千葉県警

千葉県警(高卒) 個人面接が合否を決める!傾向と質問内容

千葉県警 個人面接の傾向
高校生で千葉県警を目指しています。2次試験に個人面接があります。傾向や質問される内容を教えてください。

という疑問に答えます。

はじめまして、江本です。

これまで資格学校の公務員課で5年間、国立大学のキャリア支援課で8年間ほど公務員試験の指導をしてきました。その経験から記事を書いています。

 千葉県警の二次試験を受験する人

 千葉県警の面接試験について知りたい人

 個人面接の傾向が知りたい人 など。

警察官の面接試験では、

  • 暗い
  • 自信がない
  • 声が震えている
  • 目が泳いでいる

といった人は不合格になりやすいです。

警察官の仕事を考えればわかりますよね。

まずは明るく、はきはき、自信をもって発言することを心がけましょう。

そのくらいできると思っていても実際できないものです。


【高卒】千葉県警 個人面接の傾向

個人面接は2次試験に実施されます。

面接では1次試験の合格通知に同封されている面接カードの内容から主に質問されます。

面接カードで重要なことは主に2つ。

  1. 自己PRと志望動機を具体的に書けること
  2. 丁寧に、きれいに書けること

です。

とくに「2 丁寧に、きれいに書けること」は重要。

面接試験では「第一印象」がとても大切で、これだけで合否が決まるといっても過言ではありません。

この第一印象を決める最初のポイントが面接カードなんですね。

面接カードは自筆で書くので字のきれいさ、丁寧さなどで人物像を作ることができます。

試験時間20分、試験官3人で行われます。

関連記事 面接試験を攻略!自己PRの書き方とポイントを徹底解説

関連記事 面接試験を攻略!志望動機の書き方とポイントを徹底解説

【高卒】千葉県警 面接カードの内容

・警察官についてのイメージ、やりがい

・志望動機(千葉県)

・警察官としての抱負

・学問についての好き嫌い

・学生時代に打ち込んだこと

・部活動やサークル歴

・経験した役員・委員会

・併願状況

・長所・短所

・友人との思い出

・趣味・特技

・好きなスポーツ

・興味のあること

・最近読んだ本で、興味深かったこと3つ。

【高卒】千葉県警 個人面接の質問内容

・緊張していますか。

・面接を受けるのは人生で初めてですか。

・自己PRをしてください。

・志望動機を教えてください。

・なぜ千葉県警を志望するのですか。

・警視庁ではなく、千葉県警の理由を教えてください。

・警察官としてやりたいことはありますか。

・今までに警察官と関わったことはありますか。

・どんな仕事がしたいですか。

・警察組織の仕組みを知っていますか。

・警察官にある部署をどれくらいしっていますか。

・希望する部署はありますか。

・希望しない部署に配属されたらどうしますか。

・警察官は夜勤があるが大丈夫ですか。

・学校生活で力を入れたことは何ですか。

・部活動で一番辛かったことを教えてください。

・つらかった経験から学んだことはありますか。

・困った経験をどうやって克服しましたか。

・長所を教えてください。

・仕事へ長所をどうやって活かしますか。

・長所が発揮された出来事を教えてください。

・短所について教えてください。

・短所を克服するために頑張っていることはありますか。

・短所のせいで、失敗したことはありますか。

・ストレスはたまりやすい性格ですか。

・ストレスはどうやって解消しますか。

・あなたの人生を本にするとき、タイトル何にしますか。

・最近読んだ本について教えてください。

・気になる本のみどころを3つ教えてください。

・警察学校は辛いですが、やっていけそうですか。

・警察学校のイメージを教えてください。

・警察学校について、なにをする学校なのか知っていますか。

・警察学校での団体生活は大丈夫ですか。

・体力に自信はありますか。

・警察官の不祥事について、どう思いますか。

・警察官の不祥事を解消するためには、どうすればいいと思いますか。

・最後に、何かいっておきたいことはありますか。

個人面接の配点は試験の中で一番高く、300点あります。

まとめ

筆記試験の点数が高くても、筆記試験の点数は2次試験に持ち越されません。そのため、合格するためには面接試験で点数をとることが重要となります。

勉強を頑張ることも大切ですが、それ以上に面接の準備をしておくことが合格するために必要だということを覚えておきましょう。


ABOUT ME
江本 浩大
江本 浩大
新卒で大手資格学校に就職→公務員課、企画課で5年間勤務、退職→某国立大学に転職→キャリア支援課、広報部を経験→8年間で退職→フリーランスとして関東地方を中心に大学や企業向けにコンサル業を展開。