地方公務員

【高卒】愛知県職員 試験日程はいつ?情報まとめ

愛知県職員 試験の全体像
高卒で愛知県職員になりたい。試験っていつやっているの?試験内容についても知りたいな。

という疑問に回答します。

はじめまして、江本です。

これまで資格学校の公務員課で5年間、国立大学のキャリア支援課で8年間ほど公務員試験の指導をしてきました。その経験から記事を書いています。

愛知県職員(高校卒)を受験する人

日程や内容が知りたい人

倍率などを知りたい人 など。

高卒でも愛知県職員になることができます。

でも採用試験っていつやっているのか、どんな試験があるのか、競争率(倍率)はどれくらいなのか、情報がないと対策はできませんよね。

まずは本記事を参考にして愛知県職員になるための概要を理解しましょう。

また合格するにはある程度勉強をしなくてはいけません。試験ごとの対策記事もまとめています。

ぜひ参考にして合格するための準備をはじめていきましょう!

本記事は第2回愛知県職員(警察職員、小中学校職員含む)の情報について書いています。第1回(大学卒)の情報は「愛知県職員 行政Ⅰと行政Ⅱはどっちがいい?試験まとめ」を参照。


【高卒】愛知県職員 試験日程と内容

高卒の採用試験は例年9月に実施されます。

試験の流れは次の通り。

  • 出願
  • 1次試験
  • 2次試験
  • 最終合格

【高卒】愛知県職員 受付期間

例年8月中旬~8月下旬に願書の受付があります。

採用試験を受験するために受付は必須。

平成30年度(2018年実施)の受付期間は8月13日~29日でした。

出願方法はネット出願です。

【高卒】愛知県職員 1次試験の日程と内容

例年9月下旬に実施されます。

平成30年度(2018年実施)は9月23日でした。

同日は名古屋市をはじめとする全国の県庁・政令指定都市も試験があります。もし愛知県と名古屋市の両方を受験しようとしている人は注意です。

1次試験の内容は次の通り。

  • 教養試験
  • 専門試験(事務職以外)
  • 作文試験(学校事務)

※学校事務の作文試験は2次試験で評価されます。

点数が高い順に合否がきまるので高得点を取れるように対策しましょう。

合格発表は10月上旬です。

【高卒】愛知県職員 2次試験の日程と内容

例年10月中旬に実施されます。

1次試験を合格した人を対象として試験があります。

試験内容は次の通り。

  • 個人面接
  • 適性試験
  • 作文試験(学校事務以外)

よく筆記試験だけ高得点を取れば公務員になれると思っている人がいます。しかし、就職試験なので面接試験もあります。

最近の公務員試験は面接試験重視の傾向が強いです。決して筆記試験だけできても合格することはできません。

すべての試験が終わり結果発表は11月上旬~中旬です。

愛知県職員の流れです。覚えておきましょう。

【高卒】愛知県職員 募集区分と年齢制限

愛知県職員の中には複数の試験があります

どういった試験区分で受験するのか考えておきましょう。

高卒(9月)に実施される試験区分は次の通り。

試験区分 年齢制限
事務 平成7年4月2日~平成13年4月1日に生まれた人
電気
農業土木
土木
警察事務 平成7年4月2日~平成13年4月1日に生まれた人
学校事務 平成5年4月2日~平成13年4月1日に生まれた人
栄養士 平成5年4月2日~平成11年4月1日に生まれた人

【高卒】愛知県職員 倍率

平成30年度(2018年実施)の最終倍率は4.6倍です。

平成29年度は6.9倍だったので倍率は下がっていることがわかります。

試験区分ごとの倍率は次の通り。

平成30年度 受験者 合格者 倍率
事務 135 21 6.4
電気 2 1 2.0
農業土木 3 2 1.5
土木 15 3 5.0
栄養士 9 2 4.5
警察事務 81 4 20.3
学校事務 359 98 3.7
平成29年度 受験者 合格者 倍率
事務 130 17 7.6
電気 6 1 6.0
水産
農業土木 13 4 3.3
土木 17 6 2.8
栄養士 10 0
警察事務 100 7 14.3
学校事務 442 69 6.4
平成28年度 受験者 合格者 倍率
事務 183 18 10.2
電気 4 1 4.0
機械 5 1 5.0
農業土木 6 3 2.0
土木 14 5 2.8
栄養士 27 1 27.0
警察事務 123 6 20.5
学校事務 503 61 8.2

【高卒】愛知県職員 給料

高卒で入庁した場合にもらえる初任給は168,100円+αです。

168,100円をベースとして交通費や残業手当などが支給されます。

初任給は低いかもしれませんが、職歴を積み上げていくうちに昇給や昇格などがあります。

それによって給料は上がっていくので長く続けることが大切です。

【高卒】愛知県職員まとめ

  • 試験は9月から始まる
  • 試験内容は筆記試験と面接試験
  • 年齢制限に注意が必要
  • 初任給は約16万円から

愛知県職員の試験についてある程度わかりましたか?

なりたいと思っても対策をしないと合格することは難しいです。

倍率は下がってきて狙い目ではあります。

しっかりと対策すれば合格は可能ですよ。


ABOUT ME
江本 浩大
江本 浩大
新卒で大手資格学校に就職→公務員課、企画課で5年間勤務、退職→某国立大学に転職→キャリア支援課、広報部を経験→8年間で退職→フリーランスとして関東地方を中心に大学や企業向けにコンサル業を展開。