大学卒業程度

愛知県警 採用試験を徹底攻略!情報記事まとめ

愛知県警 採用試験のまとめ
ポリメン
ポリメン
愛知県警を目指しています!採用試験について知りたいな!

という疑問に回答します。

はじめまして、江本です。

これまで資格学校の公務員課で5年間、国立大学のキャリア支援課で8年間ほど公務員試験の指導をしてきました。その経験から記事を書いています。

 愛知県警を目指している人

 試験について知りたい人

 倍率や給料が知りたい など。

本記事は愛知県警採用試験の概要(試験日程、内容、倍率、年齢制限,給料)をお届けします!

試験といっても就職試験ですから大学受験などとはまったく違います!

合格するためには対策が必要です。

でも、試験日程や内容がわからないと対策できませんよね。

なので試験の詳細をはやめに知ることが大事!

さっそく詳細を確認していきましょう。

関連記事  愛知県警採用試験 過去問から読み解く!教養のレベル

※本記事はA区分(大学卒)の情報を書いています。


愛知県警 試験日程

愛知県警の採用試験は年2回実施されます。

例年、第1回目は5月、第2回目は9月にそれぞれ実施されているので覚えておきましょう。

愛知県警 第1回採用試験の日程

愛知県警に合格するには筆記試験や面接試験に合格しなくてはいけません。

2019年(平成31年度)の試験日程は次の通り。

区分 日程
受付期間 4月1日~19日
1次試験 5月12日(日)
2次試験 6月3日~19日

すべての試験が終わり最終合格発表は8月9日です。

採用時期は新卒の場合4月から順次、それ以外の人は10月採用となる場合が多いです。

愛知県警 第2回採用試験の日程

5月の試験に合格できなくても2回目のチャンスがあります。

2019年(平成31年度)の試験日程は次の通り。

区分 日程
受付期間 8月19日~9月6日
1次試験 9月22日(日)
2次試験 10月12日~25日

最終合格発表は12月13日です。

採用の時期は4月から順次。

愛知県警 試験内容

愛知県警に合格するには筆記試験や面接試験など多くの課題をクリアしなくてはいけません。

実施される試験は次の通り。

  • 教養試験
  • 専門試験(語学、情報技術区分)
  • 論作文試験
  • 適性試験
  • 口述試験
  • 身体検査
  • 体力測定

愛知県警 教養試験

教養試験は1次試験に実施されます。

1次試験は教養試験の点数のみで合否が決まるので対策が必要です。(専門がある人は専門も含む)

教養試験は

  • 一般知能
  • 一般知識

と、いった科目から出題されており苦手な受験者が多いです。

試験科目が多い特徴もあるので、しっかり対策をする必要があります。

愛知県警 論作文試験

論作文試験は1次試験に実施されますが、2次試験で判定されます。

与えられたテーマについて自分の考えや知識を論理的にまとめて書く試験です。

表現力や自己分析力が必要なので対策は必須。

ただ文章を書くだけでなく「警察官としてどうするのか」が重要!

意外と書けなくて残念な結果になる受験者は多いです。

苦手意識がある人ははやめに対策をしましょう!

愛知県警 口述試験

2次試験に口述試験が実施されます。

内容は個人面接。

警察官の面接は公務員試験の中でも1番難易度が高いです。

試験時間も30分~40分あり、根掘り葉掘り質問される傾向にあります。

愛知県警 体力測定

体力試験は2次試験にあります。

警察官で運動ができないと仕事になりませんよね。

最低限の体力があるかをみるために試験が実施されます。

試験内容は、シャトルランや腕立て伏せ、立ち幅跳びなど高校でやった体力検査に似ています。

回数も厳しくはないので、普段から体を鍛えていれば問題はないでしょう。

ただ回数をこなすだけでなく「周りと合わせてやることができるのか」と、いった部分も評価されるようです。

愛知県警 倍率はどれくらい?

男性の平均倍率は4倍、女性は10倍です。

2018年第1回採用試験の最終倍率は、

  • 男性 3.5倍
  • 女性 11.1倍

でした。

女性は高倍率の傾向が強いです。

年度のごとの倍率は次の通り。

愛知県警 平成30年の倍率

区分 受験者 合格者 倍率
第1回 男性 990 285 3.5
女性 278 25 11.1
第2回 男性 253 32 7.9
女性 87 10 8.7

愛知県警 平成29年の倍率

区分 受験者 合格者 倍率
第1回 男性 1112 281 4.0
女性 326 27 12.1
第2回 男性 309 50 6.2
女性 78 15 5.2

愛知県警 平成28年の倍率

区分 受験者 合格者 倍率
第1回 男性 1248 293 4.3
女性 360 57 6.3
第2回 男性 400 62 6.5
女性 94 12 7.8

愛知県警 年齢制限

34歳まで受験することができます。

2019年(平成31年度)の受験資格は「昭和61年4月2日以降に生まれた人」が受験できます。

※警視庁採用を希望する場合は「昭和59年4月2日以降に忌まれた人」が受験できます。

愛知県警 採用人数

2019年は男性240人、女性25人を予定しています。

昨年より男性は20名、女性は5名ほど予定数が増えています。

愛知県警 給料

初任給は大卒236,000円です。

このほか交通手当や当直、賞与などが支給されます。

一般的な公務員に比べて給料は高い傾向にあります。

愛知県警 まとめ

  • 試験は年2回実施。
  • 筆記試験と面接試験がある
  • 倍率は男性4倍、女性10倍程度

年々、警察官の志望者は減っていますが人気がある職です。

合格するためには対策が必要なので、はやめの対策を心がけましょう!

とくに面接試験!重要ですよ!

面接の傾向は「愛知県警 面接は内容より印象を鍛えろ!」で確認しましょう。

愛知県警 面接は内容より印象を鍛えろ!


ABOUT ME
江本 浩大
江本 浩大
新卒で大手資格学校に就職→公務員課、企画課で5年間勤務、退職→某国立大学に転職→キャリア支援課、広報部を経験→8年間で退職→フリーランスとして関東地方を中心に大学や企業向けにコンサル業を展開。