験で有利にたつために筆記試験で高得点を目指しましょう。